game REVIEW |HOME|TOP|

■伝説のオウガバトル

表紙画像
伝説のオウガバトルをAmazonで見る

オウガシリーズの一番はじめのソフト。ストーリーは簡単に言うと主人公がゼネキア帝国を打倒するために仲間と共に戦うというもの。キャラクターが多彩でデザインも可愛らしく好感が持てます。主要キャラのドラマもけっこうイケています。基本はシュミレーションですがランダムに宝物が手に入ったり、カードを引いて特典をもらえたりと結構いろんな要素が詰ったゲームです。
戦闘システムはいろいろな職業のキャラを編成してチームを作り、グループユニット同士で戦わせるようになっています。しかもリアルタイムなのでぼやぼやしていられなかったり。 そして主人公の行動によってカオスフレームという、民衆の支持率というか主人公に対する感情を表すパラメータがあります。これがやっかいな代物で、フツーのシュミレーションのようにしていたらあっという間に下がってしまいます。低いと仲間になるはずのキャラをスカウトできないし、展開も変わってくるし、たとえラストで帝国を倒しても主人公は寂しいエンディングを迎えることになったりします。
このゲーム、とにもかくにもコツをつかむことが先決。はじめはとまどうこともありますが慣れればさほど難しくありません。戦争ということに関してとことんリアルに作られているゲームだと思います。駆け引きが必要で力で押してもだめなところとか、ユニット編成にお金がいるとか、ベストエンディングにいくには結構狡猾な戦略でいかないといけないところとか。 PSにも移植されましたがリセットの時間を考えるとSFCの方がやりやすいと思います。

・発売元または製作元...クエスト
・ジャンル...シュミレーションロールプレイング
・個人的ハマリ度...★★★★☆
・機種:スーパーファミコン,プレイステーション,セガサターン



ゲームレビュートップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る