game REVIEW |HOME|TOP|

■アナタヲユルサナイ

Amazon

アナタヲユルサナイをAmazonで見る

父の経営する探偵会社に勤める探偵の女性が主人公の推理アドベンチャー。
PSPを縦にしてプレイするタイプです。小説のように読ませるためなのでしょうが正直なところ操作しづらい。結局ヨコにしてプレイした私(笑)
操作といえば縦型もそうですがアナログスティックがさらに使いにくい印象。ゲームシステム上、キャラにポイントを当てないといけないのですが位置合わせがすごく難しかった。
まあ見定めが単純でないところもこのタイトルのミソなのかもしれないけど。
ゲーム構成としてはごく普通のアドベンチャー仕様。本命ルート以外にバッドエンドがいくつか用意され本命ルートクリア後達成度がわかる構成。相手の心理を読む独特のシステムや尾行システムなどコマンド選択方式以外のシステムもはあるけど難易度は低めかな。
ゲームシステムよりシナリオを推したいタイトル。人間同士のドラマ描写、手に汗握る急展開というストーリー性が高いシナリオという印象。ハッピーエンドというには遠いかもしれないけれどこれもまた人の物語、というせつない雰囲気も特徴か。ただ不思議要素だけは納得のいく説明がなく釈然としない感じ。
シナリオは何章かに分かれていますが前章のキャラが後の章でも絡むという構成はうまい。バッドエンドの結末も多彩でけっこう面白かった。
サウンドノベルと違い登場人物の顔が出る画面。影絵のような線使いの絵柄はシックかつ万人向けでけっこう好み。
細かいところだけど主人公が仕事に使う車が黄色ってのは目立たないか?という疑問。探偵は目立ってはいけないと押しかけ新人に諭すシーンがあるだけにちぐはぐで笑えた。

AQインタラクティブ / 推理アドベンチャー
プレイステーションポータブル / ハマリ度:★★★★☆



ゲームレビュートップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る