comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿

木々津克久

Amazon
兄妹 少女探偵と幽霊警官の怪奇事件簿をAmazonで見る

名門高校に入学する少女には失踪して2年がたつ警察官の兄がいる。しかし彼女は兄はすでに死んでいることを知っている。なぜなら骸骨の姿の兄の幽霊が傍らにいるから。周囲で起こる事件を幽霊の兄と生者の妹が解決していく中で兄の死の謎は解明されるのか。
働く父母の代わりの家事・雑用・弟・妹の面倒・勉強と忙しい日々をすごす主人公の少女は、世間では失踪中となっている警察官の服を着た骸骨の姿の兄の幽霊と再会する。主人公以外には兄は見えず、兄は死んだときの記憶が曖昧、言葉も途切れ途切れといったかんじ。途中で兄は何者かに後頭部を殴られ絶命した可能性が高いことが示唆され、物語の主軸となる。兄の幽霊は他の幽霊の所行が見えたり災難を予見できたりする一方で幽霊故に物理的に接触できないなど不便なこともある、という設定。そんな二人が周囲で起こる事件や出来事に関わっていく、というオカルト探偵みたいな内容。
兄と妹が双方得手不得手を補い合って解決していくパターンのようで、あっさりとはいかずハラハラする展開も多々あって物語として読み応えがあるし、兄の死の真相という大きな伏線が根底にあるため謎を解いておしまいというパターンのみならずストーリー性が高い構成になっている。
前作と違ってエピソードの区切りはちょっと曖昧で1エピソードに割かれるページ数も前作より多く、オカルト要素が濃いと同時にミステリ方面においてもじっくりと描かれている印象。
主人公のキャラは前作と似てるかな。多忙ゆえの行動力とあっさりした性格は好感が持てる。

木々津克久
少年チャンピオンコミックス全7巻 / 秋田書店
ジャンル:少年・ミステリドラマ / 好み度:★★★★★

おすすめ , 作品名か行 , 著者名か行 [ 少年漫画 ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る