anime TALK |HOME|TOP|

■NEEDLESS

表紙画像
NEEDLESS(ニードレス)をAmazonで見る

第三次世界大戦により東京を中心とする広範囲が炎に包まれその爆心地はブラックスポットと呼ばれる暗黒の土地となった。その苛酷な環境に適合してか特殊な能力を有する人間が登場する。ニードレスと呼ばれる彼らを利用とする製薬会社とそれに対抗する者たちとの戦いの物語。
・・・という世紀末的アクションもの、ですがシリアス一辺倒でなくギャグと萌えとマッチョ美形が突き抜けたアクションを披露するお話。原作の漫画は既読。大体世界観を知っているので話に面喰らうことは少なかったのですがやっぱりはっちゃけてるなーという印象。
原作者の絵はもともとアニメにしやすいしアクティブな展開だったし、イメージの乖離はなかったです。忠実かつそれ以上にキャラを動かしていてこれ以上になく楽しめました。
陳腐になりそうかなーと予想したシリアス展開も演出とか構成がそつなくてほんと良かったです。
主人公は振り回され系純真真面目ショタ、周囲がいろんな意味でばけもんばっかりという人物相関。後に頭脳労働に才能を発揮しますが。
原作でも思ったけど男性キャラは主人公を除きほぼマッチョ、女性キャラは一部を除きロリキャラという清々しいまでに寄っているし、どのキャラも自分の意向に忠実に行動するけれど拍手したくなるくらいで嫌悪感がないところがいいですね。シリアス展開は息を飲むし、そろそろ飽きてきそうというところでギャグを挟むので退屈しません。
女子キャラの萌えぽいポーズとか絵面とかいっぱいあるけど、ぎりっぎり規制手前というかんじでモロな演出よりよっぽどドキドキしたよ(笑)エンディングはもうかっとんでます。大丈夫かね、とちょっと思った。
キャラも話も動きまくるので細かいことを気にせずにぱあっとしたキモチになりたいときにはおすすめの作品。話によってはちょっとムラッ気があるけどね。

2009年AT-X他放映全24話 / 堪能度:★★★★★






Powered by

アニメ雑感トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る