game REVIEW |HOME|TOP|

■ポポローグ

Amazon
ポポローグをAmazonで見る

童話世界のほんわかした雰囲気を持つソフト。ポポロクロイス物語1・2が本編でこれは番外編的な形になってます。(物語はつながっているのですが)
テーマはずばり夢。悪夢と戦う主人公の冒険という感じです。旅のお供は知り合った傭兵という設定でダンジョンが多め。本筋をクリアすると「夢のつづき」としてダンジョン探索が出来ます。最下層にはラスボスがいて、倒すと2回目のエンディングになるのですがまたダンジョンの入口に戻るので何度も遊べるのです。
ポポロ本伝をプレイした人にはいまいちな評価らしいのですが私は好きでした。当時はやりこみし甲斐のあるソフトが好みだったしなにより音楽が、特にエンディングの曲がすごく良かった。その世界観ぴったりのヒーリング系なかんじで。

やりこみすぎるとバグが出るのがご愛嬌。その1、傭兵の魔法属性値最大まで上げた状態で探索にやると属性値を減らして帰ってきた。ドグマなんて闇の数値マイナスになってやんの。とほほ。その2。魔法レベル4にしたあともその魔法を使い続けたら0に戻ってしまった。ピエトロのマジカルロードが・・過ぎたるはなお及ばざるがごとし。ところでいまだに不思議なんですがソフトバンク刊のガイド本のキャラクター紹介でムサシの必殺技の欄に「どとんのじゅつ」とか「かげぶんしん」とかあるけどゲームではどんなに探してもない・・どこにあるんだろう・・。

・発売元または製作元...シュガーアンドロケッツ
・ジャンル...ロールプレイング
・個人的ハマリ度...★★★★★
ハード機種:プレイステーション



ゲームレビュートップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る