game REVIEW |HOME|TOP|

■真・女神転生

女神転生シリーズをAmazonで見る

メガテンシリーズのソフト。PSにも移植されました。あやしげな宗教やら危ない人たち、猟奇事件と、当時はかなりのインパクトを受けました。
ロウ(善)カオス(悪)とニュートラルという3つの属性を強調した感じで、主人公がどの属性にいるかによってエンディングも変わるというパターンでした。もっとも、属性だけじゃなくてラスト近くのイベントをこなさないと望んだ属性エンディングにいけないのですが。ニュートラルエンディングのやりかたが分からなくて長いことダンション内をさまよっていた記憶があります;
システム的には申し分ないのですがストーリーの方はいまいちでした。ロウヒーローとカオスヒーローの前半と後半の変貌ぶりが納得いかないというか、なんだかすっきりしないというか...。メガテンシリーズはそういうものを狙っているといえばそれまでなのですが。しかしここまで書いておいて不安にかられています。私がプレイしたのはひょっとしたら魔神転生のほうかもしれないと(おいおい)。もしそうだったらごめんなさい;

・発売元または製作元...アトラス
・ジャンル...ロールプレイング
・個人的ハマリ度...★★★★☆
・機種:スーパーファミコン,プレイステーション,GBA他



ゲームレビュートップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る