comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■むかしむかしのきょうのぼく

林健太郎

Amazon
むかしむかしのきょうのぼくをAmazonで見る

制作ソフトで曲を作ると初音ミクをはじめとしたボーカロイドがやってきて歌うという街を舞台にした4コマ漫画。
曲を作るとボーカロイドソフトシリーズのキャラたちが実際にやってきて歌うという設定のタイアップパロディ4コマ。しかしミクさんはなぜか三白眼?なキャラ。これはこれでかわいいかも。個人的には普通のかわいいキャラより愛着がもてましたが。
ネタはソフトや曲、動画投稿などの関連ネタが描かれておりほのぼのかつ脱力するタイプのぬるい温度な内容。欄外にはボーカロイド関連の知識が乏しい人向けか、簡単な説明も付記されています。個人的には本編漫画もいいけどこの説明文が良かった。いや聞きかじりの知識しかない状態で、そうなんだ~と思うことがけっこうあったもんで。ミクが一番初めじゃなかったんだね。
ソフト関連のネタ以外はけっこうコアというかマニアックなパロディネタがちりばめられており、わかる人にはわかるけど楽しめる人の範囲は狭いかなあという印象。

林健太郎
愛蔵版コミックス全3巻 / 集英社
ジャンル:4コマ・パロディ / 好み度:★★★★☆

作品名ま行 , 著者名は行 [ 4コマ漫画 ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る