game REVIEW |HOME|TOP|

■センチメンタルグラフティ

Amazon
センチメンタルグラフティをAmazonで見る

転校ばかりしていた主人公が差出人のない手紙を受け取り、親しかった12人の地方在住の女の子を訪ねてながら手紙の差出人を探すというストーリー。
遠距離恋愛アドベンチャーというべきでしょうか。大人な展開がないのでその点は良かったのです(グラフィックを見るためとはいえ18歳推シナリオに食傷していたもんで;)。プレイしていたときは、グラフィックを集めるのに夢中でろくすっぽシナリオを見ていなかったので気がつきませんでしたが(おい)...かなり無理がある展開です。
ゲームの基本的な流れは平日にアルバイトをして旅費を稼ぎ、週末に女の子に会いにいきデートをするというもの。主人公は行動ポイントがあり、足りなくなると女の子に会えなくなります。また、女の子にはせつなさという独自のパラメータがあり、ある程度親密になっている状態で長い間会わないとせつなさが炸裂してしまいます。そして女の子はストーカーに...。
コツさえつかめば一回のプレイで全員同時攻略できます。もちろんエンディングを迎えるのは一人だけですが(あたりまえ)。全国ツアーの会場になる各都市に懇意の女性がいるロックバンドのボーカルになったような気分になりました;別れ話イベントもありますが主人公の方から切るパターン。ギャルゲーでは珍しいかも...。
イベントを経験するとカレンダーにイベントグラフィックがストックされ、クリックすると見られるようになっているのですがCGが2枚出てくるイベントでもストックされるのは1枚のみだったのがちょっと不満。あと別れ話イベントのグラフィックもストックできたらなお良かったのに(鬼ですか)。グラフィックは質が高く、好感の持てる絵柄で文句なし。個人的には楽しめましたがおすすめできるかどうかは微妙なゲームです。つっこみどころ満載なのでその点では楽しめそうですが(こう思うのは私だけか)。

・発売元または制作元...NECインターチャネル
・ジャンル...恋愛アドベンチャー
・個人的ハマリ度...★★★☆☆
・機種:セガサターン、プレイステーション 他



ゲームレビュートップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る