anime TALK |HOME|TOP|

■ザ・ヒューマノイド哀の惑星レザリア

水と緑の惑星レザリアにはメガロス星から亡命してきた王族の住まいと地球の研究所があった。地球人エリックたちは地球から研究所に物資を運ぶ途中、謎の遺跡を発見し同時に何者かに襲撃される。その遺跡はメガロスのクラウド総督が秘密裏に掘り起こしていた星そのものをエネルギーに変えて動く巨大船イクシオン号だった。メガロスのクーデターを画策するクラウドの陰謀にまきこまれた地球の研究員たちと所長に作られたヒュ-マノイド・アントワネットの運命は?

話の作りが散漫、の一言につきる作品。主題はヒュ-マノイドのアントワネットが人間の男性を慕って彼のために行動する......ということのはずなのですがかなりおざなりに描かれています。そのテーマを表現するための設定や構成が回りくどくてそれに時間を食ってしまっているのです。ラストもまとめ方も陳腐というかいかにもつけたしというか。作画がそこそこ綺麗なのが救いですがそれを差し引いても不満だけが残る作品。

1986年OVA45分/堪能度:★☆☆☆☆

[VHSデータ]
発売:東芝EMI/制作:カナメプロ、ヒロメディア
監督:政木伸一/脚本:水出弘一
出演:矢尾一樹、榊原良子、柴田由美子他
発行年月日:1986.03.05/時間:45分







Powered by

アニメ雑感トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る