comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■想いの欠片

竹宮ジン

Amazon
想いの欠片をAmazonで見る

同性しか好きになれない自分の性を自覚し認めている女子高生とその周辺。ガールズラブを中心としたマイノリティで曖昧な恋愛模様。
レズビアンである自分のセクシャリティを自覚し認める飄々とした気質の女子高生は、年上専門で行きつけのカフェの女性マスターにほんのり片思い。ひょんなことこあらクラスメイトの男子がゲイと知り、勢いで自分のことを打ち明けたことから懐かれ、その男子の妹にかみつかれ。また妹の女子友達はその妹に恋心を持ち。
ガールズラブを中心とした同じ世界観で描かれる連作短編集といったところか。
一話ごとに主要人物を主役に据える形式で、各話は個別の物語ですが全体的に1つの話になっているという構成。
飄々とした主人公も昔は苦い恋愛をしていたり、ゲイのクラスメイトがきっかけで始まる彼の妹の百合未満の話とか、主人公の片恋相手の昔と今の話とか。マイノリティの性を自覚するもの、目覚めかけるもの、苦しい恋をするもの、様々な物語を配置する練られた内容で、けっこう読み応えがありました。
百合ものの中ではささめきことに近いタイプかな。こちらは割りとドライな雰囲気だけどね。現実に近い設定というか読み手のストライクゾーンが広そうというか。
ゲイ少年の妹の、好きになられたらやっかいと思う相手でも面と向かって対象外と言われるとムッときてムキになるってのは男女間でもあるわなー(笑)
全体的にさっぱりしてて湿っぽさが少な目の雰囲気のが好きだな。せつなさ度がいいバランスで入っていて読後感も好きだ。

竹宮ジン / 白泉社全3巻
ジャンル:百合・ドラマ / 好み度:★★★★☆

作品名あ行 , 著者名た行 [ 百合 ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る