comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■オトナの放課後

神崎貴至

Amazon
オトナの放課後 をAmazonで見る

好きだけどっ!・放課後メンズハレムに続くセレブ名門高校・大和学園を舞台にしたBLシリーズ。秘め事は放課後に・ハレムコンプレックス・放課後は絶対服従・はじめての放課後・オトナの放課後を収録。
シリーズの続編らしいですけど短編集の体裁なので以前のシリーズを読まなくてもそれなりに読める内容。
主要人物およびカップルが複数登場し、各話のメインキャラたちが友人や身内や恋愛に絡んでいたなどという人物相関。学園物でシリーズでBLとなると同じ学校でカップル満載なのはお約束なれど壮観だなあ。全体的にBL描写濃い目だけど話運びは巧いという印象。
秘め事は放課後に
生徒を誘惑し肉体の快楽を覚えさせ陥落させるのを趣味とする教師と生徒の話。BLというよりJUNE系な鬼ぶりと背徳っぷりが印象的でした。
ハレム・コンプレックス
恋人同士になって1年の外部入学の庶民男子とセレブ男子の話。境遇が違う二人が認め合う過程が見どころの1つか。兄に萎縮する庶民男子が面白くなかったのね。
放課後は絶対服従
先の話のセレブ男子の弟と幼馴染の中学生カップルの話。中学生というのもあるのか、初々しいというか純朴な雰囲気の話でした。
はじめての放課後
高校になった先の話のカップルの話。思春期というかHに興味を持つお年頃になったわけでという内容かな。やりたい相手を大事にしたくて我慢するというパターン。なんのかのと砂掃きそうな甘い痴話喧嘩。
オトナの放課後
社長子息の家庭教師を買って出たリーマンは生徒である子息に片想いし、子息に対する衝動を納めるためカラダだけと割り切って自分に好意を持つ同僚を抱くという設定。ちなみに子息は2つ前のカップルの内の1人。とっくに主人公の気持ちは同僚に向いているのに気がつかないのは本人ばかりなり、という展開。

神崎貴至
花音コミックス全1巻 / 芳文社
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★☆☆

作品名あ行 , 著者名か行 [ ボーイズラブ ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る