タグ「雑記」が付けられているもの

コミックス未収録タイトル2件 

単行本に収録されていない、好きな作品の紹介コーナー。単行本に収録されていたら教えてください......。

月夜の都大路(ロード)
・みずき健/ウイングス(新書館)連載
この話は平安時代あたり?のパラレルな京都を舞台にした物語です。主人公の京はお寺の鐘の下で赤ん坊状態で突然現れて、みるみるうちに成長した男の子。京は「名付け」という力を持っていて、名前をつけることでその対象(主に妖怪)に思った通りの能力や姿形を与えることができます。京が、とある鬼に目をつけられてちょっかいを出される・・と言う感じの話でした。京の設定とデザインが好きだったのです。

破軍星戦記
・CLAMP/KID'S(Fぷろだくと)連載
聖りいざさん(現、伊庭竹緒さん)がまだCLAMPにいた頃に連載されていた作品。連載が途中で頓挫しているはず。作画担当が、もこなさんとCLAMPを卒業(脱退)された聖りいざさん(他の方も担当されていたらすみません)なので未完のままなのは決定ですね。いわゆる南総里見八犬伝ネタの物語でした。八犬士には「CLAMP学園探偵団」の鷹村蘇芳と「X」の麒飼遊人が、玉梓(敵の親玉)には「CLAMP学園探偵団」の梓夜凪砂がキャスティング(笑)してました。この話を見てから「CLAMP学園探偵団」を見たので梓夜凪砂の性格の違いに戸惑ったのを覚えています。ちなみに「学園特警デュカリオン」(角川書店刊)のCDに入っているドラマの中にこのマンガのワンシーンがさりげに入っています。

フラッパー05/3月号 雑誌感想

今日が粗大ごみ・・もとい資源ごみの日だったのに指切りの件ですっかり忘れておりました・・。そんなわけでどんどん雑誌が私のエリア内を侵食しております。とほほ。

フラッパー3月号
・忍者飛翔
ね太郎に恋慕する姫と真琴とスズメバチと人間関係からみあってますね;スズメバチさん携帯持ってるのか;現代風だなあ~。装束は特撮系だけど・。やはり本人の趣味なのか(あ、作者の趣味か)
・ファンタジックチルドレン
アニメでやってるタイトルの漫画版?・・にしてはキャラが全然違うような;でも世界観とか同じっぽいし・・あれ?
・ナリワイタイムス
写植がない・・(笑)無医村のお医者さんの生き様レポート?なのか?いくら世俗にうといといっても大阪に行く交通手段に川舟が出てくることがすごすぎる。PPKってぴんぴんころりの略なのか;年取っても達者で死ぬときはころりと逝くと。うちの母もそうならいいなあと言ってたなあ。PPKの条件は「大病を患わない」「子孫や隣人に尊敬されている」「年寄りを尊敬する」「在宅で看取れる環境がある」だそうで・・。いまのとこ2つクリアしてますが・・とほほ。私にはむりっぽ。

ウルトラジャンプ05/2~5月号 雑誌感想

タイトル意味不明ですな;相方が読んだ雑誌を捨てる準備をしていたのでもらって読むことに。いずれ捨てるけどね。相方もたいてい立ち読みで済ませてしまう人ですがふろくとか入ってたら立ち読みできないので買ってしまうようです。
わたし的には普段立ち読みでも読まない雑誌が読めて新鮮でした・・。
そんなわけで読んだ雑誌の中のさらに一部分の適当感想。

ウルトラジャンプ05・5月号
・バスタード
なんかひさびさにみた感じ(笑)カルの顔また変わってます?;時間がないのかえんぴつデジタル処理ですね~コミックスになったら美麗画面に変身するんでしょうけども
・天獄
前号で狗だっつってましたがわんわん子犬だったのね;狗というより戌っぽ(意味不明)かわいいよお。やっぱ顎付近を触られるとたまらんようです(笑)
・ゴーゴーヘブン
今回で終わりらしい。ラストはうまくまとまってて感動っぽい。死神の女の子キャラが好きでした。

ウルトラジャンプ05・4月号
・STEEL BALL RUNプロローグ編
迷いなくすっぱり罪人を殺しちゃう死刑執行人は有能。どっかで見たことあるなあ。あ、パトロールシリーズの一作で見たのか(山田ミネコ作)。なんか別のところで連載していたのかな~これ。主人公の生い立ちっぽいストーリー。スタンドが在るということはジョジョと世界観共通なの?
・ぷちモン(七瀬葵)
CGイラストとかでよく見かける作者だけど漫画みたのははじめてだな~。えんぴつ線画をデジタル処理してるんですかね。やっぱり。ビキニアーマーにラクダの腹巻を希望する主人公は素敵です。へそだしルックも一般になっている昨今、主人公に共感してしまった年寄りな私。
ビキニアーマーというとドラクエ思い出すなあ。布少ないのに防御力がけっこうあってなんでやねんとつっこんだ記憶があったりなかったり。
・ツノツキ(灰原薬)
おそらくバスタード休載穴埋めかな;読みきり20P。ある日妹の頭に2本の角が・・終始妹萌えな雰囲気の作品ですが男性向きっぽくなかったです。ありがち題材だけど面白かった。この作者、鋼の同人誌で見たことがあるのは気のせいなのか。

ウルトラジャンプ05・3月号
・CLOTH ROAD
2月号のクローゼットの設定説明が印象に残ってたお話。作画が特徴的で好みだったり。メイ様、いいキャラだ(笑)芸能な人はあれだけ愚民ってゆってる人たちに達者な口調・・。おもろい。モードとSFが上手く融合したお話なのでコミックスとか買うかも(笑)
・ボクのふたつの翼
まこちゃんのおとーさんはうちゅーじんでした。なるほど。つーか途中から見たからまこちゃん両性体だと今はじめて知った;れずものかと思ってたよ;(まーそれも含まれてるんだろけど)

ウルトラジャンプ05・2月号
・NEEDLESS
きゃらかぶり(工事園)の説明が面白い。あるよな~。メインよりサブに人気が出るってこと・・。作画と笑えるバトル描写がぴったりハマッてます。
・Happy World
旅立つ友人にエールを送る。創作物ではよくある一幕ですがこれを実際に私に強要しようとした人を思い出します(バスでしたが)。危ないからできませんて。
・デジモタール
台詞がほとんどない空気を描写したような漫画。雰囲気あるなあ。なんかアフタヌーンっぽいと思った。

お気に入り漫画家さん一覧 

個人的にお気に入りの漫画家さん一覧敬称略順不同。
現時点でのお気に入りなので
これ以後お気に入りが増えたら別記事におこすかもしれません。

あとり硅子
発表された作品はほとんど短編。柔らかい絵柄と物語、でも1本芯が入った物語。2004年7月6日に急逝。

藍川さとる
繊細なペンタッチと静かな水面を連想させつつも内在する情熱を感じる心理描写が絶妙。飾らない等身大のモノローグがツボ。【贔屓作品】晴天なりシリーズ

生嶋美弥
静かな水面を連想させる独特な雰囲気のある作品が多いです。深い心理描写と魅力的なキャラがツボどころ。描かれる和み系キャラはほんとに癒されます。ボーイズラブ作家ですが読む人を限定しない話も読んでみたいなあ。【贔屓作品】そして春の月シリーズ

加藤知子
くどくなく、深みのあるヒューマンドラマは天下一品。ストーリー構成が複雑さが個人的に好み。 【贔屓作品】・異国館ダンディ/HOLD OUT!他

河惣益巳
線の細い耽美絵柄の少女漫画家。歴史物や特殊な世界を題材にしたスケールの大きい設定の作品が多いです。登場人物はほとんど美形(笑)。
BL華やかなりしだからかツーリングシリーズのベッドシーンの含有率が高くなってます・・;【贔屓作品】サラディナーサ/ジェニーシリーズ/ツーリング・エクスプレス

高橋なの
今はなきみのり書房「アニパロコミックス」で描かれていたのでパロディものが多いのですが元を知らなくてもオリジナルとして読める作品ばかりです。激しすぎずほのぼのすぎない温度、さらりと心に浸透する物語。クスリと笑ってしまうギャグも絶妙。現在は別ペンネームでBOYSラブ系を描かれています。
【贔屓作品】そしてキミに会いに行く/Dandydragon

あもい潤(亜藤潤子)
かなりの数の出版社を渡り歩いている流浪の漫画家。亜藤潤子(花とゆめ時代)、厦門潤、あもい潤、陸乃家鴨(男性向き)のペンネームを持つ。陸乃家鴨名になってからの作品発表数が半端ないと思うのは気のせいか。

和田慎二
私が「作家さん」に固執してコミックスを集めた最初の人。各々の作品がなにかしらつながりを持っていたためなのですが。かなり執筆活動が長い古株少女漫画家。時代が移り変わろうともスタンスが不動な作家の一人かと。作者の分身キャラが作品に結構出ているのも特徴。ガイナックスからCD-ROM作品集が出ていたり、同じ作品があちこちの出版社から発行されていました。
【贔屓作品】・スケバン刑事/・超少女明日香シリーズ/・ピグマリオ他

■市東亮子:やじきた学園道中記
■井上雄彦:SLAM DUNK
■奥瀬サキ:火閻魔人/コックリさんが通る/低俗霊狩り
■おがきちか
■門井亜矢:ヘブンズゲイト
■川原由美子:観用少女(プランツドール)
■楠桂:古祭/楠劇場/妖魔/
■片山愁:学園便利屋シリーズ
■神谷悠:魔狩人たつきシリーズ
■神坂智子:シルクロードシリーズ
■こやま基夫:おざなりダンジョン/なりゆきダンジョン/おもかげ幻舞
■斎藤いとこ:さすがの南ちゃん
■佐々木淳子:ダークグリーン/那由他
■椎隆子:エキゾチック・Tigerシリーズ/麒麟
■篠原烏童:ファザード
■白井恵理子:STOP劉備くん!/GOGO玄徳くん!!
■竹宮恵子:地球(テラ)へ...
■富樫義博:HUNTER×HUNTER/幽遊白書
■那州雪絵:イリュージョン・フード・マスター/ ここはグリーンウッド
■中津賢也: 黄門☆じごく変/徳川生徒会/妖怪仕置人
■聖悠紀:超人ロック
■藤崎竜:封神演義
■藤田貴美:・純情闘争/電気
■藤田和日郎:うしおととら
■南野ましろ:しっぽのきもち/天使をください
■峰倉かずや:・最遊記/最遊記RELOAD
■目黒三吉:・低俗霊DAYDREAM
■門地かおり:恋姫/告白の言葉のない国
■安永航一郎:県立地球防衛軍/陸軍中野予備校
■山内直美:ざ・ちぇんじ!
■山田ミネコ:最終戦争シリーズ
■ゆうきまさみ:機動警察パトレイバー/ヤマトタケルの冒険
■吉富昭仁:EAT・MAN(イートマン)
■羅川真里茂:赤ちゃんと僕/いつでもお天気気分

おすすめ漫画家さん一覧 

おすすめの漫画家さん。自分が好きなだけでなく他の人も読んで欲しいと思う作品が多い漫画家さんの一覧。
順不同、随時付加します。

あさりよしとお
兜木励悟氏いわく、「豊富な科学知識とおたく知識を縦横に駆使した身も蓋もないギャグが素晴らしい」......名言。かわいらしい絵柄と横道のギャクとのギャップが素敵。社会風刺の表現が絶妙。
【贔屓作品】 /HAL/なつのロケット/アステロイド・マイナーズ他

おがきちか
テンポの良い展開と、ノリが良く、ハイセンスなキャラクターたち。さくっとしたかっこ良い絵柄が印象的です。モノローグでテーマを表現するというより、キャラの会話で伝えている場合が多く、作品を読むごとに、作者自身がかなり高いセンスを持っていることが伺えます。現在、イチオシの人。
【贔屓作品】エビアンワンダー/ハニコイ/Landreaall

荒川弘
物々しい内容でも青春な内容でもコメディな内容でも、どの登場人物たちも「まっすぐ」という印象を受ける作風。おそらくは著者当人がそういう気質なのだろうなと感じる。痛快でありじんと染みるものがあり、絶品と言わざるを得ない。当初、漢字だけ見ると男性?でも内容的に女性っぽいなあと思ったらやっぱり女性でした。性差が絶対と思いたくないけどなんでか、「女性」と感じる女性キャラを描くのは女性作家が多いんですよね。
【贔屓作品】鋼の錬金術師

ひかわきょうこ
【贔屓作品】彼方から/荒野の天使ども/ 時間をとめて待っていて/

川原泉
情熱とか激しさとかといった言葉とはとても縁遠い、淡々とした雰囲気を持つ作風。ポイントをついたキャラクターの視点や、哲学を感じるモノローグは読み手の心を惹きつけてやみません。勉強になることもしばしば。
【贔屓作品】銀のロマンティック...わはは/笑う大天使他

獸木野生(伸たまき)
切り絵を連想させる力強いペンタッチ。深いドラマ性を持つ物語を描かれます。洋画を見ているようなテンポの良い構成と、ハイセンスな台詞がおすすめポイント。
【贔屓作品】THE WORLD/パームシリーズ/ホワイト・ガーデン

高河ゆん
著者の作品は著者でしか描けない、と思われる個性の強さが魅力。
【贔屓作品】アーシアン/源氏/子供たちは夜の住人 /サフラン・ゼロ・ビート/LOVELESS他

佐々木倫子
【贔屓作品】動物のお医者さん/ペパミントスパイ/林檎でダイエット

潮見知佳
【贔屓作品】CANON/KEY・JACK/ラグトニア他

巣田祐里子
かわいくてハイテンションなキャラクターと独特のコトバまわしとストーリー展開。高いコメディ(ギャグ)センスがちりばめられています。別ペンネームでBOYS系の作品も発表されています。「次元」をモチーフにした作品が多いです。公式サイトは「巣田MAGA屋」。
【贔屓作品】エクスカリバー!/おまかせS×S/GO!WEST

TONO
この人の作品を読むたびに自分がいかに固定概念に囚われているかを痛感させられます。突飛な設定の中に、人が生活を営むうちに忘れていたものを思い出させるテーマが多いです。細い線の画風が作品の雰囲気とぴったりはまっている感じ。おすすめ漫画家さんの一人。
【贔屓作品】カルバニア物語/チキタ☆GUGU他

なるしまゆり
「人間」を描いたら右に出る人は少ないであろうストーリーテラーなお方。人の業を思い知る物語が多いですが、悲劇を悲劇で終わらせるのではなく悲劇の先にあるものも丁寧に描かれるところが魅力。モノローグや台詞は心の琴線を震わせます。続きものはなるべくまとめて読むと良。
【贔屓作品】原獣文書/ 少年魔法士/REPLICA MASTER他

永野護
漫画家としても有名だと思いますがアニメデザイナーとしての方がもっと有名な人かと。あの数々のデザインはどこから来るのか。 【贔屓作品】ファイブスター物語