comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■色兼ネル

河惣益巳

Amazon
色兼ネル をAmazonで見る

大手百貨店の若き社長は、あるパーティで歌舞伎役者に殴られ気を失った女形を助ける。このことで破門にされた女形を地元名古屋に連れ帰った社長は、女形に再び役者として舞台に立てるよう取り計らうことにする。
大正の世、歌舞伎の世界を舞台にした人間模様を描いた物語。
女形、歌舞伎界の内情、陰間茶屋、そして関東大震災を生き延びた二人は名古屋へと戻る。女形が役者としてたてるようになるかということ、社長の許嫁との結婚のこと、女形と社長の関係においての女形の複雑な心情、そりの合わない親族たちとの関係のやっかいさ、同時進行で中々に複雑・・・。
当時の歌舞伎世界の事情とか世情とか丁寧に描いている印象。そのぶんエピソードがちょっと詰まりすぎていて読み込むのに時間がかかりましたがそれもまたよし。パトロンと役者の艶な関係は出てくるけども、今回は不思議設定はないのかなあ。そのほうがいいんだけども。それにしてもやっぱ画面が華やかですわ。

河惣益巳
花とゆめコミックス全4巻 / 白泉社
ジャンル:少女・ドラマ / 好み度:★★★☆☆

作品名あ行 , 著者名か行 [ 少女漫画 ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る