game REVIEW |HOME|TOP|

■マルサの女

表紙画像
マルサの女をAmazonで見る

今は亡き伊丹十三監督の映画「マルサの女」のゲーム版。マルサ・板倉涼子になって不正脱税を暴くというストーリー。
映画のあのテーマ曲がそのままBGMになっていて原作映画にも割と忠実。グラフィックもけっこう似ていました。ゲーム内容はコマンド入力方式で自由度皆無の一本道構成。しかし原作が面白いのでそこそこ楽しめます。コマンドを選択し忘れてもまだやることがあるメッセージが出るようになっていて、あちこち回ったり迷ったりせずに済むので個人的にはありがたかったです。重要な証言とかはほとんどの場合、何度聞いても表示されるのですが最後の金庫の番号のヒントだけは、一度しか聞けない(表示されない)のでメモっておかないと痛い目を見ます(経験済み)。

・発売元または制作元...カプコン
・ジャンル...アドベンチャー
・個人的ハマリ度...★★★☆☆
・機種:ファミリーコンピュータ



ゲームレビュートップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る