comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■ドチャック

みうらじゅん

表紙画像

ドチャックをAmazonで見る

土着の監修を顕現したような微妙なゆるキャラドチャック。時代の流れとともに訪れる変化に伴う彼の立ち位置の変化を通して描かれる風刺。表題作他約25話の大人の悲哀?たっぷりのシュールショートギャグを集めたシュールショートギャグ作品集。
土着→ドチャック。えーとドンチャックとかけているのか。元ネタの造詣は思い出せないけど。表題作のほかもこんなかんじの捩りキャラが登場しますが。
昭和以前の木造や習慣など日本独自の文化は近代化をもてはやす風潮から徐々にその姿を失っていく過程を、ドチャックという事象を象徴するキャラと彼がやっかいになっている家庭を通して描かれています。
概ね風刺として巧みで的を射た、そして哀愁を感じずにはいられない内容。ただショーヒゼーは退散するどころかのさばっていますけどね。大人の事情なのか最終話に(一旦おしまい)とつくほど中途半端な終わり方だったのが残念なところ。
以降は別の多彩な短編が続きます。大人の性事情ネタとか街並みに在るアート名彫像をパロったネタとか日本史表現ネタとか、不合理だと思われる事象を皮肉るネタなどいろいろさまざま。
一番妙に納得したのは、旅館できっちり浴衣を着こんで寝ても朝にはぐっちゃぐちゃになる現象のネタ。えーとモデルの写真の御仁は著者ですかね。あと都道府県の形状を手で現すネタは見事でした。最後のとある病院の診察風景はBLを思い出してしまったorz
著者の作品はこれが初めてで名前と芸風は西原氏の漫画からなんとなく知っていた程度でしたが概ね想像通りでした。正直やや玄人向けの内容かと思われますが個人的に面白かったです。

みうらじゅん / 青林工藝社全1巻
ジャンル:青年・シュールコメディ / 好み度:★★★★☆

作品名た行 , 著者名ま行 [ 青年漫画 ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る