comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■センター街のマリーへ

浜田ブリトニー

Amazon
センター街のマリーへをAmazonで見る

家出したのか行く当てもなくふらふらと町をさまよう一人の少女。街中で渡されたチラシから向ったのはデートクラブ。主人公が初めての仕事をするまでは淡々と描かれ、主人公を含めたクラブ内での女性たち話になっていく。
限られた枠内で生きねばならない状況で怒涛のようにやってくる行き違いやら攻撃やら。間が悪さが悲惨な展開にというにもすごすぎる。女性たちのやりとりとか客の奪い合いとか女の戦いといった流れは、夜の街で働く女性たちと似ているなあという印象ですが、内容は急転直下というかさらにえぐい展開が多めというかんじ。しかしデートクラブの子がこういうパイプを持てるものなのかね・・。
表紙は実写なので絵柄が推察できなかったのですが青年向けだけどまるっこいデフォルメした絵柄でした。リアル系よりは殺伐とした展開をするっと読めるのでその点は良かったかな。
あらすじを見るにどうも著者の体験を元に描いている模様。

浜田ブリトニー
ビッグ スピリッツコミックス スペシャル全2巻 / 小学館
ジャンル:青年 / 好み度:★★★☆☆

作品名さ行 , 著者名は行 [ 青年漫画 ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る