comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■ケモノシマ

伯林

Amazon
ケモノシマ をAmazonで見る

臨海学校でやってきた離島で中学生たちが犬たちに追い詰められ宿舎に籠城するが・・。閉ざされた離島を舞台にしたサバイバルサスペンス。
異変の予兆から始まるのではなくいきなり追い詰められた状況で始まるサバイバルもの。臨海学校でやってきた中学生たちが宿舎に籠城、外には人と見れば襲いかかる凶暴な犬たちがうなりをあげている。大人は不在、中学生だけというのもありパニックになったり、迂闊な行動や勝手な行動が目立ち、犠牲者は増えていく一方という状況。
全員をまとめきれる人間の不在による中学生同士の衝突とか個々人の行動の過程、凶暴化した犬の危険性を含めた特徴を見せつつ話は進んでいく模様。こどもたちだけのサバイバル、という点ではわりとリアリティがあると言えるが続きが気になるような構成ではなかった。
監修の人がいるということは獣の特性とか身体能力を監修だろうし、帯とか見ると、どうも襲いかかる犬たちはごく普通の犬らしいし、獣と人間の戦いでどっちが勝つかみたいなのが主題の模様。

伯林
MFコミックス フラッパーシリーズ全3巻 / メディアファクトリー
ジャンル:青年・サバイバルサスペンス / 好み度:★★★☆☆

後々、犬以外の島の獣も凶暴性を増しているかんじでした。だからイヌシマじゃなくてケモノシマなのか。

作品名か行 , 著者名は行 [ 青年漫画 ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る