comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■ウイナーズサークルへようこそ

甲斐谷忍

Amazon
ウイナーズサークルへようこそをAmazonで見る

漫画家を目指すも芽が出ない大学生の青年には、勝ち馬を見出せる才能があった。そんな彼の才能を知った馬券サークルの面々は。馬券の買い手から描かれる競馬もの。
競馬は賭け事ゆえにもちろん運も要因ですが馬や騎手の状況や情報などさまざまな要因で決めることができるわけで、そういや競馬番組っていろいろ言ってるなあといまさら思い出したり。勝敗はともかく、馬の状態を見極められる主人公の才能と、論理と直感と洞察で展開する競馬薀蓄はそれなりに興味深いです。競馬業界ものというと馬か騎手、走る側のドラマしか見たことがなく、馬券の買い手側からの話って珍しいと思われ。
主人公が競馬場で出会った馬券サークルの面々が、主人公のある意味特殊な才能を巧く使うため、主人公が単独で馬券を買うようにならないように子飼い状態にさせようとしている人物相関により物語は進められていきます。
主人公は騙されているというか利用されているようではありますが、サークルの面々はこすっからいだけだし主人公当人は能天気なのでまあ既作品よりはコメディ色が強い印象。

甲斐谷忍
ヤングジャンプコミックスX1~ / 集英社
ジャンル:青年・業界 / 好み度:★★★☆☆

作品名あ行 , 著者名か行 [ 続刊 , 青年漫画 ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る