anime TALK |HOME|TOP|

■TOKYO VICE

TOKYO VICEをAmazonで見る

その日、ライブハウスでは明がボーカルを務めるバンドのライブが行われていた。その様子を見ている、仲間の恵子・順平・久美子たち。盛り上がりをみせる最中、一人の男が観客の中に倒れこむ。その男は順平にフロッピーディスクを託し、死亡する。男は行方不明になっていた義足開発のエキスパートだった。1枚のフロッピーをきっかけに明・順平・久美子・恵子たちラッツの面々は軍事開発にからむ事件にまきこまれていく・・。

おしゃれなシティアクションを目指した作品。南町奉行所制作だけあってアクション自体は申し分ありません。人間とロボットたちとの対決シーンは、かなりの見モノです。ストーリーの方はおおむね堅実で見せる展開だったのですが話が進むにつれ、御都合主義で無理やりまとめたという感じが否めません。主要キャラが顔のいい人たちばかりなのでビジュアル的には良な作品(笑)京本政樹が主題歌を歌っているのですがこの作品にぴったりだなあと思いました。(あらゆる意味で)

1988年OVA55分/堪能度:★★☆☆☆

[VHSデータ]
発売:ポリドール/制作:南町奉行所、MTV
監督・脚本:山崎理/CD:大貫健一
出演:矢尾一樹、塩沢兼人、平野文、小森まなみ他
発行年月日:1988.06.25/時間:55分







Powered by

アニメ雑感トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る