game REVIEW |HOME|TOP|

■ポートピア連続殺人事件

表紙画像
ポートピア連続殺人事件をAmazonで見る

おそらくファミコンではじめてのアドベンチャー。関西住人なのでやはりこの名は馴染みがありますね。買ったのは発売からかなり後なのでシステムにびっくりした記憶があります。
まず、中途セーブができない。途中でやめたらまた1からやりなおし~。
次に現代設定なのに3Dダンジョンがある。・・メガテンである程度慣れてたとはいえ辛かったです。なんでやねんと画面にツッコミ入れながらやっていたような記憶がうっすらとあります。
ちなみに何故3Dダンジョンがあったかというと、最初に殺されたお金持ちのおじさんの屋敷の地下が迷路状態に作られていたという設定のためでした。そんな家あるのか...という感じ。しかも最後の詰めのアイテムも3Dダンジョンの中だったのでさらにクリアするのに時間がかかりました。
ラスト近くで、もしかしたらと思いつつもダンジョンに入りたくなくて他をあちこち探してた私。

・発売元または制作元...エニックス
・ジャンル...アドベンチャー
・個人的ハマリ度...★★★☆☆
・機種:ファミリーコンピュータ



ゲームレビュートップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る