comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■ロッカフェラー・スカンク

三数鬼ライオット / 原作:ヒダカトオル

Amazon
ロッカフェラー・スカンクをAmazonで見る

主人公はギターの腕を自負している主人公の少年は、音楽会社の創始者である祖父をはじめとし一族は何かしら音楽関連の仕事をしているというサラブレッド。祖父からプロ並の機材とスタジオで曲を作り続けるも、地味でめんどくさい過程の多いバンド活動には興味を示さず、配信すればいいと思いつつも自信はあれど評価を恐れ完了のキーを押せずじまい。そんな中、祖父は他界、主人公は会社とある島を相続することになる。
えーと祖父の夢の詰まった島が肝なんですが、化け物が登場し戦闘になり、と戦闘アクションと音楽の融合みたいな展開に。紙面にあるURLやQRコードで音楽がダウンロードできるしかけがあり、その音楽に見合うのがバトルシーンということなのかな。
音楽オンチなもので単なる音楽・楽器ものよりは意外性があり読めるタイプではあるし、実際勢いがあって面白とは感じるもののもう一歩何か欲しいというのが正直な感想。肝心の音楽も短くいまいち乗り切れないのも要因か。

原作:ヒダカトオル / 漫画:三数鬼ライオット
秋田コミックスデラックス全4巻 / 秋田書店
ジャンル:青年・音楽・アクション / 好み度:★★★☆☆

作品名ら・わ行 , 著者名ま行 [ 青年漫画 ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る