comics REVIEW2 |HOME|

■漫画感想2

2011年1月以降に発行された漫画の感想。

内容説明

2011年1月~2016年12月に初巻が発行されたタイトル対象。
2010年12月以前初巻発行タイトルは漫画感想をご覧ください。
現在はほぼ緑画舎まんがブログの再録です。
詳細は漫画感想2概要をご覧ください。
トラックバックやコメントは現在受け付けておりません。コメント等はブログのほうでお願いします。

インデックス

作品名|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行
著者名|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行
その他|おすすめお気に入り短文感想月別未読RSSブログ

ジャンル


おすすめ・お気に入りタイトル25選

1  2  3  4  5

師匠シリーズ / 片山愁 / 原作:ウニ

Amazon
師匠シリーズをAmazonで見る

原作は小説?物語の主人公である男子大学生は、受験期の体験からオカルトに興味を持っており、サークルの飲み会で出会った先輩と関わることによりさまざまな心霊現象を体験する話。
主人公がオカルトに精通しているその先輩を師匠と呼ぶことからのタイトルのよう。直球のオカルトホラー、物語として成立していないような構成だが、著者自身の体験だったり見聞きしたことが元になっているのなら納得はいく。ホラーものでは整合性の無さは逆に強みというかリアリティを感じさせる味をつけているのだが。
作画担当は、綺麗な絵柄なのにホラーに合う筆致。恐怖感を煽るだけでない魅力を描く技量は卓越している。

原作:ウニ / 漫画:片山愁
ヤングキングコミックス1~ / 少年画報社
ジャンル:青年・ホラー / 好み度:★★★★☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

恋愛視角化現象 / 秋★枝

Amazon
恋愛視角化現象をAmazonで見る

思春期に恋をすると角が生える世界を舞台にした恋愛人間ドラマオムニバス。
内容的にはよく見られる恋愛物語、なのだが一捻り加えた設定として、恋愛感情が角という形で視覚化されるという設定がついてくる。1組のカップルの話でなく、様々なカップルを描いたオムニバス形式。
本来見えない・隠したい気持ちが隠せない、逆に無いものを在ると見せられるという妙が活かされる設定が上手い。
自覚するほどにボーイフレンドに恋をしているのに角が出ない女子、クラスメイトに恋をしたが友人に先を越されてしまった話など。美男子と地味女子のすれ違いな恋愛模様の話が凝っていて、意地悪美人と、ちょい強面でモテにくいタイプだが客観的に他者を分析する男子が絡み、後味が悪いと見せかけてどんでん返しが待っている。どの話も見応えがあるし、人物の忌憚ない心情が印象に残る話ばかりだった。

秋★枝
ヤングジャンプコミックスウルトラ全2巻 / 集英社
ジャンル:青年・恋愛・ドラマ / 好み度:★★★★★


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

共学高校のゲンジツ / 伊丹澄一 / 原作:さぬいゆう

Amazon
共学高校のゲンジツをAmazonで見る

共学の高校を舞台にした、ドラマが起こりそうで起こらないごくごくリアリティある凡庸な日常の一コマを描いた学園コメディ。
学園もの、なのだが劇的なドラマがあるわけでないわりとあるあるな出来事を、ショートショート並の短さでもって漫画的に魅せる構成で描いている。
期待値が大きいイベントが起こり・・そうで収束するってかんじの残念なエピソードにどことなく脱力感を覚えてしまうがそこが面白いお話。突き抜けたキャラを作らずファンタジーなご都合主義もない。そこかしこにフラグが立ちまくっているのに合致しないもどかしさ。客観的な視点の読み手にまどろっこしさを与える構成、現実はつまらない、に面白みを感じさせる構成が良い。
こういうタイプの話は実に好みなのだが感想書くの難しい;とにかく読んでみようよと言うしかないw

原作:さぬいゆう 漫画:伊丹澄一
ビッグコミックススペシャル1~ / 小学館
ジャンル:青年・学園・コメディ / 好み度:★★★★★


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

のぼさんとカノジョ? / モリコロス

Amazon
のぼさんとカノジョ? をAmazonで見る

人の良い青年は格安で借りた部屋で見えないカノジョと同居している。そんな非日常的な日常を描く物語。
人が良いというかおんぼりとしているというか癒やし系というかな青年が主人公。その素朴でゆったりとした気質が周囲に好まれ、なにげにモテる大学生。そんな彼には、その行動からどうも同棲相手がいる雰囲気。しかし彼が帰る部屋には誰も居ない、というか見えない、なぜなら同居人はその部屋に棲み着いた幽霊なのだった。
主人公が入居当初は幽霊女子は迷惑なポルターガイストを起こし続けていたが、主人公の方向性がちょっとズレた文句からの和解。仲良くなったふたりは同棲と共同生活の境目的な風情でそれなりにいっしょに暮らしている日常を描いていく展開。
主人公の、人当たりが良く人が良い、いい意味で鈍いところがある絶妙のキャラ設定が物語を面白くさせている。一方で幽霊の女子はいろんな意味で女子で可愛いキャラ。ポルターガイスト?と器用に使い家事・雑事を行うとか、ボードで意思疎通するとか、細々した生活設定が良い。
あと主人公の「同棲相手」に興味津々の友人達、主人公に惚れていてまめにおすそわけをもってくる同じアパートの住人女性など、脇役のキャラの動かし方もうまい。
青春・恋愛ものって苦手なノリの話が多いのだがこちらは本当に読みやすいというか心にすとんと入る話だった。日常系に見られるまったりさとカノジョの状況からのシリアス展開も、押しつけでない自然な作風が活きている。

モリコロス
ゼノンコミックス全8巻 / 徳間書店
ジャンル:青年・恋愛・コメディ / 好み度:★★★★★


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

ポイズンガール / 瀬野反人

Amazon
ポイズンガール をAmazonで見る

毒蜘蛛に噛まれたことから毒属性・・もとい毒舌になってしまったという設定の女子とクラスメイトたちのハイスクールライフコメディ。
主人公は毒蜘蛛に噛まれてから毒舌になってしまったという体の女子。見た目は可愛く本当は心優しい優等生なのだが、気遣いや励ましなども含め語る言葉はすべて毒舌に変換される、というキャラ。
そんな主人公に加え、天真爛漫というか脳筋というかな女子、理屈系で委員長気質はキャラだけのぼっち体質眼鏡女子、名は体を表すM気質男子、コミュニケーションは接待と同義の不器用な隠れマッスル女子が周囲を固める。主人公の毒舌を浴びつつも毒舌を受けるだけに終わらず各々の個性を発揮する構成。ともすれば嫌悪を感じる設定にも関わらず、嫌味なくうまいこと中和され面白さを醸し出す作風はさすが。なんのかのと仲のよさげなノリが好き。毒舌と罵倒は違うわけで、的を射ているだけに刺さる言葉の羅列も見所かと。
あと表紙では題名のロゴよりヒロインの毒舌台詞のほうが目立つデザインが印象深い。

瀬野反人
バンブーコミックス 4コマセレクション全3巻 /竹書房
ジャンル:4コマ・コメディ / 好み度:★★★★★


投稿者 higure : アーカイブ | △UP
1  2  3  4  5







Powered by


緑画舎HOMEPAGEへ戻る