タグ「ボーイズラブ」が付けられているもの


三月某日、クマを拾った (バンブーコミックス 麗人セレクション) 高緒拾
美術系大学受験の予備校の寮を舞台にしたBL連作集。表題作は、寮に住む講師が自暴自棄な青年を拾ったことから始まる物語。講師の愛称と青年が亡くした親友の愛称が同じというのがきっかけで、過去に囚われた青年を講師が拾い上げる的な話かな。出会ったときがクマのようにぼっさぼさだったからのよう。あとの作品は寮の同室であるハルとナツの二人を中心に描いたシリーズ。美術・芸術系の若者たちの話だからか自身の感性に阿るというか感性の赴くままの言動が多くて文学的な雰囲気。絵柄も雰囲気も好ましいけど物語自体は難解という印象も。★★★


ねこかぶりねこ (バンブーコミックス Qpaコレクション)  森嶋ペコ
ねこかぶりねこ・ぶきっちょバンビーノ・純愛カルテット・半熟ストロベリー・完熟ストロベリー・飼い主以上恋人未満・我が輩はトカゲであるを収録したBL短編集。最初の3作品は同じ世界観で2つのカップルを描いた話。柔和だけど押しが強いメガネ御曹司×生意気気質のバーテンダーとバーテンダーの兄の教師×元教え子。各々のカップルの馴れ初め話と4人が登場する話。あとは幼馴染みをオカズに乳首自慰をしていたらかなり敏感になった男子の話、猫大好き男子が酔っ払った先輩になし崩しに同居することになる話。可愛い系の絵柄で柔らかい表情が印象的で好み。どの話も可愛いしBL描写も萌える(笑)話の流れもスムーズでほんわかとした。個人的に最後の話が読み応えがあった。★★


夏色モラトリアム (バンブーコミックス Qpaコレクション) 森嶋ペコ
手芸の趣味を周囲に嘲笑されいじめにあった少年は全寮制の山奥の男子校に転入する。寮の自室に入ると同室の生徒がお楽しみ中で・・という始まりのキムジナウム風の学園BL。同室の生徒はかなりの美少年な上性に奔放で天然な気質のよう。だが転校生は自分の過去の傷に寄り添ってくれた相手を好ましく思い、彼の生活を改めようとする。つか暢気なビッチ受に見せかけて彼自身もヘビーな過去がありその奔放さは深い理由があったという。定番設定ながら中々に魅せる展開と構成。秋色ノスタルジーは表題作で正義の味方的立ち位置の教師の過去話。こちらもノスタルジックというかせつない系かな。matineeとsoireeは小規模な劇団の団員同士の話。演劇界隈は不勉強なので話は今ひとつ読み込めなかったがBL方面は楽しめた。★★★


ハツコイエナジックローション (バンブーコミックス 麗人セレクション)  鬼嶋兵伍
表題作ほか日曜日はテーブルゲームで。・ひつじのるすばん・宵の石楠花・あのこをペットにしたくって・北国恋旅情ほかを収録したBL短編集。表題作は化粧品企業の変わり者の研究者とその部下の話。端的
に言うと化粧品の性能を確かめるモニターという体でローションプレイする話(身も蓋もない)他はテーブルゲーム好きの高校生と店長の話、ホストクラブのボンボンオーナーとパトロンの物書きの話、芸大進学を家庭の事情で諦めた浪人生は古い桶屋の爺さんの姿をデッサンする話、芸人とタクシー運転手の話など。純なプラトニックからすれ違い系、年の差など様々なシチュエーションが多彩だし短編の物語として構成・演出共に上手くまとめている。唯一中途半端?と思う話もあったけどおまけ漫画でしっくりきたし。絵の技術も表現力も高い印象。絵柄はどちらかというとマッチョ系。人物描写が自然体なのが良い。★★★


キチク、エンカウント (バンブーコミックス Qpaコレクション) おわる
完徹明け社畜SEのリーマンは早朝の電車で帰宅中、お気に入りのAVの声が聞こえてきた。スマホの音漏れが原因でその主は意外にも遊び人風のイケメン。成り行きでイケメンに連れ込まれ、という話。強引な攻めに振り回される小柄な受というシチュ。コンセプト的に無理矢理展開が多いがまあすぐにいい関係になるので悲壮感は少ない。絵はとても美麗で質も高い。キャラの表情が多彩なのも良い。AV女優のあえぎ声がBGMというニッチな設定が印象深い。とにかくH重視の作品。物語も恋愛過程もHに至る前フリな位置でしかない印象。特に攻の複雑な家庭環境エピソードも話に入るが中途半端すぎて入れた意味が不明。同時収録はお願い!!ワンナイト・スタンド。★★


アナタノ甘イ蜜 (バンブーコミックス Qpaコレクション)  万智田すみ
雨宿りに駆け込んだ先が甘味屋だった青年。彼は甘味が苦手なのだが、美形の店主に勧められた甘味はとても美味だった。そんなきっかけから店主に惚れた青年は店長に対して妄想が止まらなくなりという話。恋慕して妄想が暴走したり、自分の女友達や店主の弟子に嫉妬で暴走したりとガツガツと忙しないヘタレ系攻主人公。話の最後は逆に店主からのアプローチで締めているあたりは面白かった。そしてBL界においての女子キャラはぞんざいな動かし方をするなあと思った話でもあった。同時収録はルームメイトは××××がお好き。マニアックというかフェチが主題のよう。いかにも展開とフェチ系はあまり萌えないのでこちらは可も無く不可も無くだった。

内緒のふたり他ボーイズラブ3件 


内緒のふたり (あすかコミックスCL-DX)  毬田ユズ
内緒のふたり・おまえは俺にくびったけ・職場恋愛のススメ・ほんとの気持ちは?・恋しさあまって他を収録したBL短編集。表題作は周囲にクールキャラとして敬遠されている大学助手とそんな彼と恋仲になって浮かれる大学生の話。両思いのふたりが誤解からすれ違う展開。あとは美容院の同僚カップルで髪フェチが主題の話、職場恋愛を避ける信条の青年が無表情な新人を好きになる話、誤って怪我をさせた相手の面倒を見ることから始まる恋愛、一目惚れした相手の職場に頼み込んでバイトに入る話。短編なので物語としては王道というか定番だしHに至る心情描写もありきたりな印象。だが等身が高くデッサンが巧い絵、BL描写の質と配分がツボだった。


おさななじみはカワイイ恋人。 (バンブーコミックス Qpaコレクション)  高橋あさみ 
表題作ほか個人指導は部活のあとで・ナイショノ話は放課後に・この恋、予測不能・転校生と初夜したい・気付けば君のことばかりを収録したBL短編集。表題作は古書店店主と住職の幼馴染みBL。住職がセクハラを受けるたびに幼馴染みの店主を求めてくる話かな。ジャンル的には誘い受になるのか?他は柔道部の先輩後輩の話、ヤクザの息子でホストの青年と男の娘の話、窮地を救ってくれた相手に一目惚れしたので生来のキャラを隠して相手に近づく話などなど。正直、話は適当でBL描写メインと言って良い作品集。繊細で柔らかい印象の絵柄だしBL描写の構成は巧い。ワンパターンじゃないのがいい。好みは話重視だけどこの作品は良いと思う。


くさかんむりに化けると書いて (バンブーコミックス Qpaコレクション) 蔓沢つた子
同じアパートのお隣さん同士で恋人同士のふたりの話。冒頭からカップルで始まるBL。イケメン攻は同棲を望むが元オネエ受は過去の経験から保留。懸念なのは自分の独占欲の強さ。のっけからラブラブっぷりがすごく不器用な受に愛情を惜しみなく注ぐ攻というかんじ。ほのぼの系かと思ったらなっかなかにBL描写が濃い。擬音めっちゃ多い(笑)だが気持ち良さげなカップルは良い(笑)受の弟君もかわいいね。同時収録は新妻くんと新夫くん。こちらはがっつりというか突き抜けカップルというかんじだった。


30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしいをAmazonで見る

30歳DTだったので触れた相手の心が読める能力を得てしまった冴えないリーマン。
ひょんなことからイケメン同僚の心を除いたら
同僚の好きな相手は自分と言うことを知ってしまう。
そんな始まりのリーマンピュアラブBLもの。
twitterから人気を博し書籍化になった作品だったかな。
主人公が相手の行動に右往左往したり相手の心を読んで右往左往したり。
なんでこんなイケメンがと戸惑いつつも、自分をちゃんと見てくれている
相手にキュンとしたり、相手の欲とかブラック面を垣間見て面食らったり
と楽しいというかにんまりしてしまう。
相手もただ好きというわけでなくちゃんと人間性を見て真摯に好意を向ける
ってシチュエーションはたまりませんなあ。
あと壁のない心の声の黒かったり白かったりの振り幅が楽しいね。
ほっこり楽しく気軽に読める内容なのはいいですね。
30でDTってリアルじゃめっちゃ居るだろうとツッコんでいたけど
同意見は多かったようで。まあBLはファンタジーだし(笑)
主人公のむっつりDTの恋も楽しい。腐女子キャラもきっちり居ますね。
それにしてもガンガンで書籍化したのか・・。おう・・。

豊田悠
ガンガンコミックスピクシブ1~ / スクウェアエニックス
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★★☆

はらぺこうさぎと恋するオオカミ 神田猫 

強面の社長秘書の青年と貧乏勤労青年のお話。
可愛い物が好きだけど、強面な風貌ゆえにその対象には避けられがちな
社長秘書の青年は、社長のお使いの途中、脱走したらしき、うさぎを捕まえる。
そのうさぎを捜していたのは、うさぎカフェで働く極貧勤労学生の青年。
青年の腹の虫に思わず持っていた菓子を手渡す社長秘書、というきっかけから
二人の交流が始まる。
ほんわか純朴で健気な勤労学生の仕草と、それに胸がときめく(でも表情は堅いまま)の
社長秘書がとても可愛らしい。徐々に縮まる二人の距離の過程も良い。
絵は等身高めで麗美系だけど甘みがあり好み。
同時収録の猫かぶりとけなげな忠犬は、幼馴染みで同居人の二人の話。
身体の関係があるけど曖昧なふたりのお話、かな。
外面は良いけど、素は俺様な攻と、攻に翻弄されつつも憎めないワンコ系受の
カップルというかんじ。
こちらもキャラ設定がわかりやすく、なんのかのと相思相愛で変態要素もある
シチュエーションが見所か。
どちらの作品もカップルのやりとりが萌え所でした。BL描写の配分も好み。

神田猫
あすかコミックスCL-DX全1巻 / 角川書店
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★★☆

やたもも はらだ 

生活能力0のビッチ系受くんと面倒見の良い純朴青年のお話。
受くんがモモで攻くんが八田(ヤタ)で題名がやたもも。
ひょんなことからヤタがモモを拾って家に入れたら、フェラの代わりに居候させてくれと
言われ・・・というきっかけから始まったふたり。
モモはとにかく生活能力がなく、住所不定だし金を得る手段が自分の身体、という自堕落というか
その日暮らし気質というかなキャラ。
つっても色情が高いというより生きる金が入り用なときは、代価がセックスしかないし
まあ嫌いじゃないしという印象なのでビッチというのはちょっと違う気がしないでもない。
悲壮感もないしあっけらかんとしているというかいじけていないっぽいとこがいい。
ハードな環境を生きる手段、と思うと切なくなるところも含めて。
一方、日常生活においては面倒見が良くモモにも甲斐甲斐しく、何のかんのとベタ惚れになっている
ヤタは、絶倫で事後はモモがへっとへとというギャップが萌える。
そういう設定なのでBL描写はけっこう多め。擬音が多く臨場感があるタイプだが
構図など変化を持たせていて描写に飽きることはない。
絵がスタイリッシュだからくどく感じないのかな。
肉体交渉はディープだけどメンタルは純愛物語。ベタすぎずシリアス一辺倒でなく
アンダーグラウンド的要素をふんわりと乗せている作風は好み。
一話目で今現在を描き、その後過去編に行く構成。まあ読み切りから始まったからのよう。
1巻表記がないので単巻かと思ったら続刊出ていました。
BL描写が多い割に物語もきっちり読ませるという満足感の高い作品。

はらだ
バンブーコミックスQpaコレクション3巻 / 竹書房
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★★★

sickほかボーイズラブ3件 


目と目が合ったらサヨウナラ(バンブーコミックス 麗人セレクション)猫田リコ
売り言葉に買い言葉のように上司に恋人関係になろうと言った後輩。つきあい始めた当初後輩がホテルに誘ったが先輩が拒否したことから体の関係もなく3年が過ぎた。いい加減不毛な関係を清算しようと後輩は別れ話をした途端先輩は後輩を犯し、以後終業後誰も居ない職場で睦事を繰り返すようになる。ツンデレというか思ったことと真逆の態度を取る後輩とすれちがう先輩の心情描写ややりとりが萌え所のよう。積んでは崩し、行き違いのせつなさが魅力の作品だった。冒頭のふたりの馴れ初めと関係の変化の話運びは若干わかりにくかったかな。


sick(バンブーコミックス Qpaコレクション) 倉橋トモ
スペックが高く順風満帆でキャンパスライフを満喫していた大学生は、コミュ障というかなにをしても反応が薄い同じゼミの先輩にちょっかいを出すことが日課になりつつあった。そんな中、ひょんなことから先輩に迫りその時にときめいた大学生は以後ことあるごとに迫るようになる。当初クズキャラかと思った大学生がけっこう溺愛方向に行く展開とか先輩の無防備なキャラが萌えポイントかと。絵は柔らかで好み。人物描写もコマ割もこなれている印象。


いじわるしないで、やさしくぎゅっと。 (バンブーコミックス Qpaコレクション) 中井
表題作は勤め先でも馴染めないほど人見知りを治す名目で幼馴染みの商店で接客をすることになる話。幼馴染みBLだがHに至る経緯が結構強引だし攻の性格が馴染めず。気心が知れた相手とはいえ攻の暴走具合は引く。同時収録は第三木曜日のオオカミ紳士。局部のカミソリ負けをした患者と医者の話。医者×患者。おバカ展開だが表題作より微笑ましかった。全体的にH重視タイプで変態ぽいシチュが多い。等身が高く筋肉質系の絵柄。画面構成も大味すぎるし展開も即物的すぎて個人的に今ひとつ。


LOVEコンプレックス (バンブーコミックス Qpaコレクション) 鴨川ツナ
表題作は、モテ系帰国子女の上司にやたらリテイクを喰らう非モテ系WEBデザイナーの話。就業時間を過ぎたオフィスで不満をぶつけるデザイナーは上司に襲われる展開に。Sの上司攻×不器用部下受。どこまでもゲスい上から目線の言動に翻弄される受というかんじ。で、受がほだされるきっかけが、ウィルス防御がほぼ無防備というのはいかがなモノか。デザイナーとはいえここまでザルなのってある??とちょっと思ってしまった。シャープな線画に怜悧系な絵柄で読みやすい。同時収録はレンアイ条例。司法浪人が仕送りを絶たれ生活費のためホストのヒモになっていたが、相手の浮気にぶち切れる話。呆気にとられるほどに違和感を覚える登場人物たち。二作ともBL描写はそれなりに萌えるが物語の展開や恋愛方面は共感は薄かった。


初恋ロジック(バンブーコミックス Qpaコレクション)  越谷みなみ
フランスで働く日本人記者と訪仏中の英国王子のBL。ローマの休日的な馴れ初めから惹かれていくふたり。短期間でドタバタ感の中で関係が育まれる展開は退屈しないかな。絵柄は柔らかめで好みなんだけど、やたら顔のアップのコマが目立ち画面構成は今ひとつ。各々の現状に対する憤りとかドラマ性はあるがあまり深くはない。同時収録は女神様のスープ。表題作にも登場した王子の側近が主人公。側近が側近になる過去の話から彼の思うところと、王子の料理人との恋愛にシフトする。個人的にはこちらのほうが物語として楽しめた。シリアスなエピソードも挟んではいるが全体的にほんわかコメディという印象が強い。


初恋v食物レンサ (バンブーコミックス Qpaコレクション) ヤマヲミ
肉が食べられない意味での草食男子と体格の良い優しいイケメンは幼稚園からの腐れ縁。そんな二人がコンパをきっかけに、草食男子を大事にしてきたイケメンがキレて草食男子が食べられる話。まあ定番ですかね。他は表題作と同じ世界観のコンビニが舞台のオムニバスシリーズ。バイトが客のホストに口説かれる話とか男からしかモテないのがトラウマのDTバイトと変態チックなおじさんの話とか。どの話のメインカップルも、同僚や兄弟といった何かしらの繋がりがある構成。絵柄は等身高め系。短編なので構成は定番。世界観が繋がっているので結構キャラに感情移入しやすかったかな。


ロングロングロスタイム(バンブーコミックス 麗人uno!) 風緒
表題作シリーズ3編と背中には恋の跡シリーズ3編を収録したBL作品集。
ロングロングロスタイムとメリーメリーメランコリックは続きもの。かつて高校時代コンビだった相手がプロとして活躍し日本代表に選出されたと知るところから始まる。受側の家庭の事情で突然別れて7年後に再会したふたりの話。学生時代に望まぬ別離の理由とか受の隠していた相手への気持ちとか王道で好みのせつな系恋愛展開だった。心情描写が丁寧で心に響く。繊細な筆致と美麗な絵柄。キャラの表情もBL描写の構図や演出が秀逸。もう一つのシリーズは個人授業をきっかけに恋仲になる生徒×教師の話。こちらは少々ドラマチック演出が気恥ずかしかったが読み応えがあった。BL描写も堪能出来たし1つのシリーズが長めなので物語もしっかり楽しめた。


依存症リーマン (バンブーコミックス 麗人uno!) 宇田マキ
依存症リーマン・ご褒美は先生!・俺、買ってください・散る花、咲く恋・お仕置き課長ほかを収録したBL短編集。表題作は、取引先の好青年と意気投合してプライベートで呑んでできあがったところでその好青年がセックス依存症だとカミングアウトされるリーマンの話。めっちゃ迫られるが主人公はノンケなのもあって最後までできなくてそれでも関係を続けていたらという展開。生徒と教師の校内恋愛とか家出少年とおっさんの話とか出所した弟とヤクザの愛人になっていた兄の話とかラブコメからシリアスまで多彩。等身の高いがっしり系のキャラ絵だしBL描写も濃いのでBLというより直球なゲイぽい雰囲気。この絵柄で突き抜けた展開とかプレイものとか個人的に好みではないが話の組み立てが上手く表現力も高いと思う。


俺の後輩の懐が深すぎてこわい。(バンブーコミックス Qpaコレクション) いけがみ小5
表題作ほかさえずるくちばし・ついばむこくてん・はためくしろいろ・いいとししていとしい・髪結い蝶々を収録したBL短編集。表題作はアナルオナニーが好きなリーマンは帰宅途中に苦手な後輩と呑み酔いつぶれて・・という話。初頁のキャラの顔がめっちゃ長くて驚いたが徐々に慣れた(笑)H描写は濃厚、どちらかというとガテン系絵柄かな。好みによるが線の処理は綺麗なので総体的に読みやすいかな。同時収録の工学系学校のヤンキー後輩と面倒見が良い先輩の話が結構好きだった。ふたりのやりとりと溶接ネタがツボだった模様。マッチョ系BLが好みの人向け。

ぶたごっぱい他ボーイズラブ3件 


ふたごっぱい(バンブーコミックス Qpaコレクション) 越谷みなみ
同居する双子の話。明るい気質のリーマンの兄とひねくれ者のトレーダーの弟。性格も職業上生活スタイルも真逆の二人だが、独自の生活ルールを定めてそれなりに上手く暮らしていた。が、兄に女の影があると感じた弟は自分のモノにするための作戦を敢行する。兄弟で双子なんでBL的にはリバ要素あり。題名通りおっぱいが主題みたい。あんまりそう感じなかったけど。絵柄はどちらかというと可愛い系でライトなノリで気軽に読める。同時収録は男やもめに花が咲く!イケメン社長子息が娘を持つ男やもめの地味上司に恋する話かな。こちらもテンポが良い。


Dropハニー (バンブーコミックス Qpaコレクション)  なるせいさ
表題作は、幼少期に涙もろい受が幼馴染みの攻に涙を嘗められたら止まったことから以後受が涙を流すと執拗に攻が嘗めるということが常となった。この行為がエスカレートしてきたので受が打開策としてある提案をすることから話が動く。一枚も二枚も上手な攻に翻弄される受といったシチュエーションかな。涙とか女装とかイケメン攻がちょい変態というかニッチな嗜好なのがミソのよう。同時収録の片恋ギミック・LOVE*LOVE*GIMMICKは酔いつぶれた高校教師を元教え子が介抱したことから親しくなる話。過去にある出来事が物語の軸となるちょっとだけせつな目な話。個人的に表題作よりこちらのほうが好みかも。Drunk*Rougeもお酒絡みの話かな。絵はきれいめ系だけどちょっと癖がある。Hに至る流れは思ったより自然で好み。


いとしい、ということ (バンブーコミックス Qpaコレクション) 高崎ぼすこ
大手企業の美形先輩リーマンが頼れる後輩が自分のせいで熱を出したと思い後輩の家に行く話。後輩のオンオフのギャップに驚いていたらなんのかのと後輩に迫られてという展開。この関係性で初っ端から縛るんかいとちょっとツッコんでしまった。絵柄が麗美なのもあるが作風がジュネ系に近いというか登場人物が自分もしくは相手もしくは状況にめっちゃ酔っている雰囲気が印象的だった。個人的な好みには若干ズレるのだが好きな人にはハマるだろうなと感じる。同時収録は夏のコントレイル・暴君に刻まれた劣情。表題作より好みで舞台設定も良いだが話自体にもう少しだけ厚みが欲しかったというのが正直なところ。


それを恋と呼ぶのかいをAmazonで見る

表題作ほかだって好きだもの・厄介なワンコ。・困ったニャンコ。・彼の様子がおかしいですを収録したBL短編集。
だって好きだものは、大学卒業前に後輩に告ってフラれた先輩の話。だが後輩は卒業後に主人公が焼き鳥店を立ち上げると内定を蹴って店の従業員になる。そんなちぐはぐな行動の後輩に思いは募るばかりで。実は勘違い・すれ違いですでに両思いだったパターン。両思いに至る過程がツボでした。先輩かわいい。
厄介なワンコ。は不思議ちゃん気質の幼馴染みに自立を求めるも実際そうなるとさみしく感じてしまう男子の話。不思議ちゃん男子の言動が不器用な純粋さでときめくよ。
困ったニャンコ。は弟のように可愛がっている男子に悪い虫がついて怒り心頭の青年の話。主人公、勝手やね。別の意味でアカン気がする。収まるとこに収まるけどあて馬男子のほうに気持ちがいくわ。
それを恋と呼ぶのかいはことあるごとに勝負する腐れ縁の二人の話。うーん表題作なのに一番萌えなかった話だった;
どの話も後日談的な漫画が付いていてこちらのほうも面白かった。絵柄はとんがりすぎて正直好みではないのだが、キャラの表情とか話づくりは好みだった。

西原ケイタ
あすかコミックスCL-DX全1巻 / 角川書店
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★☆☆

月影ほかボーイズラブ3件 


南美隆輔の傲慢な正餐 (バンブーコミックス 麗人セレクション) 深井結己
南美隆輔の傲慢な正餐・愛で縛ればいい・殺め川 戀の道行き・言うに言えない・リトルウィングを収録したBL作品集。表題作は父がヤクザの顧問弁護士をしていた縁から組員の青年に懐いていた少年の話。少年は長じて亡き父と同じく顧問弁護士となったが、表の世界に生きて欲しいと願っていた青年は彼を冷たく接する。表題作以外はヤクザもの2作品、遊郭ものと英国主従もの。どの話も短編なのに物語がきちんと構成されており、シリアスで切ない物語が多いがその中でも人間同士の温みが感じられる読み応えのある内容。著者の話はひと味違うなといつも思う。


不可視の傷あと (バンブーコミックス Qpaコレクション)  倉橋トモ
枕営業で成績を上げる営業マンは、自分に余所余所しい先輩社員に苦手意識があったが彼の優しい気質に惹かれていくという話。飄々として自分の魅力を自覚し性に奔放だが幼少期の暴力のトラウマ持ちの攻が受に惹かれて相手もあっさり受け入れる展開。二人の過去が伏線にあってそれに至るあたりは整合性はあるんだけどち若干強引な気もする。他にも伏線ぽいものはあるが枚数の関係でおざなりになっているような。細かいことは気にせずシチュエーションを楽しむなら良い話かな。同時収録のLooseは、自室でオカズにしていたあえぎ声の主の隣人と出会う話。隣人は誘い受のビッチくんだったという。設定からしてエロ重視の話だがなんか微笑ましい話だった。作画はスタイリッシュ系で万人受けするタイプの絵柄。


月影 (バンブーコミックス 麗人セレクション) SHOOWA
月影・ホモ連戦隊守るんジャー・罪隠し・ジュグリノジュグノ・逃げ水を収録した作品集。表題作は遊郭に捨てられ遊女たちに育てられた少年と遊女たちを診る若い医者の話。遊郭ものとしては定番だが切なさと物語の間合の構成と描写が格別。ホモ連戦隊守るんジャーは戦隊ものギャグBL。主人公を始めとしてシリアスというかニヒルな雰囲気を醸し出してるけどト書きとかけっこうコメディ色が多い。あとはヤクザのクマ系青年に恋する堕落系ヤクザの息子の話、ファンタジー世界の吸血鬼捕獲の話など。シリアスとシリアスに見せたギャグとアクションものに見せたコメディとジャンルが多彩すぎる。最後の話は表題作の後日談。BLのギャグは痛くて読めないのが多いがこちらは絶妙なバランスで読み応えがある。

これ以上は無理です!他BL短文感想3件 


これ以上は無理です! (あすかコミックスCL-DX)  こうじま奈月
名門男子校のメガネ寮長は実はとある名家の執事。仕える家のお嬢様の結婚相手を探すために寮長になっているのだが相手捜しは中々進まない。というのもお嬢様の兄が執事大好きで執事に熱烈なアプローチを続けているから。キスしたり花を贈ったり迫ったり。二人の馴れ初めやら二人のやりとりやら。あて馬男子が登場したり子猫を拾って一悶着とか定番シチュエーションが延々と続く。絵は達者で画面構成も魅せる。キャラ描写は秀逸だし1つ1つのシーンは楽しい。


主従契約を結ぼう! (あすかコミックスCL-DX) こうじま奈月
えーと前日譚として小説で発表されたものの続き?なの?小説も同じ著者なの?よくわからない;初恋相手の幼馴染みを追って英国から日本に来た戒人だが、ある契約から牧師に身をやつした人外青年と主従関係になってしまう。主従関係の二人だがBLジャンル的には下克上状態。また牧師が主人公が初恋相手を追いかけるのを邪魔するみたいな構図。ファンタジー設定は嫌いではないのだがBLだと設定がしっくりこないのもあるんだよなあ。あと同じようなシーンが繰り返しでちょっと飽きる。絵は巧いしシチュエーション的には好物。BL描写はけっこう多めで魅せる。


俺のものになればいい (あすかコミックスCL-DX)  千鳥ぺこ
俺のものになればいい・コンプレックス・ラブ・負けず嫌いも好きのうち・今日こそキミと・大人の恋の口説き方を収録したBL短編集。表題作はショコラティエ同士の話。厳しい先輩に反発を感じつつ尊敬している後輩は先輩が自分を嫌うどころか好きだと知り次第に引かれてしまう展開。他作品は大学のミスコンならぬミスターコンに出ることになった可愛い系男子と王子系で完璧人間だと思ったら実はどんくさい系男子の話、ライバル系から恋の進展、恋人同士だけどHのタイミングが、みたいな話などいろいろ。まあ短編集なのであるきっかけからラブラブになる話が多いかな。初心者向けというか軽く読みたい人向け。絵は目の描き方とか耽美系ぽいかな。

謎のギャルソン×シェフのボーイズラブ漫画。舞台は日本。
亡き両親が残した洋食店を切り盛りするシェフ兼オーナーの青年が主人公。
幼馴染み女子の従業員はいるがバイトは長続きせず人手不足や諸々でイライラしてしまう毎日。
そんな中、胡散臭いほどに紳士的できっちりしたリーマン風の青年が、バイトの申し込みにやってくる。
人手不足で後がないためしぶしぶ雇ったリーマン風青年は、
かなり有能で主人公にも様々なアドバイスをする。そんな青年はどうも先代と縁があるようだが・・。
洋食店業務立て直し的な展開から、BL展開になだれ込む。
BL方面では攻キャラの兄が、仕事ドラマ方面では受キャラの弟が物語においての鍵の1つとなっている。
突き抜けた設定がなくお仕事ものとしても十二分な内容。このレーベルではちょい珍しいかもしれない。
アマチュア時代からずっと追いかけている著者なのでひいき目もあるかもだが至極読みやすく
BL描写にも色気がある。攻キャラの色気とか表情とかが良いんだよねえ。

桜庭ちどり
あすかコミックスCL-DX全1巻 / 角川書店
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★☆☆

忘れたい男 九条AOI

Amazon
忘れたい男をAmazonで見る

恋愛カーブ・忘れたい男・片手をのばせば・恋愛ニーズを収録したリーマンBL作品集。
恋愛カーブ・恋愛ニーズは、要領の良い同期が気になる主人公。お互い、相手は上司が好きなのだと思っていたのだが、という話。金属が曲がる体質の設定を活かせてないのも気になるが視点がころころ変わってちと読みにくかった。もうちょい長ければ良かったような。二話目のはわりと面白かった。ガチとノーマルのカップルだったのか。
忘れたい男・片手をのばせばは、前触れもなく出向先から戻った同僚は、一年以上前に一度だけ夜を共にした相手。一度きりだったゆえに普通に接しようとするが、という話。一話目の上司の人の話。クール系だが実は可愛いキャラというのが萌えどころのよう。
総体的にいまではちょっと珍しくなりつつある落ち着いた大人の恋愛系。等身の高い耽美系に常識的な(奇をてらっていない)話運びは好み。ただ読み手によっては印象に残らない作風でもあるような気がしないでもない。インパクトのある場面が少ないんだよね。それゆえにリアリティは出てると思うけど。

九条AOI
花恋コミックス全1巻 / 日本文芸社
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★☆☆

縁は奇なモノ美味なモノ 角田緑

Amazon
縁は奇なモノ美味なモノをAmazonで見る

老舗料亭でチーフを務める青年は姉妹店からきた板前の青年に口説かれセクハラを受ける羽目になるのだが・・。
主人公は学生時代に母が死に路頭に迷いそうになったところを料亭に拾ってもらい以後恩を感じつつ業務をこなして8年がたった。そんな中、姉妹店から研修に来たチャラめの青年に好かれ口説かれることに、というはじまり。
堅物眼鏡青年とチャラめ要領良しタイプ青年の社会人BL。
1巻まるまるなのでエピソードの手数は多く、板前が来た理由や主人公を毛嫌いする社長の息子、主人公の出生などBL以外の企業内のサスペンス?ドラマ要素が定番ながらも見応えがあった。ふたりのやりとりも面白くキャラが活きているしきれいに物語を収束させているところも良かった。主題以外では主人公を料亭に誘った上司のおじさんのおっとりしたキャラがものすごく萌えた(笑)

角田緑
ドラコミックス全1巻 / コアマガジン
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★☆☆


うちの天使がケモノでした。をAmazonで見る

萌えゲーム系原画師の青年が家政婦を頼んだのは、自分の最愛のキャラにそっくりな男子。
写真で一目惚れし大喜びで速攻で契約したものの自分のオタクっぷりに引かれるか?と
思いきや、嫌われることなく絵や仕事を褒めてくれたり家政夫としても素晴らしいスキル持ちで
嬉しいことばかり。家政夫男子はそんな青年に突然告白し・・という展開。
しかも素直で明るい好青年だったのに告白して脈がありそうと思ったら狼さんになるという。
なんだこのメルヘンな展開は。いいじゃないか、大好物(笑)
他の人間がオタクだと揶揄する中、男前の王子様のようにかばい気持ちをぶつけるシーンが好い。
オタ青年の卑屈ぷりも男子に愛されてめっちゃ可愛くなってる様もツボ。
オタ生態描写が突き抜けてるけどキモくない絶妙さも好い。
コメディのノリも軽快で可愛いしBL描写も萌える。服装とかも含め画面の描き込みがすごい。

三島一彦
あすかコミックスCL-DX全1巻 / 角川書店
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★☆☆


俺のキモチも知らないで (あすかコミックスCL-DX)

幼馴染みの大学生4人組が2つのカップルになるBLシリーズ。
1組目は、お互い両思いだけど通じ合っていないふたり。
いつもより近い距離にうろたえ理性が跳ぶ前に酒の力で寝ることにするが、
夢うつつの中、詩織にキスされて・・という話。
2組目はすでに両思いだが攻がコトが済めばさっさと帰ってしまうことに
不信感を持つ受・・という話。
どちらのカップルも性に関する悩みが話の肝になっている。
攻のが大きいという悩みと攻が絶倫すぎてという悩み。
まあやりたい盛りのお年頃っぽい可愛い悩みってやつですか。
綺麗な絵柄でキャラの動かしかたにソツがないというか萌えポイントを
的確に押さえているというか。
主題のわりに気恥ずかしさがないのが良かったかな。
いい意味でバカップルで幸せそうなところも好き。
平素はヘタレというか三枚目っぽい気質の攻がスイッチが入ると
おっとこまえになるってシチュエーションが多いかな。
表題作のシリーズの他は、まずはキスからを収録。

相葉キョウコ
あすかコミックスCL-DX全1巻 / 角川書店
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★★☆


タクシードライバーのフラチな業務日誌 / 龍華哲
表題作はタクシー運転手と新米刑事のBLもの。下着泥棒を取り逃がした新米刑事が犯人を追いかけるため乗ったタクシー。そのタクシードライバーは面白そうだからと張り込みに付き合うと告げる。ドライバーは飄々としたイケメンでどうも警察の捜査に慣れているようで・・?刑事ものなので犯人当ての要素もありBL要素以外のストーリーがわりと楽しめた。まあ捜査方面では応援無しとかツッコミ所もあるがBLで短編なので許容範囲。はっきりした線画で読みやすくキャラの表情と絡みの描写が巧い。表題作のほかはバカな子ほど可愛くて・恋してカラvオケを収録。★★★☆☆


俺しか知らない!? / 鷹丘モトナリ 
表題作ほかこの気持ちに名前をつけて・イチャイチャしたい・コドモじゃないよ?・先生のヒミツを収録したBL短編集。表題作はリーマンBL。双方接待で酒酔い状態の中誘い受に乗った攻という始まりの恋。酔うと記憶を無くすという因子ですれ違うみたいな展開。シチュエーションとしては良くあるがどちらも可愛い気質なのが良い。他作品では不器用な大学生と明るい気質の先生、奥手のバイト上司とやきもきする部下、幼馴染み同士などなど。ゆるいすれ違いから互いの思いを確認する展開が多いかな。どの話も定番だけど好いなあ。等身高めの絵柄。BL描写はまあまあ萌える。


真夜中に恋の花  / 蜂田キリー
真夜中に酔わせて・真夜中に恋の花・真夜中の王子様・逃げないようにギュッとしてを収録したBL短編集。題名に真夜中がついているのが同じ夜の街を舞台にしたオムニパス。表題作は酒屋のバイトから店を巡る運搬屋になった青年と花屋のお話。人とのコミュニケーション能力が致命的にないというか自分の言動が相手に及ぼす影響がわからない青年と屈託のない裏表のない男子の恋愛。同じ街が舞台で他の2作品と人物関係が繋がっているので話に幅が出ているように思う。どの話も人物の状況設定が話せば長くなるので割愛するがそれだけに物語として面白かった。最後の話はけもみみ萌え系の話。


午後11時、きみとふたり(あすかコミックスCL-DX)/ 加東セツコ
表題作は若手社員×三十路上司のリーマンBL。彼氏と別れたばかりの上司は、部下の残業を手伝い、それをきっかけにその部下と親しくなっていく展開。部下は以前から上司を影ながら慕っており、上司は彼氏と別れた原因の自分の性格を部下が褒めたことに心が和む。心情描写もストーリー展開も巧い。最近BL読むと感じる違和感がほぼないというか。キャラ同士のやりとりもモノローグもしっとりしてて好み。絵は等身が高いというか大人っぽい系で作風にぴったり。同時収録は伝わる熱・ふたり窓辺で・君待つ夕べなどを収録。君待つ夕べは頁数的に物語が中途半端な印象だったので続きが読みたいかも。★★★☆☆


ひとつカサの下で (あすかコミックスCL-DX)/ やさき衣真
表題作ほかひとつポッケの中で・恋の悩みを聞いてください・この気持ちどうしよう?・キスの向こう・きみとはここまでを収録したBL短編集。表題作は、主人公が無口で無愛想だけど憧れのバイトの先輩に雨の日に傘に入れて貰ったことから始まるお話。話してみて初めて相手のことがわかる、からの親しくなっていくパターン。初々しい微笑ましいカップル。他作品でも養護教諭と教師、誤解を受けやすいリーマンと笑顔を絶やさないリーマンのすれ違いから始まる話など、微笑ましい系が多めかな。ただ1作品あたりの頁数の少なさに加え無理矢理Hシーンを入れてるので物語のほうがどうしてもおざなりになっている印象も。場面一つ一つの見せ方は巧い。かなり夢見る少女漫画チックだなと思ったがどうもそういうコンセプトだった模様。納得。


初めての失恋(あすかコミックスCL-DX)/高城リョウ
表題作ほか6編の短編連作集。恋愛シチュエーションにおいての「初めて」を主題としている。表題作は、意地悪系イケメン×重度の制服フェチ社会人。大学の演劇部の衣装として後輩から制服を借りに来たイケメン大学生は、制服フェチの後輩の兄に初対面で告白される。自分の外見しか見られない過去の恋愛経験からその相手にも無茶ぶりをするけど甲斐甲斐しく答える相手に惹かれていくがという展開。キャラのやりとりとか展開・構成もソツがない。シャープで美麗な絵柄で技術も高い。のでBL描写も魅せる。