comics REVIEW2 |HOME|

■漫画感想2

2011年1月以降に発行された漫画の感想。

内容説明

2011年1月~2016年12月に初巻が発行されたタイトル対象。
2010年12月以前初巻発行タイトルは漫画感想をご覧ください。
現在はほぼ緑画舎まんがブログの再録です。
詳細は漫画感想2概要をご覧ください。
トラックバックやコメントは現在受け付けておりません。コメント等はブログのほうでお願いします。

インデックス

作品名|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行
著者名|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行
その他|おすすめお気に入り短文感想月別未読RSSブログ

ジャンル


おすすめ・お気に入りタイトル25選

1  2  3  4  5

魔法が万能だなんて言ったやつ誰だ!? / 松崎豊

Amazon
魔法が万能だなんて言ったやつ誰だ! をAmazonで見る

学校中の女生徒に常に追いかけられるほど人気の生徒会長を思う黒魔術魔女の女子高生のはた迷惑な恋のアタックとそれに振り回されるカラスの使い魔や白魔術魔女たちが繰り広げるハイテンションなマジカル学園コメディ。
主人公は黒魔術の魔女。学校内で人気者の生徒会長に恋心を抱くも多くの女子生徒に阻まれままならない。で、彼女は女子生徒を蹴散らすため地獄の悪魔を召喚したり危険度の高い魔術を使ったりとあさっての方向に邁進する。で、玉砕したり失敗したりが常。常識人?の使い魔のカラスがとばっちりだったり逆恨みでいじられる。また同じ学校に純朴な田舎娘のようなキャラの白魔術魔女に助力を仰ぐもはちゃめちゃな展開に、といったかんじでハイテンションなギャグが続く構成。
主人公とカラスと白魔女の会話ややりとりがとにかく小粋で軽快、キャラの台詞回しが秀逸すぎる。脇キャラが俺様な気質の主人公に振り回されるタイプの話は苦手なんだけど、この作品はいやな感じがしない。使い魔烏の、主人公の突き抜けた行動や自分への仕打ちへのツッコミの台詞が巧い、白魔女もいろいろと難儀な目にあっていても烏がフォローしているからなんかほっとするし、ってのがあるからだろうなあ。
絵は正直、あまりうまいとは言えないけどキャラの動かし方が巧い。メインキャラはいうに及ばず、召喚される悪魔すら愛すべきキャラクターという(笑)でもまあ作品を面白く感じさせるMVPキャラはやぱり使い魔の烏だろうなあ。おすすめです。

松崎豊
アクションコミックスコミックハイ!全2巻 / 双葉社
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★★★


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

一変世界 / 明治カナ子

Amazon
一変世界 をAmazonで見る

その世界では、神の森の中心にある女神の神殿が信仰の中心であり、生活の中心であった。現在は神殿の長である大巫女がおらず、大巫女見習いの少女プーリョが修行を積んでいた。神殿の隠された真実、先代の大巫女の謎が絡んだダークファンタジー絵巻。
著者の魔法使いと弟子の話に近いなあと思った。魔法とか不思議現象が常にあるファンタジックな世界観だが、薄ら寒い展開や場面があるのも特徴。主人公は神殿の長である大巫女になるための修行中の見習いだが、なかなかに貫禄があるというか神殿の理をよく知っているかんじ。まあ適性というか素質が十二分にあるからなったっぽいのだが。
淡々と、現実では見られない現象や展開が続き、その中で物語の肝の部分が徐々にわかってくる構成。じっくり読むと味が出てくる作品というべきか。主人公が周囲に振り回されるタイプではないので彼女の付き人が驚く役どころみたい。なんというか訳知りの不可思議な人外?神?にぼーっとしてると足下を掬われちゃってそのまんま、なパターンがよくあって、虚を突かれた軽い衝撃が印象に残る。他にない不可思議な世界観の構築とキャラ設定が興味深い物語。

明治カナ子
バンチコミックス1~ / 新潮社
ジャンル:青年・ファンタジー / 好み度:★★★★★


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

ダンジョン飯 / 九井諒子

Amazon
ダンジョン飯 をAmazonで見る

金子が心許なく携帯する食料代を節約するため狩ったモンスターを現場で調理して食べつつダンジョンに進む一行を描いたファンタジー探索グルメ?活劇。
大規模な階層ダンジョンがあり、様々な冒険者たちがダンジョンに潜り探索することが日常の世界。ダンジョンの深部でドラゴンに襲われ妹が喰われてしまった戦士の男性は、消化される前に妹を救うことを決める。しかしほうほうの体で逃げたため資金が乏しくパーティから脱退した者もいたが採算度外視でつきあってくれる仲間もおり、三人パーティで挑むことに。
で、戦士の男性は食料代を節約するため、探索途中で狩ったモンスターを食べることを提案する。モンスターを食べることに関して素人だけでは話が円滑に進みにくいためか、途中でモンスター料理を研究するドワーフが仲間に入り、モンスターを狩っては料理をする、というエピソードが主軸となっている。変則ファンタジーグルメというかサバイバルグルメというかゲテモノグルメというか。
架空のファンタジー世界観でモンスターが調理対象、なのだが某RPGのモンスターのように現実世界に似たモンスターが多く架空とはいえそれなりに既存の食材や調理による味覚に想像の余地があるところが素晴らしい。特に「動く鎧」の正体というか生態の設定は思わず巧い!とうなってしまうほど秀逸だった。
主人公の戦士は前々からモンスターを食べることに興味を抱いていたとか一歩間違えるとアレな設定もいい意味で生暖かい目で見れたり、未知の食材に拒否を示すごく当たり前の反応に思いっきり納得したり、ドワーフの研究熱心さと手際の良さに感嘆したりとどのエピソードもものすごく見応えがあった。
著者の話は前々から好きだったんだけど短編ばかりだったので長編はどうだろう・・とちょっと思っていたけど杞憂でしかなかったwめっちゃ面白い。墓まで持って行きたい傑作。

九井諒子
ビームコミックスハルタ1~ / エンターブレイン
ジャンル:青年・ファンタジー / 好み度:★★★★★


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

女の友情と筋肉 / KANA

Amazon
女の友情と筋肉 をAmazonで見る

幼なじみ3人の女性たちとその周辺の恋愛と仕事と友情を描いたマッスルコメディ4コマ。
主人公は、OLやアパレル業など社会人の女性3人。幼少期からの幼なじみで仲の良い彼女たちの友情ものであり、各々恋人がおりパートナーとの恋愛ものでもあり、各々の仕事の悲喜こもごもを描いたお仕事ものでもある。
ただ他と違うのは、題名からも想像がつくが3人とも見事な筋肉を持ちパワーも格闘術もずば抜けているということ。とはいえ、周囲からはマッスルキャラは受け入れられて、というかむしろ突出した優れた個性として評価が高いという設定。女子力=戦闘力のような様相で。彼女たちのけっこう充実した生活を描きつつ、人生の岐路がおとずれ、悩みがあったり選択を迫られたりといった展開もあったり。
コメディらしい突き抜けた設定を上手にリアリティのある流れに組み込み、コメディとドラマを両方楽しめる秀作。登場人物たちの心持ちとか発言とか、素で心を射貫くものが多いなあと感じる。4コマという体裁もあるのだろうが、余分なものをそぎ落とし伝えたい要点をバシッと表現している印象。三人娘は基本まじめで前向きで普通、ってところが良い。

KANA
星海社コミックス1~ / 星海社
ジャンル:4コマ・コメディドラマ / 好み度:★★★★★


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

ちちとこ  / うち子

Amazon
ちちとこをAmazonで見る

イクメン教師と予測不能の行動をする幼児の息子。現在二人暮らし中の父子を中心に描かれる日常コメディ。
高校教師の父親と幼稚園児の息子の話。母(妻)は不在でアパートで二人暮らし。無邪気な暴れん坊の息子に翻弄されたり、自身のうかつな行動に目をそらされたり、家主や同じアパートの住人との交流とか、息子の幼稚園関係のつきあいとか、まあネタ的にはごくごく日常のものが多い安定した内容。のほほんとした雰囲気のおやつ的な作品だがキャラ設定と読み物としての面白さのバランスが絶妙だなと感じる。上手すぎず下手すぎない絵柄がまた作風にあっている(褒めてます)。
息子の暴れん坊っぷりは、まあ男の子を持つ人にはあるあるある・・なネタが多い気がする。漫画なら多少は誇張した演出もあるだろうが・・いや・・そのままあるわ・・(笑)
母親は不在だが離婚とか死別とか辛い理由ではなく、某ファミレスに出てくる人のようにグローバルスケールで絶賛迷子中、という設定。レーベルの伝統になるのだろうか、この設定・・。
父親は今はおだやかだが元ヤンキー、息子の幼稚園での交友関係方面のネタ、など1つの設定からのエピソードの広がりが地味にすごい。あと、主人公の父子は親子というよりでこぼこ漫才コンビのよう。息子が父親を名前で呼んでいるからか。もちろん親としてのしつけはあるけど何が悪いかきちんと息子に言い聞かせるしかり方が多いし、あとはあっさりしてるところがなんか良い。

うち子
ガンガンコミックス / スクウェアエニックス
ジャンル:コメディ・少年 / 好み度:★★★★★


投稿者 higure : アーカイブ | △UP
1  2  3  4  5







Powered by


緑画舎HOMEPAGEへ戻る