comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■男の上手な泣かせ方

深井結己

Amazon
男の上手な泣かせ方 をAmazonで見る

エリート部長朝人の玩具となるためあてがわれた稜は彼の犬となった。会社では秘書として側に置かれところかまわず求められる。他に白い羊の黒い夜・きみにだけダメを収録したBL作品集。
男の上手な泣かせ方・この子の上手な隠し方・その日の上手な過ごし方
エリート部長朝人が会員制SMクラブへの出禁の代わりとして渡されたのは青年・稜。稜を犬という名の性の下僕として扱いながらも優しくもする朝人に惹かれる稜。朝人は仕事では信頼も厚く有能という側面や、稜は実はある目的で朝人の犬になった、など企業内策謀サスペンス込みでわりとしっかりした構成。
痛せつない系というか脇に下種の脇悪役がいるタイプのシリアスで、BLだしちゃんと収まるとは思っていつつも話がハッピーエンドで終わるかちょっとハラハラしてしまったという。カップルの恋の進展よりサスペンスものとしての読み応えが強かったかも。いやBL方面もきっちり萌えたけど。
攻はSで意地悪、なんだけどメンタル面は受にメロメロなところが可愛く、本当に受が大変なときは優しかったり助けたりという王子的キャラになるとこがツボどころかな。あと受の一途なところとか。時代がかっている印象もあるけどドラマチック展開は面白かった。乳首ピアスは痛そうだけども・・当人が望んでいる流れなのでまあ良し。
最後にクラブのエピソードが出てて、はじめの設定は伏線だったのね。
白い羊の黒い夜
秘書のことが実は好きだった室長が、秘書の送別会で酔いつぶれ気がついたらのっかかられて。実は両想いでしたという話。最後のオチがベタだけど笑える。
きみにだけダメ
クラスの落ちこぼれ山賀が好きな委員長・清藤が、クラスメートと落ちこぼれの子が大学に受かるか賭けをし、自分だけが合格に賭けたことから、半ば強引に山賀の家庭教師をすることになり、という話。解けないとおしおきとか家庭教師ものにあるある的なエロシチュエーション満載という。のわりにきちんと青春ものとして物語もきちんとまとめているところが良いな。すっごいもったいない気もするけど当人がきちんと選んだならそれ以上言えないよね・・。

深井結己
花音コミックス全1巻 / 芳文社
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★☆☆

作品名あ行 , 著者名は行 [ ボーイズラブ ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る