game REVIEW |HOME|TOP|

■幻想水滸伝3

Amazon
幻想水滸伝シリーズをAmazonで見る

幻想水滸伝シリーズ初のポリゴン導入ゲーム。これのせいで発売が遅れに遅れたようです。ポリゴンを使ったゲームがかなり出回っているときに発売されたのですが正直他よりかなり劣ります。一言で表現するなら、大味。
やたら広いフィ-ルドを何度も往復せねばならないのはちと難儀でしたね。慣れれば愛しいですが(笑)

今回はトリニティ(三柱)システムが採用されています。主人公格が3人存在し、その3人の中からリーダーを選択するという展開。
1粒で3度おいしいと言えなくもないですが主人公である星・天塊星はその3人以外だったりで、なんか全体的にばらばらという印象が否めません。それまでのキャラや物語のお約束から離れた構成はそれなりに評価すべきではありますがやっぱり違和感がありました。

今回は1.2でかなり重要な位置を占めていた味方キャラが敵になったということで物語的にはかなりもりあがっているようには感じました。彼を知っている宿星が少なかったというのはありますがなんかためらいもなく倒す方向にいってるのはいただけませんでしたが。というか途中まではかなりいい展開だったのに後半から尻すぼみな展開になっていったなあと思うのは私だけでしょうか。ラストはちょっと納得いかないぞ。
宿星集めの難易度は2に比べると低くなっています。つか期間限定が少なくなったというべきか?パズルのように複雑に入り組んだものを期待していただけにちょっと物足りなさを感じたり。

戦闘システムはもういまいちというしか;バディシステムははっきりいっていりません。あと戦闘がやたら長くてショートカットできないのも辛かったです・・。グラフィックを見せたかったのかもですがそんないい出来じゃないし(汗)

今回のおまけ要素でヒットだったのはやはり演劇システムでしょうか。誰がどの配役になるかでかなり楽しめる一品でした。配役を選択するときのコメントも面白かったです。

幻想水滸伝シリーズをやったことがない人向けの難易度とコアなファンのためのサービスを盛り込もうとして弾けてしまったゲーム内容だったなあと。

総じて文句ばっかり書いてますが全体的にはなかなか楽しめたソフトです。欲目ばりばりですが(笑)

・コナミ / ロールプレイングゲーム
・個人的ハマリ度...★★★★★
ハード機種:プレイステーション2



ゲームレビュートップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る