comics REVIEW |HOME|

■漫画感想

読んだ漫画の適当な感想を置いています。2010年12月以前初巻発行タイトル対象。

内容説明

2010年12月以前に初巻が発行されたタイトル対象。
2011年1月以降初巻発行タイトルは漫画感想2をご覧ください。
トラックバックやコメントは現在受け付けておりません。コメント等はブログのほうでお願いします。
2007年7月にスクリプトを移行したためサイト更新記録と月別一覧の更新月が違う場合があります。
詳細は漫画感想概要をご覧ください。一部ブログ再録あり。

インデックス

作品名|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行
著者名|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行
その他|おすすめお気に入り月別短文・雑記RSSファン頁跡地
外部頁|まんがブログ漫画感想2017~主催同盟跡地番外ラノベ感想

ジャンル


最近の更新エントリー(30件)

1  2  3  4  5

あさりよしとお短篇集 毒入り <カプセル篇> / あさりよしとお

Amazon
あさりよしとお短篇集 毒入り <カプセル篇>をAmazonで見る
/ bk1で見る

著者の単行本化されていなかった短編・中篇を収録した作品集。タイトル通り、著者らしいエッジの効いた風刺かつシュールな内容。「メッチェンファウスト」「世界冥作劇場」「プロジェクトT」「それゆけ内田くん」を収録。

「メッチェンファウスト」
主人公は電波というかちょっち脳が温まっているような少女。朝起きてみると、一次運動野における体部位局在の地図(脳の中のこびとって言うの?)のようなものが頭に張り付いていた。これによって平和を守る魔法少女になれたと喜ぶが。
その頭にくっついたのは人類以外の知的生命体で主人公を操ろうとしてたけどどうも逆に主人公に同化しちゃったかんじ。その辺は詳しく描かれておらず、主人公と同じく人間に取り付いた生命体の説明からわかります。生命体の力で主人公は飛びぬけた腕力を得るけど体力は通常で、敵を殴ると骨が折れるといった具合。超常能力を出せるのではなく「火事場の馬鹿力」を引き出すようで、そのため肉体が限界を超えて壊れるということのよう。つっても痛覚がないから当人はけろりとしたものだけど。
話のバックボーンは、人類に成り代わろうとする生命体と人類の戦いのようですが、戦闘方法とか敵の設定とか見るにつけエヴァのパロディぽい(こちらが先に発表されてたらごめん)。
変身して異生命体を撃退してきた一族の生徒会長と主人公のからみとかそこはかとなく恋愛ネタとか魔女っ子な要素もあったり。著者の話なのでやっぱりずれてますけどね。不良のタイマン形式ってのは笑えるなあ。
主人公の百葉箱に例えた自分の「なりたいもの」の台詞は含蓄がありました。

「世界冥作劇場」
こちらはタイトル通り毒がたっぷり含まれた名作劇場パロディシリーズ。オランダの犬とか肉食動物と7匹の草食動物とか赤毛の少女とかがモチーフになっています。
寓話や名作のブラックパロティは数あれど(つーか童話はそのまんまブラックだけど)ここまで直球なのはさすがというべきか。身も蓋もないというかなんというか。まんまブラックジョークもあり、風刺とか、現実にあったことの逆手をとった設定とかもあり。
特に狼と7匹の~のパロディが印象的でした。ほぼ元ネタと変わらないのにこのブラックさ。言われてみれば・・こうなるよなあと思うと同時に風評からあらぬ疑惑をかけられるというのは現実でもありそうだよな・・と。

「プロジェクトT」
豆腐屋の息子が主人公の車漫画のパロディ。こちらは戦車でバトルをやってますよ。無茶ですね。無駄に絵が明快です(笑)薀蓄はさっぱりですが笑えました。オチはまあ・・そうなるわな。

「それゆけ内田くん」
童話の世界を舞台に、人体模型の内田くんが活躍するお話。人体模型なので表情がないのに雄弁でそのギャップが面白いけどやっぱり怖い(笑)えーと、人体模型ってアレもあるんですか。知らなかった。

あさりよしとお
リュウコミックス全1巻 / 徳間書店
ジャンル:青年・ブラックコメディ / 好み度:★★★★★


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

非怪奇前線 / なるしまゆり

Amazon
非怪奇前線をAmazonで見る
/ bk1で見る

学生時代からの「親友」である蟹喰菜々生のマンションに日参する痛い男・ワタナベ。彼のかつての妻と蟹喰の過去のとある出来事が彼をそうさせているようだが・・。
えーと。かいつまんであらすじが話せません;主人公は蟹喰菜々生とワタナベという青年。彼らが出会った怪奇にまつわるミステリドラマといったところか。一見ジャパニーズホラーのようですが根っこは、人間の心理とドラマと、生きるうえで密接なものであるのに人間にはコントロールできないなにか。
ワタナベはS系美人の蟹喰の住居に足しげく通うところから話ははじまります。ワタナベは若くしてでき婚をしたが妻と娘は溺愛していた。しかし妻は少しずつ狂いだし離婚。ワタナベは妻が狂った原因を調べていくうちに元妻と蟹喰の過去の出来事を知り・・という流れ。過去といっても生々しい話ではなく幼少期に同級生でその接点も一見日常よくある話だったんだけど、みたいな。
彼らが出会った怪奇は作為ではなく現象に近いものであるあたりがなかなかにリアル。正確には怪奇ではないのでタイトルに非がつくわけで。
蟹だなんだと視覚的に「それ」を捉えられるというのはフィクション(まあリアルでも存在するかもしれないけど)であるにしても、事故などで近い場所にいても身に降りかかる状況に差が出たという話を聞くときのなんとも言えない気持ちを思い出す。彼らのどこにも違いはないはずなのに。
鮮烈というか強烈な個性の蟹喰、不器用なほど真っ直ぐなワタナベ。このコンビのやりとりは笑みをうかべながらあやうい綱渡りを楽しむようなそんな印象でした。
表現が的外れな表現しかできない自分がもどかしいですが一辺倒なホラーでなくあくまでドラマに近い。うなってしまうほど緻密な構成と、突っ込んだ心理描写なのに鬱になりきらない雰囲気が良いなあ。
同時収録は「きりんは月を食べる夢を見る」わー、昔の絵柄だーと思ったら98年発表作品だった。このころはウイングスはもう買ってなかったんだっけ。画面的に強烈な日本昔話的にホラーな場面とゆるくほんわかした雰囲気がマッチしているあたりがすごいな。

なるしまゆり
ウイングスコミックス全1巻 / 新書館
ジャンル:少女・ホラー・ドラマ / 好み度:★★★★★


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

攻殻機動隊 S.A.C. タチコマなヒビ / 山本マサユキ / プロット:櫻井圭記

Amazon
攻殻機動隊 S.A.C. タチコマなヒビをAmazonで見る

攻殻機動隊シリーズの影の主人公(?)思考戦車・タチコマたちの会話というか議論を綴った薀蓄解説マンガ。 アニメでもあった特定の事柄に対しての彼らの会話は秀逸で興味深かったのですがその雰囲気と内容を彷彿とさせます。
戦車の歴史、銃器の種類、各国の数字・数学の話、各民族の飲酒耐性比較などなど、話題は幅広く内容もわかりやすく、薀蓄・トリビア心をかなりくすぐる構成です。コメディというよりエッセイというかレクチャーに近い内容かな、これ。
タチコマたちだけでなく9課の面々も登場し、アニメ本編の場面をさりげなく絡ませてあり、攻殻機動隊のスピンオフというかパロディな立ち位置もしっかりキープしているかんじ。まあタチコマたちだけでもいいとは思うけども(笑)

山本マサユキ / プロット:櫻井圭記
KCDX全8巻 / 講談社
ジャンル:青年・トリビア / 好み度:★★★★★


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

まごころ。 / 魔神ぐり子

Amazon
まごころ。をAmazonで見る
/ bk1で見る

小説家の夫とパートの妻、頭脳明晰な長男(兄)と虫大好きな長女(妹)の4人家族の日常を描いた4コマコメディ。タイトルは兄妹の名前を合わせてあります。真と心。
お父さんは小説家。あんまり売れないので低収入、女性好きで巨乳好きでだらしがないなど典型的なダメ夫。奥さんは旦那の稼ぎが少ないのでパート、だらしない夫をしばきたおす怖い嫁。
冷静沈着頭脳明晰、大人から見ると子供らしくない秀才タイプの兄とかわいいけど虫が大好きなどちょっと天然が入っている妹。両親の大人気ない行動に生暖かい目で見守っているあたりがツボでした。
漫画的誇張はあるけど、まあ旦那が嫁さんに頭が上がらないタイプの典型的な家族ですね。男性から見れば怖い嫁でしょうが、この旦那はほっとくと図に乗るタイプのようだしこれくらいやらないと御しきれませんて、ほんとに。
家族のキャラもひとひねりありますが、兄の担任の女性教諭など学校の先生の面々もなかなかに濃ゆいタイプが多いです。ちょっと大丈夫かと思えるほどに(笑)ボケとツッコミのバランスがよく、著者にしては毒が少なめで万人に受けるタイプの内容かと。ジャンル的には、ほのぼのバイオレンス?(笑)

魔神ぐり子
バンブーコミックス全1巻 / 竹書房
ジャンル:4コマ・コメディ / 好み度:★★★★★


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

エロ漫の星 / 金平守人

Amazon
エロ漫の星をAmazonで見る

エロ漫画道を目指す38歳男性漫画家が、謎の熱血女性のレクチャーからエロ漫画の技術を学ぶ入門編、アシスタントからデビュー、その後を描いた実践編。2部構成のエロ漫画をテーマにした怒涛のギャグ漫画。
鳴かず飛ばず・38歳童貞のとある漫画家が、一発あてようとエロ漫画の投稿作を描きあげたとき、突如現れた謎の女性。女性は漫画家の描き方がなっていないなど罵詈雑言を浴びせクソ虫ゴロ太という身もフタもないPNを与え、漫画家は彼女の指導でエロ漫画の描き方を進んでいくという展開。
えーと主人公は著者がモデルのようです。漫画に出てくるプロフィールは本人と同一かは不明。
入門編と実践編の2部構成。入門編は謎の熱血な女性がエロ漫画の描き方を主人公に教えるという形で話が進んでいく内容。無駄に高くギャグならではの無茶なテンションで描かれる、エロ漫画の描き方のレクチャーものといったところか。往年の名作のパロディ表現もたっぷりあります。ぼのが出たときはなんかうれしかった(笑)
大仰な表現が多々ありますが、レクチャー部分は素でトリビアな要素が強くためになるというか興味深い内容が多かったです。ちなみに局部修正の話もあるので成人向けじゃなく一般誌に対応したジャンルのようです。
実践編は、ひととおり技術を学んだ主人公がアシスタント修行の後プロデビューしてしばらく後まで描かれています。アシスタント先の犬の先生がリアルすぎ。基本はギャグだけど業界の現状も垣間見れます。個人的にはよくわからないネタもあったんですが知る人ぞ知るというか業界では有名なネタなんだろうな。
それにしても怒涛のテンション、仲間の家で酒盛りして気持ちよく酔って馬鹿をやって笑いあっている開放感にさも似たり。
エロ漫画というテーマゆえどうしても下ネタやエロなシーンが多く正直万人におすすめしがたいのですが、充実した内容なのは確か。

金平守人
ヤングコミックス全2巻 / 少年画報社
ジャンル:青年・ギャグ・レクチャー / 好み度:★★★★☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP
1  2  3  4  5





Powered by


緑画舎HOMEPAGEへ戻る