anime TALK |HOME|TOP|

■超攻速ガルビオン

飛行機が使えないかわりに自動車関連が進歩を遂げた未来の地球。服役していた青年の女性が恩赦のかわりに私設警察にはいり犯罪者と戦う物語。・・・だったと思う(ウロ)
飛行機が使えないのは、人類の進歩を担った技術をもたらした異星人が、戦争ばっかりやってる人類に危機感を感じて地球人が外宇宙に出られないように膜みたいなので地球を覆ってしまったから、だったはず。それで自動車が発達して近未来カー+ロボットアクションの世界観が作られているわけです。
変形シーンとかアクションのカメラワークとかはけっこう見せるし、メインキャラも、たがみ氏のあの独特の雰囲気が出てて割と好みでした。でもやっぱ古いですなあ。あと打ち切りだったのか最終話がひどい出来で;大人の事情・・・というやつなのか・・;
これも内容がかなりうろ覚えになってきてますがオープニングはけっこう好きだったな。

1984年テレビ朝日系全22話/堪能度:★☆☆☆☆






Powered by

アニメ雑感トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る