タグ「女性漫画」が付けられているもの

ボンクラボンボンハウス ねむようこ 


ボンクラボンボンハウス(1) (FEEL COMICS) ねむようこ

大学を中退し実家に帰ってきたヒロイン。
彼女が大学を辞めた身勝手な理由を聞いた父親は怒り、大学費用の残り
200万円を渡し、主人公に有意義な使い方を見せてみろと告げる。
とはいえ主人公は目的があるでなく、実は自堕落に生きたいと思っていたという。
いわゆるモラトリアム?が自立せにゃならん状況になる・・から始まる話?かな?
そんなこんなで故祖母の家をリフォームして住むことに決める。
収入を得るため、兄の紹介で美容室物件として貸し出し家賃収入を得ることにするが・・。
そこでリフォーム工程を展開させつつ、ヒロインの井の中の蛙っぷりから徐々に
外界を知っていく展開と、ヒロインの恋愛気質からくる暴走ラブコメ展開を
繋げていくかんじかな。
目標も目的もなかった主人公が自分を動かしていくお話のよう。
今時な主題だなあと感じる。話運び及び人物相関と人物描写のリアルさが秀逸。
酸いと甘いのバランスが絶妙というかなんというか。

ねむようこ
フィールコミックス全4巻 / 祥伝社
ジャンル:女性・ドラマ / 好み度:★★★☆☆

理不尽のみかた 柳原望 


理不尽のみかた 1 (花とゆめCOMICS) - 2012/10/19 柳原望

検察審査会の事務官を勤める女性が主人公。
検察審査会とは不起訴処分が正しかったか否か、無作為に選ばれた一般市民11人で審査する機関。
裁判員制度がある今でもあるのかな。まああるか;題名のみかたは味方と見方を掛けている模様。
当然理路整然と進まず、理不尽な案件が沸き起こる。その理不尽を主題にした人間ドラマ。
理不尽だと訴える客人から怒りをぶつけられる日々も彼女自身受けた理不尽も飲み込んできた主人公。
そんな彼女の隣に、日本オタクの英国人の青年が越してくる。
おそらく彼と主人公とのラブコメ要素とか青年の視点も含めた仕事エピソードとかが主題になっていくのかな。
著者のキャラづけも主人公の立ち位置も淡泊というかがっつりめに行けない構成だし、実際話の動きはゆっくりめ。それゆえに静かにリアリティを感じるし、トコトコと事態が動くより興味深く読める気がする。
個人的には知らない世界を読めるという意味で有意義なタイトルだった。

柳原望
花とゆめコミックス / 白泉社
ジャンル:女性・業界・ドラマ / 好み度:★★★☆☆

屍活師 女王の法医学 杜野亜希 

額を解剖する法医学の研究室に配属された医学生の男子はその研究室でマイペースすぎる女性医師と出会う。
彼女は実力のある法医学者であり、ある能力があった。本格法医学ミステリー。
は、本来生きる人間を救う臨床医になりたいのだが
単位不足で希望が叶わず、泣き落としをしようにも研究室の美人准教授には見破られ、
法医学研究室に入ることになる、というはじまり。
医学生男子が、主人公であり物語の狂言回し、美人准教授が物語の主役のようである。
解剖に回された遺体から事件の謎を見破るというミステリとしては王道の構成。
なのだが、そこに死者が死亡直前の光景を二人に見せるというオカルト要素が組み込まれている。
法医学ミステリにこういうオカルト要素を入れるのはいかがなものかとも思うが、
物語におけるオカルト要素の配分はがっつりではないので思ったより気にならなかった。
主要人物に纏わるドラマも組み込まれているがだいぶ定番と言えば定番。
個人的には事件ミステリ要素を読みたい人間なので深くないほうが好み。
花ゆめでもわりと安定したミステリを描く人だったのでこちらでも楽しめる内容だと感じた。

杜野亜希
BE LOVE KC全18巻 / 講談社
ジャンル:女性・ミステリ / 好み度:★★★★☆

東京アリスシリーズ 稚野鳥子 

買い物大好きな26歳OLと友人女性3人を中心とした大人の恋愛を含めた事情を描くドラマ。
主人公は26歳・彼氏なしの独身会社員。買い物依存症気味で恋愛方面は気になる相手はいるものの買い物のほうが大事っぽい。
恋愛は興味がないでもなく、両親の関係を見て育ったため相手は堅実第一と
見ているため腰が重いというのもあるよう。
また、主人公の恋愛のみならず、主人公の友人である3人にも焦点を当てていくかんじ。
一人は主人公に秘かな感情を持ち、一人はダメンズばかりに縁があり、一人は高スペック男性を追う。
そんないろんなタイプの女性の恋愛像を描いてく話みたい。
登場人物は社会人だが恋愛・プライベート特化で職場・仕事関係の要素は少ないかな。
恋愛要素のみを重視して読みたい人にはいいと思う。
他業界の仕事話は興味深いことが多いけど人間関係の進展のみを読みたい人には
まどろっこしいところもあるかもだし。
世界観というか世相的にちょっと昔な印象が強かった。
読んだのが発表されてからかなり後だからだろう。
恋愛ものは興味が薄いほうなのだが、妙にリアリティがあるところが好みだった。

完結後の話を描いた東京アリスgirlyも発表されている。
次世代編・・といっていいのか。主婦と子の目線の話になっているかんじ。

稚野鳥子
東京アリス/KCKISS全15巻 / 講談社
東京アリスgirly/KCKISS1~ / 講談社
ジャンル:女性・恋愛 / 好み度:★★★☆☆

キス&ネバークライ 小川彌生 

恋愛とミステリを内包したアイスダンスストーリー。
幼少時、アメリカでアイスダンスを通して親しくなった少女・みちると少年・礼音。
当初みちるは母からフィギュアスケートを習いつつもアイスダンスに憧れていた。
で、アイスダンスをやっていた礼音と友人になりアイスダンスを二人で習い始めるものの、
家庭の事情で別れる直前くらいにダンスのコーチが不審死、どうもみちるがその死の現場を見た
ようだが、記憶が曖昧、かつ精神が若干不安定になっている模様。
数年後、みちるは怪我でフィギュアからアイスダンスに転向し、死亡したコーチの弟と
ペアを組むことに、一方礼音はアイスダンスをやめ別の道にいた。そんな二人が再会する。
・・・という感じかな。
アイスダンスを巡るスポーツものであり、登場人物の複雑なドラマもあり、
幼少期にあったコーチの死の真相とみちるの関係を巡るミステリもあり、といろいろ盛りだくさん。
アイスダンス要素に興味が持てなくとも、恋愛ドラマとミステリのほうで楽しめるかんじ。
少なくとも私はそうでした。著者のリアリティのある人物同士のやりとりの雰囲気とか
大仰でないけど目が離せない人間模様とか展開が見所かと。

小川彌生
Kissコミックス全11巻 / 講談社
ジャンル:スポーツ・ミステリ・女性・ドラマ / 好み度:★★★☆☆

百貨店ワルツ マツオ ヒロミ

Amazon
百貨店ワルツ をAmazonで見る

大正~昭和初期?あたりの百貨店を舞台にしたショート漫画や疑似広告やファッションを描いた煌びやかなレトロイラスト&漫画。
おおむねイラストばかりの画集のような内容。漫画もあるがレトロな日常の1場面を切り取ったような雰囲気重視の話。
表紙の絵に一目ぼれしたのと話題になっているということで買ってみたが予想通り当たりだった。
舞台となる百貨店は架空だと思うが、たぶん文化というかトレンドは当時あったんだろうなあと思わせるデザインというか構成というか。
女性のファッションの主流が和装から洋装に変わりつつあった、もしくはまだまだ和装の人が多かったというべきかな時代。モダンガールの絵や美しい着物の柄が眼福。
和装の柄に言及した話とかはじめて洋装を買う女性の話とか
漫画も短いながら雰囲気がよく読み応えがあった。
構成も色使いも卓越した著者のセンスが光る。いいなあ。

マツオ ヒロミ
リュエルコミックス全1巻 / 実業之日本社
ジャンル:女性・画集 / 好み度:★★★★★


WHITE NOTE PAD ヤマシタトモコ

Amazon
WHITE NOTE PAD をAmazonで見る

17歳の少女と38歳の男性の心が入れ替わる。そして1年後二人は再会?する。
17歳の少女はある日目覚めると自分ではなくなっていた。つまり三十路男性と女子高生の心が入れ替わるところからはじまる。入れ替わりモノは多々あるが、こちらは双方面識がなく、年の差も大きい。しかもお互いが再会(初対面同士だけど自分の体とという意味では合ってる)したのは一年後という。著者らしいひねり。
男性側は大人の知恵と経験と現在の容姿をもってしてモデルとなり、女子側は社会未経験ゆえに記憶喪失扱いで無職となっていた。訳も分からずそれでも生きていかねばならない二人の各々の動向というか状況の描写が生々しいというかリアルというか。
入れ替わる前と後での知人や思い人との関係とか思うところとか、人生が全く変わることで失うことと生み出されていくことの展開が興味深い。よくできてるなあと。

ヤマシタトモコ
フィールコミックスFCswing全2巻  / 祥伝社
ジャンル:女性・ミステリ・ドラマ / 好み度:★★★☆☆

芋虫少女とコミュ障男子 三三 

自分に自信がなく矮小な人間という自覚を持つ男子は、
美人で頭が良く非の打ち所のない幼馴染みの女子に告白され、無理だと答える。
その後女子は行方不明になり、男子の前に現れた時には人ではないものになっていた。
辛いというかせつないというか、なんでこうなった、と言いたくなる展開に心がきゅっと
なる内容だった。
男子は様々な要因で卑屈になっていて、女子の告白を拒否したのは彼女に興味がないからでも
嫌いだからでもなく、自分が惨めになるからという理由。
一方、女子はそんな男子をずっと見てきて自分だけは変わらず男子を好きでいようと決めて
いたが告白して玉砕、自分が優秀な者でなくなったら男子は自分に向いてくれるのかと
ひとでないものになった。
このふたりに女子の願いを叶えた、人にも化けられる人外の女子が加わる。
愚直というか身も蓋もないというか割れ鍋に綴じ蓋というか方向性が刹那的というか。
それゆえに妙ないとおしさも感じるわけで。
わかりやすいハッピーエンドではないがこの物語にふさわしいラストだと思う。

MFCジーンピクシブ全1巻 / メディアファクトリー
ジャンル:少女・オカルト・ドラマ / 好み度:★★★★☆

うらみちお兄さん 久世岳 

幼児参加型の教育番組の
いわゆる「体操のお兄さん」を勤める青年と
出演する子供達の会話劇を中心とした
ちょっとブラックが入ったシュールコメディ。
番組のお約束のテンションで幼児と会話するものの
たまにお兄さんの心の闇がぽろっとはみ出るところが肝。
子供達のよくある質問に、歯に衣着せない直球な返答をしたり
闇を抱えた素顔をだしてみたり。
仕事や人間関係やらの大人のホンネを出してしまう
情緒不安定なお兄さんの側面に幼児たちはどん引きしたり
意味はよくわかっていないけど察したり。
子供に悪影響が、となんでもオブラートに包んでしまう現代に
おいてのアンチテーゼ・・は大げさか。
前知識なしで買ったけどなんか賞をとった作品らしく人気作みたい。
支持されるのはお兄さんの発言は共感してしまう
読み手が多いんだろうか。私もその一人だけど。
夜中の実写ドラマなどの原作にあうかもしれない。

久世岳/一迅社1~
ジャンル:コメディ / 好み度:★★★☆☆

ジョナ散歩 ケイケイ

Amazon
ジョナ散歩をAmazonで見る

中年の小太りの眼鏡のおっさんの姿をした小さな妖精ジョナサンは、ふらっと出会った人間にひとつだけ願いを叶える妖精。彼が出会った人間の望みとその後の変化を描いたお話。
著者の前作ワンダフルライフ?の登場人物も出てくる話・・と思ったらスピンオフ的立ち位置の話だった。そら登場するわ。
内容は不思議な存在がごく普通の人間の願いを叶えるというオーソドックスな話なのだが、願いが1つだけ叶うなら何を望むか、という永遠の命題を主題としているがその切り口は著者らしいゆるくも庶民的というかリアリティがあるというかなノリ。
ちいさいおじさん要請に願う望みはわりとちいさくて願いが叶ったところでその変化は小さいもの。でもちょっとだけ、より良い方向に進んだのかな、ってなかんじが多い。前作よりちょっとだけ爽快感がある。
ジョナサンの紳士的な気質と理路整然とした口調とビジネスライクな行動と人間の願いに対する的確な感想が妙にツボにハマる。

ケイケイ
KCデラックス Kiss全2巻 / 講談社
ジャンル:女性・コメディ / 好み度:★★★★★

おはよう、いばら姫 森野萌

Amazon
おはよう、いばら姫をAmazonで見る

ある理由から貯金に執心し、卒業後は就職を希望する男子高校生。父親は進学を薦めるため親子喧嘩になり、父親の経営する家政婦業務で卒業まで勤めあげれば就職を許すということになった。
で家政夫バイトとして派遣されたのは大きなお屋敷。仕事をこなす中、屋敷内の離れに住む、その家のお嬢様と遭遇する。浮世離れした雰囲気と会うたびに印象が変わるお嬢様と、屋敷の面々に秘密で交流を重ねるうちに、彼女の特異な体質を知ることとなる。
ネタバレになるが多重人格症かと思われたが実は別の要因で、1巻終わりにそれが判明する。そして彼女の母親は主人公にお金を渡し娘の専属家政夫となるよう依頼する流れ。
お嬢様に好意を持っているが彼女と交流する理由は綺麗な理由ばかりでもない、また彼女の体質は主人公にとって苦手分野である。そして主人公がお金に執心する理由も明らかになる。
センシティブさとリアリティの配分が絶妙。男子側の視点で描かれるゆえある種の新鮮さはある。登場人物は少ないがキャラは多いし各々のキャラの物語における役割分担と造形が深く読み応えがあるし続きが気になる展開。柔らかくもせつなげな人物のモノローグや表情の描写が印象的。

森野萌
デザートコミックス全6巻 / 講談社
ジャンル:女性・ドラマ・恋愛 / 好み度:★★★★☆

明日も未解決 桑田乃梨子 

明日も未解決 (楽園コミックス)
桑田乃梨子
発売日:2017-01-31

同級生の男友達・原田が交通事故で死んだ。
同中というのもあり、度々河原の道を一緒に帰っていた吉元は、
葬式の帰り道に感慨にふけっていたところ、原田の霊に話しかけられる。
原田が吉元の背後霊になっているのは、生前原田が吉元に言いたかったことを
思い出せない未練からのようで・・。
原田の未練を解明し成仏させるのが主軸なのだが、究明するかと思うと横道に逸れたり
逸れたようでいろんな方面から話が進んでみたり、と著者独特の絶妙なバランスで
展開されていく。
吉元を始めとして、霊感のある嵐柴や、嵐柴に傾倒する友人やクラスメイト達を
交えての学園ライフ的なお話。
著者のキャラって達観してたり冷静なタイプと、欲に充実なタイプの
バランスがめっちゃ良いんだよなあ。
わがままなキャラはたいてい邪険に扱われる役どころだけど、
めげずに貫いてるとこが良い。
まあ基本的になんのかのと良いやつばっかなので読んでてほっこりする。
茫洋としたというかのほほんとしつつも人物たちは割と理路整然と議論や行動を起こし
最後にはしんみりとほろっとくる締め方が絶妙。

楽園コミックス全1巻 / 白泉社
ジャンル:女性・学園・ドラマ / 好み度:★★★★★

櫻狩り 渡瀬悠宇

Amazon
櫻狩りをAmazonで見る

大正時代。都会に出た少年田神正崇は第一次大戦後の恐慌で仕事の紹介状は無になる。そしてあるきっかけから斎木という侯爵家で奉公できることになった。長男の斎木蒼磨に感謝と忠誠を示す正崇だが、斎木家の内情の一端を知ることとなりその狂った渦中に飲み込まれていく。
大正時代の上流階級の侯爵家で繰り広げられる歪んだ愛憎劇。当時独特の価値観や世情などを十二分に盛り込んだ背徳的かつ廃頽的な雰囲気で綴られる人間恋愛模様。台詞やモノローグが旧仮名遣いなので当時の雰囲気がよく出ています。
BL的というかJUNE的展開で性描写がわりかし直球な描写が多いのですが、人間ドラマの色合いが濃いタイトルです。サスペンスミステリの要素も含まれており、横溝ミステリのような濃いミステリが好きな人にもお勧め。男性同士の描写が苦手でなければ、なのですが。巻を追うごとに明らかになる謎の描写、隙のないしっかりしたストーリー構成も魅力。
ネタばれしてしまいますと主人公は侯爵家の長男に執着されてしまうわけですが、長男に魅了された他の人間の嫉妬の対象になるとか、主人公に対し純粋に愛情を持っている長男なのに嫌悪されるなら強引に奪おうという展開とか、貞操観念の高さから長男をなかなか理解できない主人公とかがもう泣けるくらいにツボにはまる展開ばかりで。
悲恋的な激しさとせつなさを感じるすれ違い展開と結末には、ある種の懐かしさも覚えたり。物語全体の構成、最終巻の怒涛の展開と、静かな収束、ラストのあいまいな演出など古典文学を思い出されたタイトルでした。少女漫画系ですが写実性を重視した絵柄になっておりリアルドラマのような雰囲気も楽しめました。

渡瀬悠宇
フラワーコミックススペシャル全3巻 / 小学館
ジャンル:レトロドラマ・女性 / 好み度:★★★★★

繕い裁つ人 池辺葵

Amazon
繕い裁つ人をAmazonで見る

どこか懐かしさを感じる街並の一角にミシン1つで一点ものの服の制作やお直しを請け負う南洋裁店がある。祖母の志を受け継ぎ一生物の服を作る信条を持つ女主人・市絵と客たちの物語。
主人公は祖母から洋裁店を引き継ぎ一人で洋服を作る女性・市絵。技術は高いが頑固で口下手という絵に描いたような職人気質、とはいえ女性らしい柔らかさは持っているというキャラ。
彼女は百貨店にも服を卸しているが取り扱いは一店のみで即日完売状態。百貨店の企画を担当する青年は、その現状からブランド化してネットショップ販売をすれば相互利益になると市絵に交渉するが、というはじまり。
最初のエピソードの後、主人公の服に傾倒する百貨店の青年は物語においてレギュラーとなり、主人公自身の変化や彼女の客との交流などに深く関わっていくことになります。
祖母のように一生モノの服を作るを信条や時代の流れにあわせ形を変えるという選択の可能性など主人公の仕事のスタイルに対する思い、服を通して綴られる個々人の思い出や思い入れ、主人公とお客や青年など様々な人々の交流から生み出されるもの。静謐な雰囲気の中に奥の深い人間ドラマが展開されています。

池辺葵
KCDX Kiss全6巻 / 講談社
ジャンル:女性・ドラマ / 好み度:★★★★★

Amazon
西炯子のこんなん出ましたけど、見る? をAmazonで見る

恋愛ドラマ・4コマコメディ・青春ものとごった煮な著者の短編集。学生の生涯・私の若葉マーク時代・水元兄弟・ひとりで生きるモン!・スパイの手帖・花はどこへ行った・墨の香り・辻ウラDIARY・ちるちる!・黒猫が・・・見てるを収録。
カオス・ごった煮・ひっくりかえったおもちゃ箱といった言葉がぐるぐる回るほどに見事な統一性のなさが特徴のタイトル。多方面の雑誌に掲載され1冊の本にまとめるにはページ数が明らかに足りない著作シリーズをかき集めたかんじ。個人的にはこういうの好きだなあ。表紙・裏表紙は言うに及ばずカバー裏にもびっちり何かある装丁ですよ。

学生の生涯
メガネで生真面目な大学生とその男子大学生の部屋にさりげなく入り浸るイケメン大学生をはじめとした、大学生の日常と喜怒哀楽をコミカルに描いた4コマ。苦労性の人間には涙を誘い図々しく生きられるその度量をうらやましく思ったり(笑)
私の若葉マーク時代
学生の生涯のキャラを使っての著者の投稿時代の状況を描いた1ページ。時代とか雑誌の傾向にぴたっとはまれば話は早いのですがそうでない場合はなかなか難儀。情報に振り回されるのもアレですがやはりそれなりの情報は必要か。
水元兄弟
とある双子の兄弟にまつわる話。ショートショートというかちょっとしたミステリ仕様。雰囲気が好き。
スパイの手帖
とあるスパイの青年の話。誰が敵か味方か、というスパイものならではの推理と駆け引きっぽいものが堪能できます。
墨の香り
女性漫画。美しい足を持つ女性と地元の政治家の跡継ぎの青年の話。2人は同じ地元で2人がこどものころ、青年の祖母が営んでいた書道教室でのある出来事が物語の鍵。その出来事を忌諱しつつも結局囚われ続けている青年の姿が印象的でした。静かで意味深でちょい官能な足の描写。また主人公の女性と青年の妻の足の対比がにんともかんとも。
辻ウラDIARY
平安時代、とある陰陽師が取り持つ不器用な恋、といったところか。
ちるちる!
シュールでロジカルな二次性徴をテーマにした4コマコメディ。クールで耳年増な女子と知識豊富なシャイボーイのやりとりがメイン。あー、小学校の高学年になるとそういう話が出てくるようになったなあ、と懐かしい気持ちで読んだ話(笑)

西炯子
フラワーコミックススペシャル全1巻 / 小学館
ジャンル:4コマ・女性他 / 好み度:★★★★☆

夜をとめないで ハルミチヒロ

Amazon
夜をとめないで をAmazonで見る

ひょんなことから見知らぬ男女が温泉宿に泊まることになる表題作のほか6篇と2編の後日談を収録した様々な形の男性と女性の関係と彼らと彼女たちの様々な心情を描く短編集。
「夜をとめないで」
表題作。出張先で本社に電話をかけるリーマン。そのまま出張先が転勤先となったことにショックを受ける彼の前に、いっしょに旅館に泊まってくれと頼む女性が現れる。とある理由からあぶく銭を得た女性は旅行で景気よく使いたいが女一人では旅館にも泊まれないからというが・・。双方ちょっとわけありな見知らぬ男女が温泉宿に泊まる話。雰囲気といい話運びといい読後感が良い話でした。
「仮初めの花」
過去に容姿を侮辱された女性は整形した今は男を傷つける。整形した理由がもてたいとかじゃなく男への復讐みたいな?鬱系というか後ろ向きな自己完結モノローグと過去を知る男との会話の後、おそらくは純粋に(たとえ主人公が昔の姿だったとしても)好意を持っていそうな男性とのやりとりでしめくくられる。話としては興味深いが主人公の気持ちは(いい意味で)よくわからん。
「はかなごと」
いわゆる百合物。いろんな意味で女子のめんどくささと身勝手とも言える側面を愛おしさと感じさせる雰囲気でさらりと描いている印象。
「たゆた」
死んでしまった彼氏が幽霊となって彼女の部屋に現れる。知覚できるのに遠い、双方相手が大切で大切ででもどうしようもなくそれでも一緒にいたい純粋たる気持ち。彼氏も彼女も穏やかで柔らかい気質ゆえによけいにせつなく泣きそうになる。
「シャンプーリンスコンディショナー」
恋人の女性の浮気現場にぶちあたったと同時に別れを告げられたアラフォーサラリーマンは、元カノの使っていたシャンプーの香りがトラウマになりつつあった。そんなとき酒の席で酔い、同じニオイをさせる同僚の女性に元カノの名前を言ってしまったことから・・。臆病になってしまった中年?男性とずんずん進むタイプの活力ある女性の話。微妙な距離感から踏み込もうとする女子の行動が気持ちいい。男性の気持ちはわかるわ・・ほんと。

ハルミチヒロ
白泉社(楽園)コミックス全1巻 / 白泉社
ジャンル:女性・恋愛 / 好み度:★★★★★

Amazon
ミラーボール・フラッシング・マジックをAmazonで見る

純愛、肉欲、妄想、焦燥、片恋、様々な男と女の恋と愛のとあるお話を詰め込んだ短編集。表題作他うつくしい森・don'tTRUST overTEEN・blue・いつかあなたの不思議のおっぱい・カレン・エボニーオリーブを収録。
根幹はもちろん様々な形の恋愛模様なのですがショートショートに近いというか物語的にオチがついた構成。その辺が個人的に読んでいて小気味良いんですよね。1つ1つのページが短いゆえの組み方ではあるんだろうけど。
ミラーボール・フラッシング・マジック
表題作。ミラーボールが上から落ちてきたことにより絆を深めた3組のカップル+1の奇跡の話。セックスレスに焦れる妻とその焦燥をぶつけられる夫、天然娘に詰め寄られる茫洋へタレリーマン、究極に年下の男子に迫られる女性(絵面的には女王と下僕だが)・・とミラーボールを投げた女性の話。なんつーか笑えてほっこりしてキレの良い見事な話。
うつくしい森
斜め上な雰囲気の美術の女性教諭に体毛の妄想を描く男子生徒。会話がいちいちスタイリッシュ。
don'tTRUST overTEEN
一見プーなイケメンと3人の女子学生。茫洋としたおっさんと普通の3人の女子の組み合わせ。普段のあけすけな言動と純愛というかときめきな行動のギャップがこそばゆい。
blue
親戚の若い男子を2週間居候させることになった三十路の女性。男子は主人公に対しひとかどの好意を寄せ、容姿にコンプレックスを持つ主人公ははきれいな顔を持つ男子に距離を置く態度をとる。つっても一線越えますが。男子と同年代の時期の自分と重ねそのときの自分を省みたり男子を含めた近しい人間に対する心情の描写が見所。素では十人並み(と本人は思っている)主人公にとって何もせずにきれいな顔を持つ男子に綺麗だと言われたときなど男子に対するいろんな心情が特に印象的でした。話の最後の得も言われぬ余韻も。

ヤマシタトモコ
フィールコミックス全1巻 / 祥伝社
ジャンル:女性・恋愛 / 好み度:★★★★★

アリエナイ月曜日 もんでんあきこ

Amazon
アリエナイ月曜日をAmazonで見る

天界の生命維持管理局に所属する天使と彼らが仕事で対峙する天命がつきる直前の人間のドラマオムニパス。
この話での神は生命維持管理局の上司であり天使は部下、というビジネスライクな設定。で、天使は死ぬ間際の人間の前に現れてその人間の願いを叶えるのが仕事らしい。そんな天使と人間の話を綴った一話完結形式の作品。
著者の話づくりはきっちりと物語を魅せる堅実な構成ですがこの話もいうに及ばず。ほんと安定していて大仰じゃないのにドラマチックがとまらないって感じの作風なんですよね。どのお話もじんわりときます。天使側・人間側のどちらの心情描写もきっちり描かれているのもいいですね。
1話の腐女子に関しては、腐るに至る経緯にちょっと違和感を覚えましたが。こういう理由ではまる人もいるのかなあ。乙女ゲー系統ならなんとなくわかるんだけども。

もんでんあきこ
クイーンズコミックス全1巻 / 集英社
ジャンル:女性・ドラマ / 好み度:★★★★★

ロンリープラネット 売野機子

Amazon
ロンリープラネット をAmazonで見る

有名な占い師だが顔出ししていない姉。姉と自分を勘違いした人たちに訂正できぬまま姉の変わりに占いをしてしまう青年が主人公。昔から顔が良いためか周囲の期待とか好意に頻繁に晒されているものの、当の本人は自信がないというか自分になにもないというかな気質。それでも周囲の想いに逆らわずに生きてきたという背景がある。
似非占い師として何とか廻すが、その技術?は、学生時代に同級生の女子が受け答えをレクチャーしてくれた賜物であった。その女子とのせつない想い出と彼女自身を変わらず思っていた青年、基本天真爛漫な姉の悩み事、占いから青年に恋を抱くCA、ひょんなことから青年がアシをすることになった女性マンガ家の秘めたる想い。
主人公はもちろんのこと、主人公の青年の周囲においてのサブキャラ的立ち位置の登場人物たちの各々の複雑なる心情を描いているのが特徴。サブキャラたちの中には主人公の進んでいる道ですれ違ったくらいの繋がりの人もいますが、それらがみな主人公がそれなりに進む活力みたいなものになっているというか繋がりを感じられる構成が秀逸。やはり著者の話の組み方はさりげないのに巧いなあと。
同時収録は家族ものになるのかな。主人公である幼い少女の家族に対する疑惑からはじまり、彼女自身の恋心と友情、両親の真実が明確になる過程が独特の空気感で描かれており読み応えがありました。

売野機子
KCデラックスBelove 全1巻 / 講談社
ジャンル:女性・ドラマ / 好み度:★★★★★

レディ・シノワズリ 波津彬子

Amazon
レディ・シノワズリをAmazonで見る

中国美術に造詣が深い謎の美女・レディ・シノワズリ。中国美術に絡む謎や事件の前に彼女は現れ、彼女と出会う人々に忘れがたい記憶を残す。
一話完結形式のいつもの著者の作品というかんじ。中国美術骨董などに絡んだ事件に不可思議な雰囲気と力を持つ美女が現れるという展開。主人公格のキャラの視点から物語は語られ美女は補助的?な立ち位置。実像がつかめないミステリアスな女性ですが破滅を導くのではなく、主格キャラを助ける役どころ。
現実と不思議現象の境が曖昧というか霞がかかったような雰囲気とブレない構成が魅力の物語。

波津彬子
フラワーコミックススペシャル全2巻 / 小学館
ジャンル:女性・ファンタジー / 好み度:★★★★☆