game REVIEW |HOME|TOP|

■ゲートキーパーズ

Amazon
ゲートキーパーズをAmazonで見る

1969年、高度成長期の日本を舞台にしたSFストーリーなアドベンチャー&シュミレーションゲーム。ゲートを開き特殊能力を発揮するゲートキーパーたちと地球侵略をもくろむインベーダーとの戦いを描く、という物語。アニメも出てますがどっちが先に発表されたのかは分からないです...;時代設定が30年以上前なので雰囲気や展開、キャラの台詞まわしとか出てくる用語等がかなりレトロで、昔のロボットアニメのノリを思い出します。
ゲームシステムはアドベンチャー+タクティカルシュミレーション戦闘の繰り返し。主人公は男性で他の仲間は女性ばかりなのでアドベンチャーはつまるところ、彼女達とのコミュニケーションを意味します。戦闘はシュミレーションタイプで、キャラは敵を倒すとたまに落とすキューブ?を拾うことで経験値を獲得しレベルを上げていくという方式。構成だけ見ると、ゲームの流れはサクラ大戦、戦闘システムはスレイヤーズろいやるを連想してしまいました。もちろんこのゲーム独自のものもちゃんとありますが。ムービーやCGはかなり気合が入っています。ゲーム進行で見たグラフィックやミニゲームのおまけモードもあり、この辺、基本はおさえてるなーという感じ。
ジャンルはロールプレイングになるのかなあ...最近のゲームはいろんな要素をつめこんでいるので区別しにくいです。

・発売元または製作元...角川書店
・ジャンル...アドベンチャー+シュミレーション
・個人的ハマリ度...★★☆☆☆
ハード機種:プレイステーション



ゲームレビュートップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る