comics REVIEW |HOME|

■漫画感想

2010年12月以前初巻発行の漫画の適当な感想。更新は現在感想ブログにて行っています。

内容説明

※このコーナーでの更新は停滞中。現在緑画舎感想ブログにて記事の追加を行っています。
2010年12月以前に初巻が発行されたタイトル対象。
2011年1月以降初巻発行タイトルは漫画感想2をご覧ください。
トラックバックやコメントは現在受け付けておりません。コメント等はブログのほうでお願いします。
2007年7月にスクリプトを移行したためサイト更新記録と月別一覧の更新月が違う場合があります。
詳細は漫画感想概要をご覧ください。一部ブログ再録あり。

インデックス

作品名|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行
著者名|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行
その他|おすすめお気に入り月別短文・雑記RSSファン頁跡地
外部頁|緑画舎感想ブログ旧まんがブログ主催同盟跡地番外ラノベ感想

ジャンル


最近の更新エントリー(30件)

1  2  3  4  5

そんなんだからおまえらは。 / 葛西りいち

Amazon
そんなんだからおまえらは。をAmazonで見る

あしめしでおなじみの漫画先生と著者を含むアシスタントメンバー4人に加え腐女子のアシが参入したことから始まる漫画制作現場コメディ。
あしめしに登場するメンツに加え、腐女子属性のアシスタントが加入する。内容的にはあしめし同様に漫画制作を舞台にしたコメディ、というかあしめしの番外編的立ち位置のよう。
あしめしとは若干ちがうベクトル、つまるところ腐女子とか同人要素?のネタが多めなかんじ。構成としてはまとまりが良く、漫画先生の連載が終わったと同時にほぼ話も終わっています。でもまああしめしを先に見てるとあまりかわりばえしないかなあ。
ところで新入アシって実在する人?非実在の人?てかこれフィクションなの?ノンフィクションなの??

ビッグスピリットコミックススペシャル全1巻 / 小学館
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★☆☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

インセクツ / インセクツR / 杉山敏

Amazon
インセクツ / インセクツRをAmazonで見る

インセクツ
製薬会社が開発したウィルスの被験体となった昆虫が巨大化および凶暴化し都市に流れ込む。
巨大昆虫によるバイオパニックホラー。事態の原因を先に明かす構成ってのは珍しいかな。
生存のための戦いと国家の策略ミステリを混ぜた内容で、読み手や登場人物が状況を知らされずのパニックものとはまた違った趣があり。襲い来る虫や建物の描写がすごい。

インセクツR
インセクツの続編。前作の3年後、今度は横浜で巨大昆虫と巨大昆虫を生み出す巨大植物?が発生。ビルに閉じ込められた少年祥を中心に話が始まる。前作の当事者も理由が明確ではない模様。サバイバルアクション色が濃い構成になるのかな。

杉山敏
インセクツ / バーズコミックス全4巻 / 幻冬舎
インセクツR / バーズコミックス全4巻 / 幻冬舎
好み度:★★★☆☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

是-ZE- / 志水ゆき

Amazon
是-ZE-をAmazonで見る

依頼により言霊を使って対象を不幸にする能力を有する一族と、能力を使う際の障りを引き受ける式神・紙様によるBLファンタジードラマ。
陰陽師系オカルトファンタジー設定のBL。いわゆる呪い屋の一族と、バディの役割を担う見た目も感情も人間に近い式神(ここでは紙様と呼ばれる)のカップルの話です。大体1冊前後のページ数で複数のカップルの話を描く構成。
言霊を使って他者を傷つけると同等の傷を負うリスクがありその障りを人間でない紙様が引き受ける、というバディでありある種の一心同体でもあり。そんなオカルトアクションドラマを基軸に、術師の傷を受ける方法の1つに性交や接吻など粘膜の接触があるというBL設定を盛り込んだ内容。仕事絡みやそれ以外での、バディ同士の絆やドラマがメイン。
純朴青年と茫洋とした紙様、兄弟と1人の紙様、すれ違う2人などカップルのバリエーションは多彩で、どの話もハマります。脇には女子同士のカプもあり。BLなのでチラ見なんだけど別の意味でエロくて良い(笑)
人と人外の恋愛というか、精神面や存在意義など人間でない紙様との恋愛の妙が巧い。ありきたりなBL展開じゃなくきちんとドラマが描かれているし、BL的萌えと物語の流れと恋愛展開のバランスがものすごく良いなと感じました。ドラマチックな話を堪能したい人向けか。
完結後、ペーパー再録などを含めたスピンオフタイトルも発表されました。

志水ゆき
是 / ディアプラスコミックス全11巻 / 新書館
是 かみのほん / ディアプラスコミックス全1巻 / 新書館
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★★☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

虹色占い師 / 辻灯子

Amazon
虹色占い師をAmazonで見る

当たらない売れない占い師の女性が、アシスタント先から新しく働くことになった職場はちょっと変でした、というかんじの占い師4コマ。
主人公は占い師としては半人前・・なのかな。占いを極めたいけど学術的な意味合いが強いのかなあ。実は何度読んでもキャラが把握できないと言うか・・。
元々別の占い師のアシスタントをしていたが、その占い師の紹介で新しい職場へ行くことに。そこは複数の占い師が占いを行うタイプの占いの館なので、様々な種類の占いをネタにしてはいるんだけども、占いらしいネタがあるよーなないよーな・・。主人公があんまり占いしていないからなのか?1こ1このネタはそれなりに面白いと感じるんだけど、全体を見るとなんかぼやけた感じがするというか。
いつも思うけど著者の話ってつかみどころがないですよね。面白くないわけじゃないのもミソなんだよなあ。

<つじとうこ>辻灯子
まんがタイムコミックス全1巻 / 芳文社
ジャンル:4コマ / 好み度:★★★☆☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

パンドラ / ねむようこ

Amazon
パンドラをAmazonで見る

ポリへドロン・ケーキホリック・アンダーザマント・パンドラ・まくら泥棒・恋するビアンカ・流行性感冒・ペネトレ・ネコ住んじゃった・ナイトフルーツを収録したデビュー作を含めた短編集。
ちょっと設定が斜めにずれている恋愛物だったり女性の話だったり。けだるげな男女模様の雰囲気が印象的。ページ数が少ないからかピリッとオチをつけたセンスの高い内容。以下は印象的だったタイトルを適当に感想。
ポリへドロンは商店街のくじびきでなんでも願いが叶う権利を得た女性の話。望みを熟考するが、お金も不老もいまいちぴんとこず彼女が望んだことは。SF的ショート的オチが良い。
ネコ住んじゃったは行く場所を失い公演の遊具の中にいた女子を保護したのはゲイでオネエの男性という話。ゲイカップルの家にネコのように拾われた女性のトライアングルな話。題名も展開も何かうまいなと思った。
ナイトフルーツはあとがき解説にもありますが本当に笑劇な話。あ・・あべさだ?展開とか真逆だけど。同じ男に惚れた女性が互いに意気投合すると男にはそら恐ろしい展開になりけり。
流行性感冒は自分の心が図りかね結論を出したとたんい壊れるという話。あー、タイミングってあるなあ。けっこうせつない。

ねむようこ
フィールコミックス全1巻 / 祥伝社
ジャンル:女性・恋愛 / 好み度:★★★★☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP
1  2  3  4  5





Powered by


緑画舎HOMEPAGEへ戻る