game REVIEW |HOME|TOP|

■この世の果てで恋を唄う少女 YU-NO

表紙画像
この世の果てで恋を唄う少女 YU-NOをAmazonで見る

美しいタイトルに惹かれて購入したゲーム。物語の分岐をマップとして表示するシステムA.D.M.S.(アダムス)を搭載したアドベンチャーゲーム。
主人公「有馬たくや」が「並列世界」を体験することにより父親の失踪の謎をといていくという物語。「並列世界」はそのままアドベンチャーゲームの分岐であり、ストーリー分岐を全て埋めていく必要性を物語の設定自体に組み込んでいるところがすごいと思いました。分岐が近くなると音で知らせてくれたりする親切設計ですしマップを見ればどこで分岐しているのか一目でわかりますし、マップの上にセーブポイントをつけられるので物語のどのあたりにセーブしているかということも分かりやすいです。もちろんセーブポイントの数は限られていますし、普通のアドベンチャーより使い方がちょっと難しいですがパズル感覚で楽しめると思います。膨大な量、そして深く作りこまれたストーリーは素晴らしいとしかいいようがありません。最後の最後の最後まで楽しめる構成になっています。先がどうなるのか気になって1日ぶっとおしでプレイしたくらいハマってしまいまいた。難解な用語がけっこう出てきますが何度も説明していくので飲み込めると思います。ストーリーの中にはロジックパズルやオープニングムービーを見ないと解けないパズル? もあったりしてなかなか面白かったです。マップが全部うまると第2部へとむかうのですがそこからは1本道ストーリー。セーブできるところが少なかったのがちょっと難儀でした。
あと全てをクリアしたら追加エピソードと音声のおまけがついてくるのですがグラフィックのおまけが少なかったのがちょっと残念。全く無いわけではなかったのですが...大人シーンばっかりだったもので;フツーのCGもあったら良かったな...と。18歳推奨という制限がもったいないゲームの一つ。

・発売元または制作元...エルフ
・ジャンル...アドベンチャー/18歳以上推奨
・個人的ハマリ度...★★★★★
・機種:セガサターン 



ゲームレビュートップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る