comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■うしろノしんでれさん

佐藤友生

Amazon
うしろノしんでれさんをAmazonで見る

主人公は女子にモテるのは不良だと友人に唆され(?)まじめに不良をやった結果、学校ではじめての留年生となる。そして新学期が始まるもクラスメイトとは誰も話せず状態の主人公は、隣に座り自分と同じく誰とも話さない不思議な美少女に興味を示す。きっと清楚で可憐でと脳内で妄想・・もとい想像を膨らませるが実際は真逆の気質でかなりアクティブであることを身をもって知る主人公。しかし幻滅し疎遠になりたい気持ちのその女子に好きと言えと強要される。当然拒否するがそれを言わないと、信じられない災厄が自分の身にやってくることになっていた。
彼女は実は幽霊で、特定の時期に発生し特定の時間内に互いの愛を確かめ合わねば死神の鎌の餌食になるという命を賭けたゲームに無理やり参加することになったという設定。主人公と幽霊女子のファーストコンタクトで幽霊女子自身も否定したいものの主人公に対するトキメキがとまらなかったという理由で相手に選ばれたということらしい。
物語の基本設定の説明も兼ねたツンデレ気味?な幽霊女子とのドタバタ話の後、それだけでは話がまわらないのか二重人格というか気質が正反対の生霊を持つ引っ込み思案な少女、お金にシビアで一癖ある霊感少女なども登場してんやわんやな展開に。
うかつで馬鹿正直でちょいおばかでというラブコメ系少年漫画らしい設定な主人公ですが、真摯な気質がけっこう明確に出ているし、ヒロインたちもキャラがたっていてウケ狙いのあざとさが感じられないところが好印象。とにかく登場人物がいい意味でよく動くタイトルという感じ。
ストーリー展開自体は軽快で息をつかせぬ展開の連続でけっこう楽しめました。しかし本当に思いあわねばならないというより多少無理やりでも好きと言えばとりあえず条件は満たされるところとか幽霊女子とゲームの因果関係の設定とか、ちと納得がいかないというかすっきりしないところもあったり。まあ物語の本筋にさわる部分ともとれ、これから明確になっていくのかな、とも。
おまけ漫画も別の意味で面白いものばかり。特に白タマさんの貯金箱の話が・・・ははは。

佐藤友生
KCデラックス1~ / 講談社
ジャンル:少年・ラブコメ / 好み度:★★★☆☆

作品名あ行 , 著者名さ行 [ 少年漫画 , 続刊 ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る