comics REVIEW2 |HOME|

■漫画感想2

2011年1月以降に発行された漫画の感想。更新は現在感想ブログにて行っています。

内容説明

※このコーナーでの更新は停滞中。現在緑画舎感想ブログにて記事の追加を行っています。
2011年1月~2016年12月に初巻が発行されたタイトル対象。
2010年12月以前初巻発行タイトルは漫画感想をご覧ください。
現在はほぼ緑画舎まんがブログの再録です。
詳細は漫画感想2概要をご覧ください。
トラックバックやコメントは現在受け付けておりません。コメント等はブログのほうでお願いします。

インデックス

作品名|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行
著者名|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行
その他|おすすめお気に入り短文感想月別未読RSSブログ

ジャンル


おすすめ・お気に入りタイトル25選

1  2  3  4  5

赤橙(せきとう) / 小川亮 / 原作:大部慧史

Amazon
赤橙(せきとう)をAmazonで見る

高校生探偵、のような立ち位置で警察に助言し事件を解決する男子。彼は金持ちの次男で幼少期より親しい同年代のメイドがいる。品行方正で聡明な彼だが当人にも知らないある特殊能力がある。そして主人公が逮捕に協力した連続殺人犯の脱走と主人公の屋敷で起った悲劇から唯一の大切なメイドの女子を守るため主人公は闇に転じる。
主人公が探偵役の単純な推理サスペンスものかと思ったが超能力的な要素も加わり、むしろ主人公自身が罪を犯す側になるオカルトクライムサスペンスになっていく。時系列が前後というか過去語りのト書きのモノローグで話を進めるので読みにくいかもしっれない。物語の視点が主人公に固定していないのも要因かな。
原作つきだから漫画にすると難解になるタイプなのかも。初見ではとっつきにくかったがじっくり読めば面白くなってくる。

原作:大部慧史 漫画:小川亮
少年マガジンコミックス全3巻 / 講談社
ジャンル:少年・クライムミステリ / 好み度:★★★★☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

魔王様ちょっとそれとって!! / 春野友矢

Amazon
魔王様ちょっとそれとって!!をAmazonで見る

「檻」に閉じ込められた伝説の魔王(女性)と魔法使い(勇者PTメンバー)ほかの素っ頓狂で割れ鍋に綴じ蓋な掛け合いを楽しむ作品。
冒頭は唐突に美少女が中二的必殺技を叫びながら胡散臭そうなイケメンと卓球をする場面から始まる。題名からもわかるがRPG的話なん伝だろうが・・・。蓋を開けてみると美少女は伝説の魔王で、閉鎖空間に封印された・・のはわかるがなぜか、勇者側の魔法使いも一緒に封印されてしまっているらしい。事後からはじまり世界観とちぐはぐな人物の行動、魔法使いにいいように言いくるめられるピエロ状態の魔王と、胡散臭い微笑に飄々とした雰囲気と欲に忠実なマイペースな魔法使いのやりとりが見所。
まあ後々キャラも増えますが、残念なキャラばかりという。
著者てぃーふらぐの人のようでなるほど、と思った。絵はシュッとしているというか萌え系だけどけっこうクールな絵柄というか。ジャンプ系ではあんま見られない絵柄と思うのは浅慮だろうか。
ばかばかしくも妙に高いテンションのやりとりを好む人には楽しめるお話。個人的にはてぃーふらぐと同じくアニメで見てみたい気がする。

春野友矢
ヤングジャンプコミックス1~ / 集英社
ジャンル:青年・ファンタジー・コメディ / 好み度:★★★☆☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

謎解きドリル / 河添太一

Amazon
謎解きドリルをAmazonで見る

ベクトル斜めな設定と切り口で描く素っ頓狂で意外に正統な女子高生探偵コメディ。
主人公は女子高生、なのだが女子高生探偵という肩書きに固執するあまり3度目の高校三年生を迎える19歳。唐突に遭遇する事件に首を突っ込む様式美はよしとして、当人はかなりのおっちょこちょいで自己顕示欲が高く精神年齢が子供というかおつむがちょいゆるめ。実際の推理は助手の役どころの別の女子高生が的確に進めるというグダグダな展開。
ヒロインと助手の関係も微妙なところが印象深い。助手のヒロインに対する扱いはぞんざいというか、言葉は丁寧だけどけっこうディスっているというか。かといってヒロインを毛嫌いしているわけでもない・・この関係をどういうんだっけか。ブラックジョークのような人物同士のやりとりに推理・探偵もののいい意味でふざけたパロディを加えた内容。ヒロインの自由な発言ぷりも特徴か。個人的にはイラっとくることもあるけど味もあるのも確かで(笑)個性が強いキャラに目がいくが推理要素は、突っ込みを入れたくなるようなザルな事件のようでミステリとしてはわりと巧く作られている印象。

河添太一
ガンガンコミックスONLINE全3巻 / スクウェアエニックス
ジャンル:少年・ミステリコメディ / 好み度:★★★★☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

2016年11月発売分短文感想(2) / 少年漫画・青年漫画

誰が賢者を殺したか? (ジャンプコミックスDIGITAL)
奈々本篠介 三雲ネリ
過去に世界規模のサイバーテロを起こした集団のハッカーの一人が殺された。自然主義の清教徒(アーミッシュ)の村に住んでいた少女の父だったのだが、父を殺した犯人を捜すためFBIと行動を共にすることになる。過去のサイバーテロ事件とハッカーの死をめぐる近未来サスペンス活劇。攻殻みたいに生体と仮想空間が直でつながる技術が一般化した時代でサイバーネットワークが主題となっている一方で文明と乖離した生活を営んでいたヒロインがカギとなっているかんじ。絵はメリハリのある線画なので読みやすくはあるがアクション方面の魅力は薄い。謎解きのほうに重きを置いて読むには向いているかんじ。1巻の引きはなかなかにインパクトがある。 複数巻。


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

秋津 / 室井大資

Amazon
秋津をAmazonで見る

奇行と暴言を繰り返すメンタル弱くて面倒くさい中年男性漫画家と、その姿を見て反面教師で育った彼の小学生の息子の日常コメディ。
一応漫画家として職を持っているものの、突拍子もない持論と行動で周囲を困らせるめんどくさいタイプの父親を持つ小学生男子が主人公かな。
母親は見切りをつけて家を出ていっており、父親の奇行をずっと見ていたせいか反面教師的にあらゆる物事に対し達観した風情がある。駄々をこねる子供のような父親を諭す息子の図による逆さまギャップを肝とするコメディのよう。父親の言動には正直イラッとするが息子のいなす対応に天晴さを感じる。
父親の作品に対する冷静かつ的確な批評はすごい。そしてそれがわかる父も愚鈍ではないようだが・・。
また息子は漫画家などの系統の世界に入りたくないと思いつつ、片思いの同級の女子は父親よりの気質のようで苦労が絶えない設定も巧い。あと息子とはベクトルで落ち着いているアシの男性のキャラも印象深い。
自分の欲に忠実で我慢しないダメ親父ではあるが全方位クズというわけでもないあたり、じゃりん子チエの鉄っちゃんを思い出す。傍から見るといい父親の面もあるのだが現実だとなかなか厳しいよなあ・・。

室井大資
ビームコミックス全2巻 / エンターブレイン
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★☆☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP
1  2  3  4  5







Powered by


緑画舎HOMEPAGEへ戻る