anime TALK |HOME|TOP|

■スクライド

表紙画像
スクライドをAmazonで見る

横浜に前代未聞の災厄が発生、大規模な隆起によりロストグラウンドと呼ばれる大地(台地?)が誕生した。で、とりあえず復興はしたものの、復興した市街と崩壊したままの地区の二層社会が形成された世界が舞台。
カズマと劉鳳という生まれも価値観も対照的な二人の男子のぶつかり合いと彼らの生き様を描いたバトルアクション。
ロストグラウンドで生まれたこどもには特殊能力が備わることがあり、その力による新しい秩序による組織が存在するという背景があり、体制側と反発側、管理枠外側と枠内側の能力者の衝突といったところかな。
図式としてはシンプルでわかりやすい。んだけど、キャラ描写が作り物すぎるっつーかわざとらしいつーか、あまり共感できないというか。監督さんのカラーなのかなあ。衝突、が主題の1つだけに彼らのぶつかり合いとかアクションは秀逸。ストーリーとかドラマは正直なところあまり合わなかったのだが、アニメとしての絵面はかなり見応えがあった。時代的な熱さも感じるところも特徴か。
2011年と2012年に本編の再編集的な映画・スクライド オルタレイション前編TAO・後編QUANも制作されました。

2001年テレビ東京系放映全26話
堪能度:★★★☆☆






Powered by

アニメ雑感トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る