comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■BLOOMED IN ACTION(ブルームドインアクション)

塩野干支郎次

Amazon
BLOOMED IN ACTION(ブルームドインアクション) をAmazonで見る

屈強な傭兵が少女のような一応少年の肉体になり潜入先の学園で繰り広げるTS系バトルもの。
主人公は手練れの傭兵。戦場で敵の自爆に巻き込まれ次に目覚めると少女とみまごうかじゃくな姿となっていた。国家機関の資金援助を受け負傷した兵士の再生技術の研究をしているという女性の博士により復活できたという。ちなみに姿が変わっているのは博士のシュミらしい。それはともかく、主人公を復活させた情報部のおっさんの情報から、主人公は政財界要人の娘たちが通うお嬢様学校に潜入することになるというはじまり。
一話目の話で、主人公の元教官も学校に在籍し主人公と同じ境遇であることがわかり、以後は教官=おねえさまの指示で主人公が学校にまつわるミッションをこなすという流れ。傭兵だ、陰謀だ、とミリタリな背景ですが画面的には女子高内で起こるちょっとハードめのアクションコメディといったノリ。
冷静沈着で典型的なできるタイプ、しかし遊び心満載な上官に振り回され、嘆きながらも仕事をこなす主人公という図式。2人の他にも話ごとに同じ境遇のキャラが登場するいい意味でテンプレで読みやすい展開。
上司他の面々は再生された際肉体強化がされているものの主人公が材料(シュール・・)が足りなくて非力、それを補う特殊スーツがあてがわれるがそのスーツのデザインは萌えコスプレ系という設定がうまいな、と。
細かいところではあるが、漫画での女子校ないのお約束イベント・水着シーンがあるのはいいとして、少女みたいと言いつつも一応男子の体になっているというのにその水着無理がないか?というツッコミはある。実際正面アングルがあったのはスカートタイプを着たキャラだけだけど。
トントンと進むテンポ、会話のやりとりの軽快さ、良い意味でのテンプレ展開、基本コメディだけどアクションや事件背景もわりと作りこまれている。主人公は受難タイプだけど活躍の場がちゃんとあっていいバランスで楽しめたタイトル。

塩野干支郎次
TSコミックス全1巻 / 少年画報社
ジャンル:青年・TS / 好み度:★★★★★

お気に入り , 作品名は行 , 著者名さ行 [ 青年漫画 ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る