anime TALK |HOME|TOP|

■ガルフォースシリーズ

Amazon
ガルフォースをAmazonで見る

多くのシリーズが制作された本格的SF。キャラクターの魅力もさることながら秀逸なストーリー構成が見所。制作年代の割りに古さも感じられません。個人的にはやはり宇宙章(エターナルストーリーからスターダストウオー)が一番おすすめです。

ガルフォース1 エターナルストーリー
単一種ソルノイドとパラノイド。この二つの勢力は、はるか昔から各々の生存をかけて戦争を繰り広げてきた。ソルノイド軍のスターリーフ号は交戦中被弾し、戦線離脱しながらも命令によりとある計画のために創られた惑星カオスへと向かう。艦内の生存者はわずか7名。そのころ両陣営上層部は両軍の間に新しい種を作るための「種族融合計画」をすすめていた・・。
7人の女性戦士が主人公のSFアクション。どちらかというとキャラアニメなのかもしれませんがストーリー構成が練られていてキャラクターの役割や性格もはっきりしているので感情移入しやすく、見ごたえのある作品です。登場人物のほとんどがいなくなるという ある意味悲しいラストにもかかわらず後味が悪いという感じは受けませんでした。 (1986年)

ガルフォース2ディストラクション
ソルノイド・パラノイド両軍は熾烈な戦いの末、互いの母星を失ってしまった。そして両軍は「恒星破壊砲」を開発するに至る。ソルノイド陣営は太陽系でこの兵器を使い、パラノイドを一掃する計画をたてる。ラビィたちは2種族の間から生まれた新しい種の元が存在するティラー(地球)を守るため自軍の兵器を破壊することを決意する。
前作からかなり時間(時代?)が経っている設定。キャラクターも一新してますが一人だけ前作のキャラ登場し、そのキャラが前作の物語を引き継いでいる形になってます。前作の不明瞭な部分の解明と兵器を破壊する主人公たちのアクションがメイン。個人的には好みなアクションだったので結構楽しめた作品。しかし時間が短かったせいか少々物足りない印象を受けました。(1987年)

ガルフォース3スターダストウオー
恒星破壊砲の消滅により両軍は残りの戦力を集め最後の決戦を開始しようとしていた。そんな中、ラビィたちはソルノイド情報部キャティ・ネビュラートと共に両軍への最後の説得に向け奔走するが......。
宇宙章のラストのストーリー。次シリーズへの布石はあるものの、そして誰もいなくなった状態はやはりつらいものがありました。アクションはあまりなく、ソルノイドとパラノイド、滅び行く種のルーツの語りがメインかな。(1988年)

テンリトル ガルフォース
「ガルフォース宇宙章」のパロディ的作品。出演女優達と監督とスタッフたちによるガルフォースエターナルとディストラクションの撮影が開始された。彼らの撮影現場風景をコミカルに描く。
3等身キャラが俳優としてガルフォースを演じているという設定のパロディお遊び企画物。監督やスタッフもSDキャラ。本編では粗野な性格のキャラ(ルフィ)は実はお嬢さまが演じているなど結構面白かったです。スタッフたちもいい味出していました。本編のシーンを出した後SDキャラによるパロディのシーンが来るので本編を見ていなくても楽しめるといえば楽しめる・・かも。(1988年)


ガルフォース 地球章
人類は人型戦闘兵器MMEが原因で地球での生存が困難になる。そして地球に残された僅かな人達は火星への脱出を計画するが・・。
舞台を地球に移したガルフォースシリーズ作品。レアガルフォース+地球章3話をまとめたレンタル用ビデオがあったので(セルでもあったのかな)見てみたり。初めの2作は視点がばらばらでわかりづらいところが多かったのですが巻が進むにつれて世界観や登場人物・組織の関係が明確になっていきます。物語のコンセプトは宇宙章と同じですね。前作のキャラの思い入れが強かったせいか個人的にはあまりハマれなかったのですが、ストーリーの作りこみはすごいと思います。ラストシーンは様々な解釈が出来て面白いなあと思いました。(1989年)

ガルフォース 新世紀編
地球章の後のお話なので地球章を見てからのほうがいいですね。何故か声優さんが変更になったのでなんか変な感じでした。これあんまり記憶に残ってないので・・まあ地球章が面白いと思ったら見てみるのも良し。(1991年)

ガルフォース-THE REVOLUTION-
年代的には宇宙章以前の話になるのかな。ソルノイドがイーストフォースとウエストフォースに別れて戦闘をしているという内容。
キャラクターデザインがそれまでと違ってて萌え系というかイマドキな作画でした。綺麗なんですけどちょっと違和感が(笑)それまでのシリーズと比べると、けっこうコミカルで萌えサービスシーンとか前シリーズのパロディっぽいシーンとかがあったりとちょっとだけ肩の力を抜いて楽しめるシリーズでした。時代の流れってやつですかね~。でもやっぱりシナリオはちゃんと作りこまれていますしラストシーンも良かったです。個人的にはソルノイドの形態(生態?)の設定が興味深かったです。(1996年)

1986~1996年OVA/堪能度:★★★★★

ガルフォース (宇宙章)
[VHSデータ]
発売:SVI(現SME)/制作:アニメイトフィルム他
監督:秋山勝仁/原作:柿沼秀樹/CD:園田健一
出演:鶴ひろみ、渡辺菜生子、松井菜桜子、川村万梨阿他
・ガルフォースエターナルストーリー:1986.07.26/時間:86分
・ガルフォース2ディストラクション:1987.11.21/時間:45分
・ガルフォース3スターダストウオ-:1988.11.02/時間:60分

テンリトル ガルフォース
[VHSデータ]
発売:ソニー・ミュージックエンタテインメント/制作:AIC他
作画監督:北島信幸/CD:園田健一
出演:川村万梨阿、松井菜桜子、原えり子他
発行年月日:1988.07.03/時間:30分







Powered by

アニメ雑感トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る