anime TALK |HOME|TOP|

■はいからさんが通る

同名少女漫画が原作。女性の自立が台頭しはじめた大正末期、家事が苦手、剣道が得意の活発な軍人の娘・紅緒の物語。
破天荒で腕が立つ主人公が、いきなり許婚がいると言われ嫁に行くことに。その相手はハーフの美形少尉軍人だが出会いが最悪だったため何かと反発する主人公。しかし徐々に惹かれあっていくも少尉はシベリアへ行くことになる・・という大正恋愛ロマン。原作が秀逸なのでアニメもそれなりに見せますね。原作が線の多いアニメにしずらい絵柄でしたがさほど違和感のない作画クオリティでした。まあ時代が時代なので限界もありますが。
おおむね原作通りの展開でしたが話数の関係で、少尉と紅緒は結ばれないまま話が終わってしまっています。原作を読んだほうがいいタイトルですね。映像作品としては南野陽子の実写版のほうが有名なのかな;

1978年テレビ朝日系放映全42話/堪能度:★★☆☆☆






Powered by

アニメ雑感トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る