comics REVIEW2 |HOME|TOP|

■ダブルゲージ 

沙雪

Amazon
ダブルゲージをAmazonで見る

疫神(ギフト)戸呼ばれる様々な感染症が蔓延する世界で、その疫神を治療する組織に属する虚弱体質の薬剤師の男性は相棒の毒舌少女と共に疫神に対峙するメディカルファンタジーアクション。
感染症の治療といっても目に見える系というか疫病神を退治する内容なので、病気の治療というコンセプトをエンタメアクションファンタジーぽく作られた話というかんじ。
虚弱で常に体調が悪いという男子のキャラ設定は面白いし、相棒の毒舌少女のキャラ設定や掛け合いも軽快。ギフトがどのように患者に絡んでいるかという謎解き要素も結構作り込まれていて退屈せずに読める内容だった。
薬剤師なのに注射が武器っすかと突っ込みたくなるがそれを言っては野暮・・(笑)注射のときのお約束の台詞もうまく見せ場に使われているところは好き。
病理というテーマのためか中々に絵面的にエグい展開もあるが元の絵が丸みがあるというかアニメっぽい絵というかなのでグロさはさほど感じず。今時のノリを感じずにはいられない構成ではあるが素で楽しめた。
個人的にはジーンというよりガンガンぽいノリだなあと思わなくも。

沙雪
ジーンコミックス全6巻 / メディアファクトリー
ジャンル:少女・SFファンタジー / 好み度:★★★☆☆

作品名た行 , 著者名さ行 [ 少女漫画 ]







【リンク】
Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る