comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■STUDIO FIVE ステューディオ5

竹内桜

Amazon
STUDIO FIVE ステューディオ5をAmazonで見る

百葉箱管理役の小学生の少女は、箱の中に見たこともない生き物を発見する。協議と大人の事情の結果、面倒を見ることになった5人の小学生の女子たちの学園生活をゆるくえろく描いた日常風景。
初回で登場する不思議生き物は小さくて二足歩行で二等身のそれなりに可愛いというかキャラものにありそうなフォルム。まあこの子の面倒を見るといっても小学生のやることということでてきとーさがにじみ出ています。
こしゃまっくれた言動、さびしんぼ、妙に大人びた発言と口調、元気さを抜くと何も残らなさそうな天真爛漫ぶり、いろいろな個性を持つメインキャラたち。
当初は不思議生き物を中心に話が進むのかと思いきや、徐々に目立たなくなって完全にオブジェになってるかんじ。で、やっぱ5人の女子小学生たちのなんてこたあない日常描写がメインらしい。
いまはもう採用されていないはずのブルマでの体操風景やらプールの話やら、奇数で仲良しグループだとどうしても不具合が出たりとか、成長の差異が一番よく出る時期ならではの話とか、特定の嗜好の人向けのアングル満載画面に小学生生活あるあるネタをちりばめつつ、小学生というコミュニティが描かれています。
コメディのノリとしてはましまろに傾向が似ているけど、大きなおともだちのサービスが多めな話という印象。まあアングルにあざとさを感じるものの上手いのでそれはそれで良し(笑)
短いエピソードの集合なので面白いと感じるのとそうでないと感じるネタの差があるなあ。第一話はこれ以上になくツボでした。主人公格の女子と先生と会話のほのかな脱力感とか。

竹内桜
ジェッツコミックス全2巻 / 白泉社
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★☆☆

作品名さ行 , 著者名た行 [ 青年漫画 ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る