タグ「2007年」が付けられているもの

灼眼のシャナシリーズ 

表紙画像
灼眼のシャナシリーズをAmazonで見る

高校入学という節目にごく普通の生活に安寧を感じていた主人公の視界は突如非日常的なものになり、怪物のような生き物が人々を次々と喰らう光景を目にする。そしてその怪物を屠る赤い髪の少女との出会いから物語は始まる。
化け物は人自体ではなく人の存在を喰らい、食べられた人はそのうち存在しなくなる。他者にとってその人間が死んだという認識ではなく元から居なかったことになるという設定。主人公の少年も知らずのうちに喰われた人間なのだが、不思議な少女との出会いで変わるみたいなかんじかなあ。
有名タイトルなのでまあ説明はそこそこに。というか要素が多すぎて書き切れないので(笑)
原作つきのアニメでは物語の進行具合の兼ね合いなどでアニメのほうは中途半端になりがちなんですが、こちらの作品のアニメは3期まで発表されきっちりと完結している。人は生きた意味を残したがる生き物で、それすら奪われるという設定が肝の作品ような気がする。うまくいえないけど。
1期は主人公ふたりのボーイミーッガールからはじまるファンタジーバトルもの、2期は実は主人公は物語の世界においてわりと特別な存在で、敵対勢力の大きさなどから1期では想像しにくかったスケールに発展していき、3期は少女の勢力VS少年の勢力の全面戦争みたいな話になっていた。
1~2期はそれなりについて行けたけど3期は完結総まとめというのもあるのだろうが一進一退の戦争展開ばかりでちょっとこころが折れそうに(笑)
作品のクオリティは高いと思うんだけど自分にとって面白い(合う)作品か否かは別の話なんだなあと感じた作品。シャナのツンデレキャラはちょっとなじめなかったのもあるのかな。
オープニングは曲も映像も3期ともけっこう好みでした。アップテンポでテンションの上がる曲は好きなのです。

灼眼のシャナ 2005年毎日放送他放映全24話
灼眼のシャナII -Second- 2007年毎日放送他放映全24話
灼眼のシャナIII -Final- 2011年BS11他放映全24話
灼眼のシャナSP「恋と温泉の校外学習!」2006年OVA1話
灼眼のシャナS 2009年OVA4話
灼眼のシャナ 2007年映画90分
堪能度:★★★☆☆

REIDEEN(ライディーン) 

表紙画像
REIDEEN をAmazonで見る

男子高校生・才賀淳貴は、10年前行方不明となっていた考古学者の父の遺体が発見された遺跡で気を失い、気がつけば黄金の腕環を手に入れていた。それは黄金の巨大ロボットライディーンと彼をつなぐものだった・・。
意図せずライディーンの乗り手となった主人公、迫る敵、謎めいたヒロイン、各機関の思惑などなど、単純なロボット戦闘ものでない複雑で思わせぶりな話運びではあるものの、難解ではなくするりと楽しめる内容でした。とはいえ雰囲気重視というか、全体的にぼやけた印象も否めなかったです。こういう雰囲気は当時流行っていたのかなあ。いまもだろうけど。
ライディーンって前に2作シリーズがありますが違う世界観。ライディーンは操縦するのではなく同化というか感覚共有?みたいな感じで動かすってのは共通なのかな。かなりうろ覚えなので違ってたらすみません。
絵はかなり綺麗です。ライディーンの神々しくゆっくりと動く様は見ごたえがありました。なんとなく往年の特撮ものを彷彿とさせました。

2007年WOWWOW放映全26話 / 堪能度:★★★☆☆

DARKER THAN BLACKシリーズ 

表紙画像
DARKER THAN BLACK シリーズをAmazonで見る

DARKER THAN BLACK黒の契約者
突如として異常領域ヘルス・ゲートが東京の真ん中に出没、人々は不可解なその領域を高い塀で囲い封鎖する以外にできなかった。それと同時に「契約者」と呼ばれる超常の能力を得た人間も現れる。
主人公・契約者を使う組織に所属し隠密活動を行う主人公・中国人の黒(ヘイ)をはじめとする、契約者と人間と世界の話。
契約者というのは1つの能力に特化した異能者で、基本的に感情が希薄で殺人などの行為に対しての罪悪感すら全く持たない。また、能力を行使するための代償に相当する行為を行うこと必要で、内容は個々人で異なる。たとえば指の骨を折る、本のページの端を折る、といった感じで一見発揮される能力とは全く関係ないぽく見えるところが特徴。この設定は、ストレスを軽減するために全く別の行動(たとえば掃除とか)をする代償行為とダブるなあと感じた。
主人公は中国人の黒(ヘイ)。偽名でぼろアパートに住み表では気の弱い留学生、裏は冷淡な工作員というかんじか。契約者、なのだけど冷淡というほどでなく表情は乏しいものの行動などに情と感じるなと思ったらあとからその理由が明確になってきます。
特殊能力とダークシリアスな世界設定とスパイ系な渋い展開。終わってみると救えないエピソードがほとんどだけど描写に手加減があるのと、主人公の立ち位置や行動描写が上手くて視聴後の後味はさほど悪くない。ちょっとビターなダークアクション、かな。
大体2話くらいで1エピソードというのも観やすかった。狭い範囲での人間ドラマを堪能していくうちに物語のからくりも無理なく頭に入る構成なのもよかった。
TV初回未放送の番外編(後にTV放映)の話はちょっとコメディっぽいのはいいんですが、主格の女性の設定に吹いてしまいました。あー、このころにはもうこのテのキャラが登場するようになってたんやね。
2007年TBS系放映全25話+1話

DARKER THAN BLACK流星の双子
続編シリーズ。物語の主格となる少女がもつ流星殻と世界を巡る話。こちらは1本エピソード構成、かな。前作主人公がほとんど悪役ではじまり、1話目で前作のメインがばったばったと倒れるわ、前作のヒロインの立ち位置がシビアすぎる展開でええってなったっけ。
黒と少女と小動物が行動を共にしつつ、いろんな勢力が、前作のヒロインと少女の持つペンダントの石を巡って策謀したり衝突したりというかんじ。
前作に思い入れがあってか個人的に微妙な展開でしたが人物描写がとてもよかったので引き込まれていきました。なんとなくさらに続きがあるかなとおもったけど・・・。
2009年TBS系放映全12話

DARKER THAN BLACK -黒の契約者- 外伝
DARKER THAN BLACK流星の双子のDVD版に収録されたOVA。
時系列的には1期と2期の間の空白期間、2期に詳しく描かれなかった2期の物語の原因たるエピソード。2期を視聴後に観たのでさらにせつなくなってしまった。
2010年OVA30分×4話

堪能度:★★★★★

スケッチブック ~full color's~ 

表紙画像
スケッチブック ~full color's~をAmazonで見る

4コマ漫画のアニメ化。美術部の学生たちの日常を描いた内容。
原作は、4コマ目で落とすほぼストーリー性のない、オーソドックスかつリアル日常あるあるネタがメインなのですが、アニメのほうはそれだと尺が持たないのか、基本的には日常描写なものの、もうちょっとドラマチック的な演出が多いというか。やってること自体をドラマチックに改編、ではないです。
原作は茫洋とした中にオチをきっちり入れるノリだけど、アニメのほうは、より抒情的な、情緒豊かな表現が多いですね。まったりとゆったりと涼やかに、おちゃらけテンションを混ぜつつ、といった雰囲気。こういう構成にしたのは、当時こういう抒情的な作風のアニメが流行っていたというのもあるのかなあと勝手に推測。
とはいえ雰囲気のみに頼ってはおらず、人見知りで無口だけど感情豊かな主人公格の女子、陽気でパペット好き、倹約家で常識人のフォロー役どころ、とキャラもソツのない描き方をされていました。
4コマのノリに慣れてるとちょっともたついた印象をうけたのですが、観続けるとしっくりときました。これはこれでアリというかんじ。特に主人公の気質の描写が秀逸だった気がします。

2007年 テレビ東京系他全13話 / 堪能度:★★★☆☆

風のスティグマ 

表紙画像
風のスティグマをAmazonで見る

ラノベ原作・現代ファンタジーアクション。地水火風といった自然の力を操る能力者たちが存在する世界。その能力は特定の一族に受け継がれその形式ゆえにやれ伝統だなんだと古い血筋にある面倒くささが基軸にある。
主人公の青年は火系の家計に生まれるがその能力は乏しく一族の中ではつまはじき状態だった。そしてあるとき出奔し何年かぶりに帰国するところから物語ははじまる。
外国で他の能力を開花させしかもマスタークラスの能力の高さを持つという設定。主人公と主人公の家系の跡取り娘で火の能力を持つ少女を中心にお家騒動だ外敵だといったファンタジーバトルが繰り広げられる内容。
真っ直ぐだがかなり勝気な少女と、飄々としているものの過去からひねくれている部分もある主人公。ラブコメみたいなエピソードもあり、当初少女が一方的にいろんな意味で意識しているといったかんじか。
えーとストーリーはともかく画面が一昔前の仕様だなあという印象。原作の年代的にはあっているかもですが、色彩が歪なんだよねえ。デジタル彩色のはしりだったのかどうかやたら蛍光色が目立つ。少女の髪とか炎の演出とかとにかく目が痛かった。

2007年UHF系列放映全24話 / 堪能度:★★★☆☆

ICE(アイス) 

表紙画像
ICE(アイス)をAmazonで見る

男性が死に絶え女性のみが生きる未来。終末へと向かう未来の地球を舞台に、ICEと称されるバイオクリーチャーを殲滅するヒトミ達衛士隊をはじめとした面々が織りなすSFアクションドラマ、といったところか。
グロとか終末未来設定とかOVA黎明時代を思い出す。背徳感たっぷりのグロ表現、SFというかバイオSF設定は妙に凝っていて細かくそしてえげつない(笑)
現代のシーンで女性が交通事故のようなシーンからいきなり未来に舞台が飛ぶもんで正直何度か見ないと状況が分からないほど唐突っぷり全開の話の始まり。おいてけぼり感満載なんで初見は世界観を理解しようとせず傍観するしかなく。構成を通してみればさほど複雑でもないんですが何だろうこの解りにくさ。
女性のみの世界ってことで百合要素あり。終末に向かい狂う者もいれば凛々しく生きようとするものもいる。かなりマニアックで相対的な正義はなく各々が持つ正義に動いているかんじなので独善的な印象を受けます。万人向けじゃないよね・・これ。
声優が素人全開なアテレコがあるのも特徴だったっけ(全部じゃないですが)。ブレイク前のAKB48のメンバーが声優に入っていたと知るのは視聴後かなりあとの話。AKBの販促にしてもベクトルが明後日のような・・。
そういやこの話の2012年設定はマヤ世紀末説が元だったのかなあ。視聴した当時は思い至らなかった。

2007年OVA全3話 / 堪能度:★★★☆☆

秘密結社鷹の爪シリーズ 

表紙画像
THE FROGMAN SHOW・秘密結社鷹の爪シリーズをAmazonで見る

世界征服を目論むベンチャー秘密結社・鷹の爪と正義の味方デラックスファイターとの戦いを描いた「秘密結社 鷹の爪」シリーズ、古墳キャラの若者たちのコメディ「古墳ギャルのCoffy」シリーズの2本立て構成のシリーズ。
普通のアニメじゃないなあと思ったらFLASHで制作されたアニメだそうで。キャラ自体のバリエーションは少なくパタパタアニメみたいな動き。
適当っぽい絵柄ですがこれもデザインとしては高度なんだろうなー。悪の組織と正義の味方の話は、お約束として悪の組織のほうが庶民ぽく正義の味方のほうがえげつない性格。
彼らの脱力系掛け合い漫才はテンポが速くて飽きないし、妙に単調な台詞の口調がまた良い。
古墳を模したキャラたちのシリーズはいろんな意味で衝撃でした。古墳をキャラ化するという発想がすごすぎる。そして妙に古墳薀蓄が織り込まれているのが笑える。主人公の古墳ギャルの台詞が超早くて声優さんすげえと感心したっけな。TVの1期と2期では担当替わってるけども。ネタだろうけど2期の声優交代の理由の台詞がなんかせつなかった。あと映画のときも。
どちらも強者と弱者がおり強者に弱者がいろんな意味で振り回されるという昔ながらのギャグコメディの基本を押さえてある内容。淡々としたノリゆえかあまり嫌度はないところが好みでした。

THE FROGMAN SHOW(第1期) 2006年テレビ朝日系放映 全12話+番外編4話
秘密結社鷹の爪 カウントダウン(第2期) 2009年テレビ朝日系放映全11話+番外編5話
秘密結社鷹の爪 THE MOVIE 〜総統は二度死ぬ〜2007年映画
秘密結社鷹の爪 THE MOVIE2 〜私を愛した黒烏龍茶〜2008年映画
秘密結社鷹の爪 THE MOVIE3 〜http:// 鷹の爪.jpは永遠に〜2010年映画
秘密結社鷹の爪 THE MOVIE4 カスペルスキーを持つ男 2010年映画(OVA)

最遊記シリーズ 

表紙画像
最遊記シリーズをAmazonで見る

同名漫画のアニメ化作品。西遊記をモチーフにしたスタイリッシュかつシビアなファンタジーアクションドラマ。
人と妖怪が共存する平和な世界だった桃源郷。しかし牛魔王復活を目論む一派により妖怪たちが暴走する状況に。それを打開するため玄奘三蔵・孫悟空・沙悟浄・猪八戒一向は西へと向かう。
人気がかなりあったのでかなりの話数が放映・発売されたシリーズ。無印シリーズは当時としてはそれなりに綺麗な作画だったんですがどうもアクションのテンポが悪いというか原作のほうが動きが良いという印象が強かったです。止め絵が多いというか。
キャラのやりとりはそれなりに面白かったというか原作のイメージに近かったかな。まあ徐々に慣れていきましたが。OP・EDはよかった。

最遊記 / 1999年OVA全2話
幻想魔伝 最遊記 / 2000年テレビ東京系放映全50話
幻想魔伝 最遊記 Requiem / 2001年映画95分
最遊記RELOAD / 2003年テレビ東京系放映全25話
最遊記RELOAD GUNLOCK / 2004年テレビ東京系放映全26話
最遊記RELOAD -burial- / 2007年OVA全3話
最遊記外伝 / 2011年OVA全3巻

EX MACHINA エクスマキナ 

表紙画像
EX MACHINA をAmazonで見る

2004年に発表されたアップルシードの続編。
デュナンとブリアレオスはテロリスト鎮圧の作戦中、ブリアレオスが戦闘中に負傷し、落ち込むデュナンの前に新しいパートナーとして彼の遺伝子から作られた生身の頃とそっくりのバイオロイドが現れるとこからはじまる。
前作と同じく3DCG製だが前作以上になめらかな動きになっている。アーミーアクションを堪能したい人には十二分に楽しめる作品だと思う。
ただストーリーに関しては変わらずの王道すぎるほどの王道。人物ドラマは正直ぺらい。冒頭の物語のきっかけである、恋人当人ではない、だが当人の遺伝子を持つゆえ当人とも言える人物の登場という味付けによってはドラマが奥深くなりそうな設定なのにそのへんはあっさりというかなんというか。
いやまあ個人的にはそういう人間ドラマはあんまり好物ではないのでこれはこれでいいんだけども。贅沢なのかもしれないがもうすこしさじ加減をうまいことしてくれてたらもっとよかったのになと思ってしまった。エンタメとしてはいいと思う作品なんですよ。うん。

2007年映画105分 / 堪能度:★★★★☆

ナイトウィザード The ANIMATION 

表紙画像
ナイトウィザード The ANIMATIONをAmazonで見る

赤い月の出現と共に裏界から進出してくる魔物を払うナイトウィザードたちの物語。
お伽話や伝承に出てくる竜や鬼などはこの裏界からやってくる魔物、それを祓う者たちをナイトウィザードと呼ぶ。舞台となる表の世界は現実とほぼ変わらない設定。ナイトウィザードの構成員である、主人公の少年や少女たちは学生、組織のトップは少女。そして物語の鍵となる可憐で清純な少女が彼らと出会うところから物語は始まるという流れ。
原作はTRPGらしいので舞台設定はともかくキャラ設定とかけっこうオリジナルなのかな。よくわからん。
やってることは、剣と魔法、魔法陣やら魔法具を用いたライトファンタジーアクションですが現代が基本設定なのでごく普通の学園ラブコメの要素もあります。鍵となる少女と敵との謎もあり、思ったより楽しめたなあという印象。終わってみれば定番な話だったのですが、個人的に続きが気になる演出だったからかな。絵もそこそこ綺麗だし魔法陣の演出が割りと好きでした。
コメディシーンもわりとあって大受けというわけではないけど微笑ましかったです。やはり一番のインパクトは、組織のトップであるセレブ少女の「ハイかイエスでお答えください」という決め台詞でしょうな。選択の余地なしかい(笑)

2007年キッズステーション他放映全13話 / 堪能度:★★★☆☆

ZOMBIE-LOAN(ゾンビローン) 

表紙画像
ゾンビローンをAmazonで見る

死期の近い人間の首に灰色の輪が見える能力を有し、父母の死などから無気力に生きる少女。彼女は偶然クラスメイトの男子2人の首に真っ黒の輪を見る。
輪は死期の近くなるほど濃く見える、ということは黒というのはすでに彼らは死んでいるのでは・・。実際のところ2人は死んでいて、生きているのは死神から命のローンを組んで死なずにいる状態、ローン返済のためにゾンビを狩っているという。
ある事件で主人公の少女も2人のクラスメイトと同じ状態になり、特殊能力を活かしゾンビを狩るフォローをすることになるというはじまり。
同名漫画原作のオカルティックアクションアニメ。概ね原作通りの展開で初期のキリのいいところでうまくまとめいる構成。原作の紹介プロモーション的作品といっていいかも。それくらい絵も雰囲気も忠実という印象。原作を読み込んだ人にはこれといったアピールは少ないものの原作に対する興味を引くという意味では秀逸な内容でした。
戦闘シーンや人物同士のやりとりの演出などなにげにクオリティ高いし、アクティブなシーンもおおぎょうでなく面白く、映えてますね。

2007年テレビ朝日系列全11話+TV未放映2話 / 堪能度:★★★☆☆

神曲奏界ポリフォニカシリーズ 

表紙画像
神曲奏界ポリフォニカシリーズをAmazonで見る

神曲奏界ポリフォニカ
人と精霊が共存する世界ポリフォ二カ。精霊は人の奏でる音楽を糧として顕現し力を発揮し、その特別な音楽を奏でる者を神曲楽士と呼ぶ。楽士の少年フォロンとパートナーの赤い髪の精霊の少女コーティカルテの物語。
一番初めに思ったのは、作画がなんか変(汗)。一応原作小説の挿絵の絵を元にしているはずなのに極端に崩れているわけではないのに好きになれない微妙な絵柄。戦闘シーンも複雑なデザインの楽器を奏でる人間と動く精霊の対比がばらばらというか・・うーん。正直いまいちなんですよね;
ほぼ一話完結の事件ものな展開が多いのはいいのですが少々尺が足りない気がしないでもなく。人間ドラマの描写はちょっといいけどお定まり感が強いというか。とにかく絵が変に気になって話に集中できなかったというのが正直な感想で(笑)
音楽が物語の鍵になっているためBGMや歌は力入ってるなーと思いました。フォロンの歌は好きだったな。
2007年TBS系放映全12話 / 堪能度:★★☆☆☆

神曲奏界ポリフォニカ クリムゾンS
時系列的には前作より前の話。こちらは原作のキネティックノベルもちょっと見たかな。
1作目は精霊関連の事件を扱う事務所勤務だった主人公をはじめとするメインキャラが学生だったり別の職だったりしたころのお話。舞台は精霊楽士を養成する学校。ゆえに精霊も一緒に学び舎で学んでいます。1作目ではコーティカルテの正体を知っていたフォロンですがこの話の始まりではまだ知らない状態。
このシリーズは絵柄が大分変わって好みの絵柄になりました。萌絵に近くなったとも言う(笑)しかしやっぱり楽器を背負った主人公の絵面はいまいちだった(汗)あとたまに動きがぎこちなくなるのもなあ;
今回は続きもの形式の構成です。学校に埋められているやばい楽器にからんだけっこう壮大な話。主人公2人の絆のエピソードも興味深かったかな。お遊戯感が強い台詞まわしが多いものの、やはり成長ものとか徐々に改善される過程ってのは見応えがあるもんですね。
2009年UHF系放映全12話 / 堪能度:★★★☆☆

鋼鉄三国志 

表紙画像
鋼鉄三国志をAmazonで見る

持つ者に覇王の力を与える玉璽をめぐるオリエンタルファンタジーアクション。
タイトル通り三国志を元にしており登場人物も国の名もそれと同じなのですが、三国志の話とはほとんど別物というか・・・。西遊記と最遊記みたいな感じ。
青年・陸遜伯言が主人公で玉璽というファンタジーアイテムが鍵になっています。陸遜伯言は玉璽を守る一族という設定。
三国時代の戦争の過程はそのままですが、登場人物のキャラ設定がけっこう特殊。
一般的なイメージを持つ将もいますが、孫権や劉備、曹操などのメインキャラの中には女性のような顔だちと声の人物も。女性という設定かと思ったら男性って。女性っぽくなくても美形がけっこう多いです。陸遜伯言と孔明のやりとりなど、妙に芝居がかった会話だったり、魅惑的な妖しさをかもしだしていたりと、どうも女性向けな雰囲気がそこかしこに・・。
三国志の話、としてみなければそれなりに観られるかも。絵はそれなりに綺麗だし派手な衣装や演出だし。エンターテイメントとしては個性があり興味深い構成です。つっこみどころも満載ですが。ハマる人にはハマる雰囲気、観る人を選ぶタイプのアニメかな、やっぱり。
悪い人オーラ全開の孔明とか、三ツ矢さんの声のせいかオカマな印象が強い曹操とかが観てて楽しかったですね。シリアスなのに時折ギャグを観ているようだったのはないしょ。

2007年テレビ東京系・AT-X放映全25話+1話 / 堪能度:★★★☆☆

ながされて藍蘭島 

表紙画像
ながされて藍蘭島をAmazonで見る

ガンガン連載少年漫画原作。少年・行人は家出した船旅の途中で船から落ちとある島に流れつく。その島はある理由から女性だけが住む島だった。島から出ることができず行人は島で暮らすことになるが、12年ぶりに来訪した唯一の男性として島の女性たちに迫られるという展開。
正統派ハーレムラブコメ・・なのかなこりゃ。ハーレムというより種馬として女性たちに狙われていると言ったほうが正しいのか。
ちなみに女性だけになっている理由は割りと理にかなってます。割と(笑)潮の関係で島には入れても出ることができない。彼女たちの祖先は行人と同じく流された人たちで12年前には男性もいたけれど祭りの際全員潮に流されてしまったという設定。
うーん設定や構成はきちんとしているのですが数話見るとどーにも飽きてきました・・。お約束を踏みすぎるからかキャラが記号にしか見えないからかキャラは多彩なのですが主人公とのやりとりがワンパターンだからか。
クオリティは高いのでお気楽ギャグが好きな人には十二分に楽しめると思います。単に好みの問題なんだろうな~。

2007年テレビ東京系他放映全26話 / 堪能度:★★★☆☆

一騎当千シリーズ 

表紙画像
一騎当千シリーズをAmazonで見る

三国志時代の英雄たちの魂を継承する少年少女たちの学園バトル物語。基本設定などは1作目の感想に記載しています。一作目と以降のシリーズは質が違うような気がしたので2作目以降はこちらにまとめています。

一騎当千 Dragon Destiny
シリーズ2作目。絵柄がガラッと変わって個人的に好みではなくなってしまい極端に見る気が失せてしまったっけ。再度視聴すると慣れてたけど。関羽はともかく劉備のデザインがダメで好きになれなくてね。OPやEDは好きだったけど。絵柄としては原作に近くなったのかな。あいかわらず服が派手に破けてパンツ乱舞ですがアクションの見せ方も変わっていた。
話としては蜀メンバーが主体のシリーズだからか関羽がやたらクローズアップされていた気がする。
2007年AT-X他放映全12話

一騎当千 Great Guardians
2期のすぐあとに発表された3期目。1~2期とうってかわってコメディ色が強いノリで始まるシリーズでした。日常的ギャグとか百合系ネタがてんこ盛りだったような。関羽の劉備好き好きテンパリ具合しか思い出せない(笑)
孫権初登場、1期で死亡した呂布が記憶をなくし復活したところから本筋がはじまる展開に。記憶がないので本来の危うげで強いキャラが180度気質が変わっているところとか、いろいろと確執とかを持つメインキャラが戸惑いつつも呂布とやりとりするシーンが印象的だったな。こういう王道ネタは食いつく私。
2008年AT-X他放映全12話

一騎当千 XTREME XECUTOR
4期。製作会社が変わったのか作品全体の雰囲気が微妙に変化。バトル中心のシリアス展開に戻りました。不良ものの青臭いノリの台詞に悶絶しほとんど早送りで適当に。バトルシーンは素晴しかったのできっちり見ましたが。
シリアスメインの構成だからかお色気は抑え目だったような。つかまだやるのねと思ってしまいました、すいません。やっぱあざとかろうと1期が一番面白かったんですよう。
2010年AT-X他放映全12話

一騎当千 OVAシリーズ
2012年発表の集鍔闘士血風録・2015年発表Extravaganza Epoch
2019年発表一騎当千 Western Wolvesなど

堪能度:★★☆☆☆


ご愁傷さま二ノ宮くん 

表紙画像
ご愁傷さま二ノ宮くんをAmazonで見る

自称硬派の高校生・二ノ宮くんは姉に頭があがらず修行という名の無体を強いられていた。そんな中、一人の美少女と居候することに。
その少女は極度の男性恐怖症で男に触れると相手を失神させる体質。彼女に触れても失神しない主人公が同居し彼女の男に慣れるための手助け、ということらしい。
男に慣れさせるために同室にさせたり同衾されたり、特訓という言葉を信じ少女は主人公に一生懸命に迫ったり、あとツンデレ勝気なお嬢様とかも配しての典型的なハーレム系萌えアニメ。
基本純情で受身タイプの女子が、女子にがっつかない(はず)硬派を称する男子に不器用に迫るというシチュエーションが見所なんだろうな。
というかストーリーはほとんどないようなシチュメイン、というか萌えアニメの世間イメージのそのまま投影したという印象だった。そして何故か観るとものすごく疲れて途中で飽きてしまった・・。

2007年アニメスピリッツ枠UHF局系他全12話 / 堪能度:★★☆☆☆

ひまわりっ! / ひまわりっ!! 

表紙画像
ひまわりっ! / ひまわりっ!!をAmazonで見る

くの一養成学校を舞台とした青春アクションストーリー。
くノ一養成学校に入学したごく普通の女子・ひまわりは、入学早々忍術に失敗し新任教師に助けられ、彼と主従契約を交わし彼をご主人様として立派なくの一になるべく精進する・・という展開。
2期分あったのでエピソードは多い、わりにあんまり印象に残らない作品だった。萌え系になるのかな。キャラだけで話を進めているわけでもないんだけど・・・観ている間はそれなりに楽しめたけど・・ほんとに記憶に残らないという・・。あと主人公の声優さんの演技はいまひとつだったような。脇キャラはいい感じだったし、キャラデザがokamaさんだったので絵柄は好みで動きも悪くなかった。
主人公が飛行機事故に巻き込まれたことがあるという背景に絡む、話の根幹のエピソードはそれなりに楽しめた。まったりとひまつぶしに観るにはいい温度の作品だったかなあ(一応褒めてます)関係ないけど1期と2期のタイトルの変化はけっこう好きだ(笑)

ひまわりっ! (1期)/ 2006年独立UHF局他放映全13話
ひまわりっ!!(2期) / 2006年独立UHF局他放映全13話
堪能度:★★★☆☆

怪物王女 

表紙画像
怪物王女をAmazonで見る

一度は死んだ少年ヒロを復活させたのは吸血鬼一族の姫。ヒロは姫の下僕となり姉の勤め先でもある姫の屋敷に住むことになるが。同名漫画のアニメ化。
吸血鬼一族同士の戦いに一般人の主人公が巻き込まれるというのが大筋。少年誌原作なのでアクションがメイン、かな。独自のアレンジはあるもののわりと王道な骨組みなのですぐに話に入れるのはいいのですが正直物足りなさもあり。
アクション描写が中途半端な印象を受けるからかなあ。原作既読というのもあり個人的にストーリーにワクワク感もなく。ハードな展開に見せて実のところ極端さが少ない分敷居は低いかなとも。
主人公は定期的に姫から栄養を得ないと死んでしまうという設定なのですが(まあゾンビだし)、原作では血のやりとりですがアニメでは青白い炎になっています。表現規制というやつか。

2007年TBS系放映全25+1話 / 堪能度:★★★☆☆

英國戀物語エマシリーズ 

Amazon
英國戀物語エマをAmazonで見る

英國戀物語エマ
19世紀のイギリスを舞台にした貴族のウイリアムとメイドのエマの物語。
まだ身分階級意識が根強くて貴族とメイドの恋はなかなか成就しにくい時代に出会った2人。奥ゆかしい2人が互いに見せる初々しい態度がほほえましいですね。原作のあの雰囲気をそのままアニメにしている感じ。あーいい意味で古典だなあと思いました。
物語の性質上まったり雰囲気ですが、退屈はしなかったのが不思議。背景とかがとても綺麗だったのでその辺も良かったかな。某インドな人の暴挙がすごくスピーディで痛快でしたね。
話数の関係か、そこで終わりですかー。というラスト。まあ原作は連載中だしここで手を打たないとあれなんですが...。宙ぶらりんな気持ちになったのは否めない(汗)。
2005年テレビ神奈川他放映全12話/堪能度:★★★★☆

英國戀物語エマ 第二幕
2005年放映タイトルの続きシリーズ。12話なのでかなり駆け足にしなければならず、原作と違う構成が目立ちます。エピソードも似て非なるところもあり、はしょってるものもあればオリジナルも含まれてたり。まあ原作そのままでは退屈そのものなのでこれもまたよし、という感じ。大きく違うな、と思ったのは主人公2人の関係の描写かなー。アニメじゃエマが(愛しているけど)頑なにウィリアムと一緒になるのを拒んでウィリアムがそれを追いかけるみたいな展開。まあこういうのもアリかなと。恋愛ドラマじゃありがちな展開ですがやはりツボだねえ・・(笑)
おおむね出来はいいと思いますが、原作を読んでいないと(アニメだけ観ても)わかりづらい部分が多いのがちと難点。まあ原作は秀逸な出来なのでアニメしか観てない人も読んでみてください。
個人的にはハンスの出番が多くなってたのが良かったです。原作では出番がちと少なくてもっと動かしたらいい味が出るキャラなのになーと思ってたもんで。
2007年ANIMAX他放映全12話/堪能度:★★★★☆

ああっ女神さまっTVシリーズ 

Amazon
ああっ女神さまっをAmazonで見る

幸と不幸のバランスが崩れてしまった大学生の螢一のもとに神が一人の女神を降臨させる。ベルダンディと名乗る女神はたったひとつ願いをかなえるという...。
OVAや映画になったアフタヌーンの看板作品。まだテレビ放映がなかったというのがちと意外だったなあ。相方が見てたので一緒に見たタイトル。基本的に作画が安定してて演出もくどすぎなくて観やすかったと思います。登場人物が悩んだり喜んだり奮起したりする描写が原作の雰囲気をくずさずアニメでこそ見られる間がよかったです。
螢一の望みは結局ベルダンディとともに暮らすということになったけどいろいろ悩んだ末に選んだというところとその理由は自分のいいところを見てくれている人と共に在る喜びというところがいいですね。よく空気みたいな存在といっしょにいると幸せという、あれに近いかもと勝手に思ってみたり。
後にベルダンディの姉妹や悪魔?とか出てきますが、ベルダンディを含め、なんかとっても人間くさいと思うのは気のせいか。まあそれが物語を面白くさせていると思うのですが。嫉妬で天変地異を起こしたり暴走したりする女神さまはいいなあ(笑)
DVDでは最終巻としてああっ女神さまっ SPECIALに未放映2話と総集編1話を収録されています。
2期シリーズとして2006年に「ああっ女神さまっ それぞれの翼」、テレビ特番として2007年に「ああっ女神さまっ 闘う翼」も発表されました。

ああっ女神さまっ/2005年TBS系放映全24話+DVD2話+総集編1話
ああっ女神さまっ それぞれの翼/2006年TBS系全22話+DVD2話
ああっ女神さまっ 闘う翼/2007年TBS系全2話
堪能度:★★★★☆