タグ「1992年」が付けられているもの

風魔の小次郎 レトロOVA

Amazon
風魔の小次郎をAmazonで見る

風魔の小次郎
文武の名門校白鳳学園は、ライバル校誠士館の生徒引き抜きやいやがらせによって衰退の一途をたどっていた。学院を立て直すための助っ人として、忍の一族である風魔一族の小次郎が招かれた。だが実は誠士館も忍の一族・夜叉一族が背後についていたのだ。夜叉と風魔の戦いは激しさを増し、ついに互いの精鋭による死闘の幕が切って落とされる。
車田正美原作の学園忍者バトルロマン。良くも悪くも車田節なアニメ。原作に割と忠実なので原作ファンにはそこそこ楽しめるものだと思いますが知らない人には面白いと思えるかどうか...。複数巻の続き物なのですが、巻ごとに脚本等のスタッフが変わっているせいか各巻の印象がまちまちだったような気がしました。そしてあからさまな美形キャラの出番増と不男キャラの出番減に笑ってしまいました。...私はかなりの原作ファンだったのでどうしても贔屓目で見てしまいます(星が多い理由;)。
1989年OVA30分6話/堪能度:★★★★☆


風魔の小次郎 聖剣戦争編
夜叉一族との戦いを終えた小次郎たちが里に戻ってみると、総帥以下里が全滅していた。犯人は華悪祟と名乗る者たちで、伝説の10本の聖剣を探し、忍の里をしらみつぶしに探していたのだ。聖剣・風林火山を持つ小次郎、そして黄金剣を持つ武蔵もまた狙われる。聖剣を巡る戦いの中、華悪祟に対峙し得る「秩序」の戦士が集結する。そして決戦の場「聖地」で華悪祟と秩序の死闘が今始まる...。
車田正美原作のバトルロマン第二期シリーズ。聖闘士星矢と見まごうオープニングが印象的(笑)。前作以上に作画のヘボさが目立つシリーズ(綺麗なときは綺麗なのですが)です。とりあえず原作を見て感じをつかんでから見ることをお奨めします。見所はナイフで銅像を彫っている武蔵でしょうか。(...いや単なる台詞のミスなのですが...完成するまで誰も気がつかなかったのか...;)
1990年OVA30分6話/堪能度:★★★★☆


風魔の小次郎 最終章・風魔反乱編
小次郎と竜魔が消えて数ヶ月後、風魔一族の内部で反乱が起きる。精神支配の能力を持つ夢魔に操られ生き残った忍が霧風たちを襲う。そんな中、生死不明だった小次郎と竜魔が風魔の地に復活し、小龍たちと共に夢魔を追い詰めるが実はこの反乱にはさらに黒幕が在た...。
車田正美原作。シリーズ最終巻。最後まで変わらないスタンスで物語は進みます。内容も原作とほぼ同じです。今見ると、霧風絶命の演出がかなり過度で気恥ずかしいと言うか何というか。黒幕の人のデザインがほとんど別人並に変更されています。
1992年OVA50分/堪能度:★★★★☆

源氏 レトロOVA


源氏(VHS)をAmazonで見る

高校生・江端克己には3歳年上の桜という恋人がいる。熱愛とも呼べるほどに仲睦まじい二人だが、桜には秘密があった。彼女は異世界の住人であり、自分の世界へと帰らなくてはならなかったのだ。故郷に帰る彼女を追い、異世界へと向かう克己。そこは克己の知る歴史とは違う、戦国時代の日本国だった。克己と桜は再びめぐり会えるのか?

高河ゆん原作SF戦国ロマンス。作画は綺麗なのですが作監色が強く出たデザインになっています。原作と違ってどちらかというとアクション重視の展開でした。アニメの醍醐味(絵が動く)が充分に生かされているので原作を知っている人でも楽しめます。とにもかくにも克己のシャウトが頭に残る作品。「さくら~~~」...予想はしてましたが、やはりちょっと恥ずかしい気分になりました...。 第一部と銘打っていますが続編が出たかは不明。

1992年OVA45分2話/堪能度:★★☆☆☆

幽☆遊☆白書 

Amazon
幽遊白書をAmazonで見る

地獄の手違いで交通事故にあい死んでしまった不良浦飯幽助が生き返らせるかわりに人間界に害をなす妖怪を捕らえる霊界探偵として働くことになる...。
同名漫画のアニメ化作品。初めの方は霊関係のドラマっぽい話がありましたが、ジャンプ連載作品なのでやはり途中から武闘中心になっていってました。
魅力的で個性的なキャラクターが織り成すバトルアクションが見ごたえあり。ほぼ原作に忠実にアニメ化されてましたね。アニメ特有のエピソードはサービスが多かったような気がします(笑)はじめの方は作画が不安定なときもありましたが人気が出てくると共に安定していった様な気が(気のせいですか?)
まんがまつりの短編映画1本、オリジナル長編の映画を1本も制作されました。

1992年フジテレビ系放映全112話
幽遊白書 冥界死闘篇 炎の絆/1994年映画93分
幽遊白書/1993年映画25分
堪能度:★★★★★

南国少年パプワくん 

Amazon
南国少年パプワくんをAmazonで見る

暗殺集団ガンマ団に属するシンタローは青い秘石を盗み最愛の弟・コタローのいる日本へ向かうものの途中で攻撃を受け南国のパプワ島に漂着する。そこは超人的な力を持つ少年パプワと不可思議なイキモノたちが住む奇妙な島だった。シンタローはパプワに秘石を取られパプワの下僕の日々がはじまってしまう。そして島にはガンマ団の刺客たちがやってくる...。
話はかなりシリアスっぽいですが(いやシリアスな話が本筋ですが)アナーキーな出来事が立て続けに起こるギャグアニメ。鯛に足がついたのとか巨大カタツムリとか個性的というのも物足りないアクの強いキャラたちが織り成すすったもんだがなんとも言えず。
ガンマ団の刺客は何故か日本の地方色豊かな人たちばかりでパプワやシンタローにやられながらも懲りない面々といった感じ。アラシヤマの孤独感がなんとも不憫すぎて泣けた記憶があったりなかったり(笑)
ほぼ原作どおりだと思うのですが、話の途中で最終回となってしまいました。とりあえずこの後はシリアス一直線なのでギャグを重視するという点ではキリのいいところだと思うのですがアニメだけ見たら中途半端としか言えませんな(汗)

1992年テレビ朝日系放映42話/堪能度:★★★★☆

餓狼伝説シリーズ 

Amazon Amazon
餓狼伝説をAmazonで見る

バトルファイターズ餓狼伝説
・バトルファイターズ餓狼伝説1
テリーとアンディの兄弟は10念の修業の後、サウスタウンに帰ってきた。奸計により殺された義父の敵であるサウスタウンの影の支配者ギースを討つため、ギースの主催する異種格闘技戦キングオブファイターズに参加する。
・バトルファイターズ餓狼伝説2
ギースを倒してから一年後、テリーに興味を持った影の帝王クラウザーがテリーの前に立ちはだかる。ファイトするもテリーはクラウザーに敗北し、戦うことの恐怖を覚えたテリーは消息を絶つ。その知らせはジョーやアンディたちにも届き、彼らはクラウザーを追うことにするが...。
SNKの2D格闘アクション「餓狼伝説」を元にしたアニメ。確かテレビの特番で放映されたものだったと記憶しています。作画がとても綺麗で独特の世界観にも違和感のない絵柄だと思います。さすがに格闘アクションは質が高く動きもなめらか。テリーとジョーの声は俳優さんを起用。2人ともハマっていて起用は成功と見ていいでしょう。
1と2は繋がった話ですが単独でもわかる仕様になっています。全体の質は2の方が上かなあ。元が元だけに脈絡も無く(いや無いわけではないですが)ストリートファイトが始まる展開には何度見ても笑えます(すいません)。ゲームでの決め台詞や負け台詞もちゃんとありました。それにしても死んだ魂とナチュラルに会話する主人公はすごいと思うのは私だけか。

1992年・1993年フジテレビ系特番放映55分2話/堪能度:★★★★☆

THE MOTION PICTURE 餓狼伝説
青年ラオコーンは私怨から世界各国に散らばるマルスの闘衣を集め自らにまとっていく。ラオコーンの妹は兄の暴挙を止めるためテリー・ボガードに協力をあおぐ。伝説の闘衣の謎とは?テリーたちはラオコーンを止めることができるのか?
餓狼伝説の映画化作品。なのでストーリーがちゃんと組み立てられていて見ごたえは十分、餓狼伝説をよく知らない人でも大体の設定がわかり、楽しめる構成になっています。作画の質は高く、メインであるアクションシーンはさすがに秀麗で迫力満点。オーバーアクションなノリは個人的にはやはりちと気恥ずかしさを感じますが(笑)見る人をひきつける要素はふんだんに取り入れられているものの、展開はありがちで先が途中で読めてしまうところが難と言えば難。

1995年映画95分/堪能度:★★★★☆

Amazon
天地無用!魎皇鬼をAmazonで見る

高校生・天地は、夏休みに滞在した祖父の神社で、禁じられていた祠に入り、そこに眠る鬼の封印を解いてしまう。そのまま、夏休みが終わり、学校に戻った天地の前に謎の美少女・魎呼が現れる。彼女は神社に封じられていた鬼だったのだ。魎呼は封印された恨みだと天地に攻撃を仕掛ける。これがこれから起こる、天地と、宇宙人の女性達との物語の始まりであった...。

ギャグもあれば、シリアスや深いドラマもある、結構、なんでもござれの物語。後々、TV化、映画化等されますが、この初期OVAシリーズが一番レベルが高く、楽しめると思います。第1期はストーリーが深く、息をつかせぬ展開のシリアスで、第2期シリーズは割と日常的というか「うる星」的ドタバタ劇が中心です。どちらもかなり面白いし、作画も安定しています。ただ、第2期は、話が中途半端に終わっているのが残念(TV版では別設定になっているし...;)。と思っていたら2003年から第3期シリーズが発表されました。すごいインターバル...;
余談ですが第1期のオープニングはインストロメンタルのみの独特の雰囲気があって、かなり好みでした。
なんか細々~とゆるくながく続いているシリーズ・・4期ぐらいまで出てるんでしたっけ

1992~年OVA30分25話/堪能度:★★★★☆

エルドランシリーズ 

絶対無敵ライジンオー
Amazon
絶対無敵ライジンオーをAmazonで見る

陽昇学園5年3組の小学生たちが居残っていた日、上空に巨大ロボットが落ちてきた。それを操縦していたエルドランは大怪我を負ったため、敵である帝国と戦ってくれとロボット・ライジンオーを5年3組の面々に託す。
小学生1クラスの面々が地球防衛を担うという割と目新しいパターンだった作品。学校からロボットが出ますか!とつっこんだのも懐かしい思い出(笑)
、こどもたちの生活描写とか心理描写とかつくりこまれてたなあと思います。半ズボン好きにはたまらんかったらしい(...すいません...)ストーリー構成は秀逸。特に終盤の展開は見ごたえあります。
個人的には小学生が主人公なもんでいまいち感情移入できなくて1クラス丸まるなのでキャラが多すぎて覚え切れなかったのが難といえば難でした。まあベビーブーム時の1クラス単位よりは少ないですが。
1991年テレビ東京系全51話/堪能度:★★★☆☆

元気爆発ガンバルガー
Amazon
元気爆発ガンバルガーをAmazonで見る

ロボットに乗らなくても特殊能力が使えるとかロボットモノのお約束を少々逸脱した展開があったのが印象的。主人公たちが小学4年生で年齢層が低すぎるためあまり観てなかったです...。サザエさんというかちびまるこちゃんのようなご町内コメディな雰囲気とか正統派子供向け作画とかで萌えが少なかったというのもある(おい)。完成度は高いんですけどね。そういやこれって主人公たちは正体を隠してたような。おおっぴらに存在をアピールする構成ばっかな中で珍しいかも。
1992年テレビ東京系全47話/堪能度:★★☆☆☆

熱血最強ゴウザウラー
Amazon
熱血最強ゴウザウラーをAmazonで見る

恐竜をモチーフにしたロボットもの。このころって恐竜ブームだったのかなー。ジュラシックパークのあたり?(適当なことを言ってみる)タイトル通り熱い台詞がいっぱいです(笑)がストーリー構成はライジンオーに近いようです。キャラがやたら多いし。そして声優さん掛け持ちですかい(笑)
いきなり恐竜時代に飛ばされロボットを託される主人公たち。かなり展開が強引じゃなかろうかと思った記憶があったりなかったり。でもストーリーは子供向けにしてはリアリティがあるほうかと。ご都合展開が少なめというべきか。機械化人?が敵ってあたりなんか郷愁を覚えるなあ。まあ作品としては可もなく不可もなく。
1993年テレビ東京系全51話/堪能度:★★★☆☆

美少女戦士セーラームーン 

Amazon
美少女戦士セーラームーンシリーズをAmazonで見る

小さいおともだちから大きいお友達まで幅広い年齢層に支持された90年代に一世を風靡した美少女アニメ。初めのうちはけっこう観てたんですが後になるほどほとんど観なくなってしまった作品の一つ。まあ長い間やってたからね(笑)話が大きくかわる度にRとかSとかついていったっけ。個人的には一番初めのシリーズのラスト2回が一番見ごたえがありました。確か主人公の声優さんが病気か何かで代役の人がという記憶がありますがあんまり違和感なかったです...というか気がついてなかった(汗)
ストーリー的には娘とか他のセーラー戦士とか新キャラが出てきたシリーズが面白かったように思います。どうなるんだろうと気になってついつい観ていた記憶が(笑)
変身シーンはどれもけっこう見ごたえがありましたがやっぱり一番初めのが良かったかなあ。最後の変身シーンだけ良く観てた(笑)それまで魔女っ子ものとかこういう女の子向けの話って主人公一人だったのにメインが増えていったのが珍しいなあと思った記憶がありました。そして主人公よりも他のメンバーが目立っているところがなんとも(笑)後から考えてみたら星矢とか男の子向けのアニメで5人組とか出てたからこういうのが出てもおかしくなかったんですけどね。
おおきなおともだちの一番人気が亜美ちゃんでしたっけ。やっぱ知性があっておとなしい女の子がいいのかなー。

美少女戦士セーラームーン/92年テレビ朝日系放映/46話
美少女戦士 セーラームーンR/93年テレビ朝日系放映/42話
美少女戦士 セーラームーンS/94年テレビ朝日系放映/38話+1話
美少女戦士 セーラームーンSS(SuperS)/95年テレビ朝日系放映/39話
美少女戦士セーラームーン セーラースターズ)/96年テレビ朝日系放映/34話
堪能度:★★★☆☆

銀河英雄伝説 

Amazon
銀河英雄伝説シリーズをAmazonで見る

銀河系は専制君主制の銀河帝国と民主共和制の銀河連邦、そして通商国家フェザーン自治領の3つの勢力に分かれていた。銀河帝国と銀河連邦は常に戦闘を続けてきたが膠着状態が長く続いていた。そんな中、帝国では姉を取り戻すという望みを持った若き英雄ラインハルトがその軍事的才能で頭角を現し、連邦では歴史学者志望にも関わらず経済的理由で軍人になったヤンが天才的戦略能力を発揮していく。そして時代はこの2人を中心に大きなうねりをみせていった・・。

本編は4部構成、あと映画や外伝等もあり全部でゆうに百話は越すという超大河スペースオペラ。田中芳樹の原作小説を忠実にアニメにしている。全体の印象としては、地味で少々斬新さに欠けるが手堅く、作画も高レベルで安定している作品。( ちょっとおや?なところもありますが話数から考えると少ないと思います)私はこういう戦争ものは大抵話数が進むにつれて(複雑になりすぎて)話についていけなくなるのですが、構成がいいのか、とても分かりやすかったです。発売当時、本編が1巻あたり30分4話構成なのは何故?と思ってたんですが、後にTV放映されたのでこれを見越してのことか~と妙に納得したり。ちなみにうちの地域では深夜枠だったので新聞のTV欄の番組名が「銀英伝」になってました。(余禄)「我がいくは~」を見たとき、無能な上司につくと有能な部下は苦労するというのは実在の会社でもよくある話だが、この話の場合人の生死が関わってくるので上司のおっさんにはマジにムカついた記憶が・・。(架空の人物にマジにおこってどうするというのか)

銀河英雄伝説/1988年OVA30分×110話
銀河英雄伝説外伝/1998~2000年OVA30分×全52話
銀河英雄伝説外伝・新たなる戦いの序曲(オーヴァチュア)/1993年映画90分
銀河英雄伝説外伝・わが征くは星の大海/1988年 映画60分
銀河英雄伝説・初陣/1991年映画30分
銀河英雄伝説外伝・黄金の翼/1992年映画60分
堪能度:★★★★★

Amazon
チャイナさんの憂鬱 The Spirit of Wonder をAmazonで見る

イギリスの港町・ブリストル。天回という店を切り盛りする女主人であり、クンフーの達人チャイナさんと、自称天才発明家ブレッケンリッジ博士とその助手の青年ジムの日常のひとつ。チャイナさんの悩みは博士が怪しげな発明にお金をつぎ込み家賃を払ってくれないこと。密かに想いを寄せている青年ジムも博士の発明に没頭していること。ある日、チャイナさんはジムから「一緒に月へ行こう」と誘われるが...。月から造られたチャイナリングができるまでの物語。

レトロサイエンスフィクションストーリー。オープニングの語り、発明の内容、恋愛模様を含めたキャラクターの描写...全てがノスタルジックでほのぼのとしていて「いいなあ」と感じました。主人公のチャイナさんが魅力的な存在ですね。基本的に快活な性格で、体術に長けててかっこいいし、恋に悩む姿はかわいいなあと。個人的にはジムの、のほほんさとか、博士の発明の発想に拍手を送りたいです(笑)見る人を選ばないお奨めの物語です。

1992年OVA42分/堪能度:★★★★☆

幻想叙譚エルシア レトロOVA

幻想叙譚エルシア(VHS)をAmazonで見る

海の民エイジャの聖典に記された神の船「エルシア」の秘密をめぐり、世界のほとんどを掌握したメガロニア国と神の船を繰れる少女エイラたちとの戦いが繰り広げられる。

作画は質が高く安定していて、キャラクターのデザインや性格づけ、行動パターンも個性的で、冒険活劇モノ(娯楽モノ)としてはかなり楽しめる作品です。が、ストーリーの方は伝説の勇者が世界を救うといったありがちパターンで正直4巻に分ける必要があったのか疑問。2巻以降の冒頭にある、詳しすぎる「前巻のあらすじ」は、不要だと思うのですが... 。

1992~93年OVA37~49分4話/堪能度:★★★☆☆

東京BABYLON1・2 レトロOVA

Amazon-東京BABYLON1 Amazon-東京BABYLON2
東京BABYLONシリーズをAmazonで見る

東京 BABYLON
東京のウォーターフロントに建つ超ハイテクビル群。その建設プロジェクトに携わったスタッフが次々と謎の死を遂げるが警察は事故と断定。しかし事態を重くみたプロジェクトの三村社長は、陰陽師の頂点に立つ皇一族の若き当主・皇昂流に「仕事」を依頼する。しかし社長はエレベーターの落下事故で死亡してしまう。一連の事件には事故の現場に居合わせながら「幸運」にも助かっている一人の人物が関係していた。

CLAMP原作の不夜城都市・東京を舞台にしたホラーシティアクション。OVAオリジナルの内容になっています。物語は無難にまとめられていて面白かったと思います。原作を知らなくても分かる内容がいいですね。作画は、動き(アクション)の方は申し分ないのですが、原作の絵とあまり似ていないせいか少々物足りない感じがしました。個人的には初回発行分にあった巻末プロモーションアニメが好きだったり(笑)。

東京BABYLON2
陰陽師の頂点に立つ皇一族の若き当主・昂流は次々に起こる地下鉄内での殺人事件を目撃したことから、事件に関わることになった。そんな中、昂流は過去透視の能力を持つ女性・美零と知り合うが...。

CLAMP原作ホラーシティアクション第2弾。前作とは続き物ではありません。今回もOVAのオリジナルストーリーですが、原作で描かれている人間関係というか因縁がちょっと出てきています。そのため、ラストでは、物語としてはちゃんと終わっているにも関わらず謎が残る感じがします。その謎は原作を見ましょうということで。...というか原作知らなくて見る人の方が少ないか...。

1992年OVA50分/1994年OVA50分/堪能度:★★★★☆

Amazon
ドリームハンター麗夢シリーズをAmazonで見る

ドリームハンター麗夢
夢に関する怪事件の調査・解決を仕事としている少女・綾小路麗夢。実は、彼女は人々の夢に忍び込む夢魔を倒す「夢守の民」の末裔・ドリームガーディアンである。彼女は今日も助手のα(猫)β(犬)と共に怪事件にいどむ。~ 眠りつづける少女の両親から依頼を受けたレムは調査をするうち死神博士という人物が関与していることを知る。彼女と博士の死闘を描く「惨夢、甦る死神博士」。女学園に次々と起こる奇怪な現象を調べるため女学園に転入したレムの活躍を描く「聖美神女学園の妖夢」。首なし武者の亡霊の仕業とされる殺人事件の調査するレム。調べるにつれ、亡霊とレムの前世との関わりが明らかになっていく「夢隠首なし武者伝説 」の3篇。
主人公の美少女麗夢のキャラクターアニメで、かなり娯楽性が高い作品です。謎が多いアニメですが、一番の謎はレムの年齢。見た目15~16才なのに車を運転しているし。夢に関わっているから見た目と実年齢が違うのか、アニメでそーゆー突っ込みはやってはいけないのか。ああ、謎。小坊主並にミニスカな僧衣(?)を着ている僧侶円光とか渋キャラなのにギャグ色の濃い榊警部とか脇キャラも個性的。・・・魔女ッ子モノと解釈すればいいのでしょうか。(ラストで変身しますしね)
1985~87年45分~50分3話/堪能度:★★☆☆☆

新・ドリームハンター麗夢
怪事件よろずひきうけ事務所所長、綾小路麗夢の活躍を描く2編。「夢の騎士たち」~夢の世界で一番の美を得ようとする魔女と麗夢の戦い。「殺戮の夢幻迷宮」~フランケンシュタイン博士の子孫である科学者が生み出した人造人間ジュリアンを死神博士(メフィスト)が暴走させてしまう。ジュリアンを止めようとするレムたちだが・・。
ドリームハンター麗夢の続編のシリーズ。前作同様、1作ずつ別々の物語になっています。前作に比べると作画方面のレベルはかなり上がってますがストーリーの方は少々平凡だったように思います。1作目はけっこう笑えるシーンがあったりエンディングが後日談っぽくなってたりと娯楽性が強く、2作目はシリアス1本な内容。(メフィストとの戦いのシーンはちょっと笑えましたが・・いえあくまでシリアスなんですが)この手の作品は、下手にシリアス一本よりギャグ等も入れたほうがいいと思うのですが。

1992年OVA50分2話/堪能度:★★☆☆☆

Amazon
バスタード!!-暗黒の破壊神-をAmazonで見る

破壊神アンスラサクスを封じる4つの鍵を求め、カル=スら四天王は鍵が眠る王国を魔法と魔物でもって滅ぼしていた。そして、ヨーコとルーシェの住むメタ=カリ-ナ国にもその魔の手が及ぶ。この状態を打開するためにヨーコの父・ジオはヨーコに、ルーシェの封印を解くように求める。ルーシェの中には伝説のウイザード・ダーク=シュナイダーが封印されていたのだ。しかし呪文に効力を与えるためにはある行為が必要だった...。

萩原一至原作のダークヒロイックファンタジーアクション。原作をほぼ忠実に映像化していると思います。原作に負けず劣らずの臨場感と展開のテンポの良さ。絵も、時々あれ?と思うときもありますが、大体綺麗で安定しています。原作者の絵の質が高いのでOVAの方にもそれを求めすぎているのかもしれませんが...。
ストーリーもほぼ原作通りですが脇キャラの過去話とかオリジナルのエピソードも入っています。
個人的にヨーコの声がちょっと合っていなかったかなと思いました。逆に千葉さんのダイアモンははまりすぎ(笑)。今更ですが、作中の呪文の中にあるイーノ・マータはいのまたむつみさんのこと。

1992~93年OVA30分6話/堪能度:★★★☆☆

Amazon
万能文化猫娘をAmazonで見る

万能文化猫娘(OVA版)
夏目龍之介は父・久作と共に追われる身だった。クリスマスの夜、拾った猫もその追っ手により死んでしまう。悲しむ龍之介に久作はあるクリスマスプレゼントを贈る・・。夏目久作が造った美少女アンドロイドヌクヌクとその周りの人々が起こす珍騒動を描く。
高田裕三原作のドタバタコメディ。ギャグですがほのぼの系要素も多分にあります。(てかほのぼのの方がメイン?)後にテレビシリーズになりましたが設定がかなり違います。個人的にはOVAの方が好き。
1992~94年OVA30分6話/堪能度:★★★☆☆

万能文化猫娘(TV版)
マッドサイエンティストの夏目久作によって造られたアンドロボット・ヌクヌクは、猫を改造して万能猫脳ロボットだ。そんな彼女が女子高生として高校に通うことになる。ある企業がボスの悪の組織が繰り出すお騒がせメカ、久作に煽られそれと戦うヌクヌクと、超個性的なクラスメイトたちが織り成すドタバタコメディ。
学園モノにSFコメディを混ぜた感じの、肩の力を抜いて観るタイプの作品。まーキャラのテンション高いです。ちょっとお子様向けなノリを感じますが、まあそれなりに面白いですね。でも絵はOVAの方が好みだなあ...。まあこれはほんとに好みだから(笑)
1998年テレビ東京系放映全14話/堪能度:★★☆☆☆

万能文化猫娘 DASH!
車に轢かれそうな猫を助けた美人を見た少年・龍之介は、その美人は家に住むことになった人だったことを知りびっくりする。彼女の名前は 樋口温子(ヌクヌク)といい、記憶を失っている状態だという。龍之介はヌクヌクに淡い恋心を抱くが...てなかんじ。
主人公たちが住む町は三島重工という巨大企業がかなりの影響力を持っていて、実験(演習?)発令と共に町中で戦闘機を飛ばすことも可能ということがまかりとおっていたり。ヌクヌクは同社の戦闘用アンドロボットで生き物が危機に陥ると脳内に保存された「命あるもの」を守れという命令にバージョンアップ(変身)して実行するというパターン。前2作に比べ、シリアス度もアクション度も高いつくりになっています。ヌクヌクの髪の色も違うしね。主人公も異性が気になるお年頃で、彼の脳内妄想は暴走気味で(笑)ヌクヌクに対する感情もちょっと違ってます。アクション観るならこのシリーズかなあと思う(ラブコメ要素も強いけど)。ヌクヌクの戦闘描写は好きでした。
1998年OVA30分9話/堪能度:★★★★☆

夢枕獏とわいらいと劇場をAmazonで見る

レンタマンに収録されていた奇才夢枕獏原作のオムニパスアニメ、「夢蜉蝣」「四畳半漂流記」「深山幻想譚」「骨董屋」の4編を収録。

幻想的で奇妙な感覚を体験できるアメージングオムニパスストーリー。4編とも作画監督をはじめとするスタッフが違うためいろんなタイプの雰囲気が楽しめます。とはいえ写実的な作画がほとんどですが。画像・構成共にかなり高い質です。ショートショートとかブラックユーモアとかが好きな人ならアニメに縁が無い人でも楽しめるかも。夢枕獏作品はアクション系の話は読んだことがあるのですがこういう静かでぞくりとする話も書かれてたんですね。

1992年OVA60分/堪能度:★★★★☆

AmazonAmazon
ジャイアントロボ地球が静止する日/銀鈴をAmazonで見る

近未来の世界、国際犯罪組織BF(ブラックファイア)団は世界征服をもくろみ、世界の主力エネルギーであるシズマドライブを狙っていた。それを阻止するべく少年・草間大作は国際警察機構のメンバーとしてロボット・ジャイアントロボを繰り、活躍する。

横山光輝原作正統派ロボットアニメ。特撮になったことがあったはず(多分)。
きっと人に借りなければ見なかったであろう作品ですが、見てみると意外に面白かったというのが正直な感想です。たっぷりのケレン味とすごくなめらかな動きと分かりやすすぎるストーリー展開。ロボット系のお話が好きな人にはかなりツボにはまると思います。
銀鈴というヒロインが人気だったのか、彼女が主人公の番外編も出ています。なんつーかコテコテ(古語)のサービスディスクというかなんというか・・・(笑)

1992~98年OVA30~45分本編7話番外編3話/堪能度:★★★☆☆

ねこひきのオルオラネ レトロOVA


ねこひきのオルオラネをAmazonで見る

クリスマス間近のある日、職を失った「ぼく」は、三匹の猫を楽器のように演奏するオルオラネという老人に出会う。「ぼく」とオルオラネ爺さんのふれあいを描いた物語。

主人公に名前はなく、一人称の語りで物語が展開されていくファンタジーストーリー。静かで鈴鳴を連想させる透明な雰囲気を持つ童話っぽい癒し系の作品です。心が温まる不思議な感覚を堪能できます。原作が夢枕獏と聞いてびっくりしたのも懐かしい。

1992年OVA30分/堪能度:★★★★☆


D-1デバステイター レトロOVA


D-1デバステイター(VHS)をAmazonで見る

時速300kmの世界に存在する高速空間から異次元怪物デバステイターが襲来。ヤエスのテストドライバー・ヤタベリョウはナミと共に場取るマシン「ヴェクター・バーサス」でデバステイターと戦う。

接触編と激闘編の2巻構成。レースコースを走っていたら異次元に入っていたという設定には驚きました。ロボットと怪物のアクションがメインでそれ以外はかなりおざなり。展開が急ピッチだったせいか、ストーリーも分かりにくかったです。キャラの会話(台詞)はけっこう面白かったのですが。

1992年OVA50分2話/堪能度:★★☆☆☆

Sequence (シークエンス) レトロOVA


Sequence (シークエンス)をAmazonで見る

ある事故を境にそれまでの記憶を失った高校生・俊明は、未来の世界で自分が歳蘭と呼ばれる夢を見るようになる。そんな中、俊明の通う学校に転校生がやってきたが...。

みずき健原作のSF設定を加味した学園ドラマ。原作をそのままアニメにしました、という感じなので原作ファンには楽しめる作品かと。演出・構成が良く、絵も綺麗。全体的に丁寧なつくりなのでそれなりに楽しめます。しかしこれという盛り上がりはなく、終始淡々とした流れるような雰囲気の作品なのでちょっと物足りなく感じる人もいるかも。

1992年OVA43分/堪能度:★★★☆☆