game REVIEW |HOME|TOP|

■マリーのアトリエ ザールブルグの錬金術士Ver1.03

AmazonーPS版
マリーのアトリエ ザールブルグの錬金術士をAmazonで見る

シュミレーション要素を多分に含むロールプレイングゲーム。王立魔術学校のおちこぼれ錬金術士マリーが、先生から小さなお店を持たされ、5年間という期限内に卒業するに足る実力をつける...というのが大まかなストーリー。特定の材料を集め、調合していろいろなアイテムを作り、成功したらアイテム図鑑に記載される... というのが主な作業になります。仕事を斡旋してもらい、それを達成することでお金を得られます。材料はモンスターのいる街の外にあるので冒険者(つまり用心棒)を雇わなくてはいけません(ただで一緒にいってくれる幼馴染もいますけどね)。この用心棒たちとのイベントもあります。調合というちょっと難しそうな内容ですが割と簡単で、難易度は低めだと思います。基本的には単純作業ですが、調合が成功するたびに図鑑が埋まっていくのは楽しいですし、ミニゲームやイベントの数もそこそこあるので退屈はしません。
グラフィックはとても綺麗で丁寧なつくりです。背景や人物はもちろんのこと、モンスターが愛らしいと思ったのは初めてでした。マリーのたどってきたイベントやステータスで変わるマルチエンディングで、そのグラフィックはストックできるようになっています。サターン版は内蔵時計からゲームをはじめるときにマリーがなにかしらのコメントを言います。それにしてもサターン版のタイトルはコンピューターソフトみたいですね...;

・発売元または制作元...イマディオ
・ジャンル...育成シュミレーション+ロールプレイング
・個人的ハマリ度...★★★★★
・機種:セガサターン ,プレイステーション他



ゲームレビュートップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る