anime TALK |HOME|TOP|

■GUNGRAVE(ガングレイヴ)

Amazon
ガングレイヴをAmazonで見る

原作はたぶんアクションゲーム。キャラデザはトライガンの内藤泰弘。
マフィアに追いつめられた少女ミカの前に現れたのは冬眠装置?のような機械から起き上がった人以外の?青年グレイブ。大きな体躯のその青年はミカを守るように大きな銃を繰る・・。って展開が第1話。
ガンアクションがメインかと思ったら、2話目から過去話になってます。グレイブは蘇る前はブラントンという名前で不良仲間のハリーと共にマフィアに入り、のしあがっていく過程。そしてブラントンが想いをよせる女性マリア。しかしマリアは幹部と結ばれる・・と。
過去話はマフィアアクションというより人間描写重視でしたね。大人の揺れる想い、思惑、野心・・・人間ドラマとしてはけっこう作りこまれた内容です。ドラマ系洋画のクオリティだなーと。
ブラントンは相方だったハリーの野望のジャマになり消されるも、マリアにも牙をむけたハリーから、マリアの娘であるミカを守るために復活する・・という1話に繋がるわけです。ちなみに一度死んで復活できたのはハリーが秘密裏に行わせていた研究にたずさわった研究者が、その技術をブラントンにつかったというわけです。
過去話がかなり長いし、序盤はアウトローの青春ものっぽい展開だったので、まだ続くのかーと食傷しかけたんですが、後半の過去と現在が縫い合わされる構成で面白いなあと感じてきました。まあ人によっては途中で挫折するかもなあという懸念はありますねえ。
作画のクオリティは秀逸で安定しています。動きも滑らか。
個人的にはトライガンでこの作画クオリティを出して欲しかったと(笑)まあトライガン再アニメ化の話があるみたいですが。

2003年テレビ東京系放映全26話/堪能度:★★★★☆






Powered by

アニメ雑感トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る