レジデン都市505 美川べるの 


レジデン都市505 (角川コミックス・エース・エクストラ)をAmazonで見る

主人公は実直な漫画家青年。物件探しで薦められたマンションを
内見に行ったらそこはあまりにも混沌とした建物だった、というはじまり。
増改築を重ねたであろうその造形は、今では違法建築で行政ストップが来る物件。
しかし昔々テレビで紹介されたマンション物件を思い出す。
今ではそれもないだろうが、迷路のようでわくわくする物件だった。
横道に逸れたが、真面目な主人公は当然危機回避で遠慮しようとするが、
年若い大家の青年は必死で引き留める。
主人公は温泉のオプションに惹かれ住むかと考えるも
主人公の職業が漫画家と知ると今度は大家が拒否する・・という展開。
なぜ漫画家を拒否するかというと
先住の店子が漫画家でとんでもないキャラだからだということらしい。
まあ何のかんのと主人公はそのマンションに住むことになるのだが。
テンションが突き抜けたかしましいというよりやかましいな女性漫画家の破天荒な言動と、
奇々怪々なマンションの仕様などをネタに次々とギャグを繰り出す
ハイテンションな同居+漫画家生態ギャグのよう。
ある意味、漫画家の仕事過程というか漫画家あるあるネタなのだと思うが、
とにかく突き抜けている。ボケ担当?の女性漫画家が無計画・行き当たりばったり傾向にあるのに対し、
ツッコミ担当の主人公は真面目で計画的・性格も穏やかというわかりやすい二極キャラなのが良い。
あと大家の青年は一見常識人というか破天荒な人間に悩まされているキャラに見せてなかなかに濃いキャラ。他のサブキャラも作り方が明確で巧い。
破天荒キャラの言動がハイテンション過ぎるし他キャラにしてもおおむね台詞がけっこう多く、
めまぐるしく展開していく。
個人的には、進みが早すぎて正直読んでいて疲れる、
1巻読むのにかなり時間を要するのだが、面白いのは確か。その意味ではコスパの高い作品と感じる。

美川べるの
角川コミックスエース全3巻 / 角川書店
ジャンル:少年・コメディ / 好み度:★★★★☆

五百蔵酒店物語 小堀洋/西岡恭子 

海外にいた主人公の青年は、兄死亡の連絡を受け慌てて帰国するも、
実家の酒屋を継ぐことを嫁に拒否された兄が家を出たのが真相。
で、主人公が酒屋を継ぐことになり美人を紹介されトントン拍子で結婚することが決まる。
主人公自身は下戸であり、酒が飲めない主人公が酒を売るというミスマッチが見所の1つかな?
一方でもらった嫁が日本酒に対して並々ならぬ熱と知識を持っており、
日本酒専門店に衣替えすることを決める。
目標は決まれど決して順風ではなく、立地的にコンビニチェーンが目をつけてきたりと
酒業界の話でちょこちょこ聞く話がエピソードに組まれている。
絵柄といい構成といいもろビジネス漫画系、というかんじもする。
物語構成的には堅実なつくりだとは思うが、少々もったいぶったというか紆余曲折要素が多い印象。
あと主人公や嫁の前職業の設定の必然性が見られない気がした。
著者自身の趣味とか経験とか、それなりに知った世界の要素を入れたのかも知れないが。
描きたいものをいろいろ詰め込んでいる印象を受けるほどに中身は濃い気がする。
ただ主人公が少々いきあたりばったりすぎないかと思わなくもない。
出来た嫁のフィーチャーしたいのからなのかもしれない。
酒とくに日本酒に関する蘊蓄は多く、巻末にも実在する地方の銘酒を紹介している。
個人的には日本酒を主題とした話を始めて読んだのもあって、
知識欲が満たされ興味深い作品ではありました。

原作:小堀洋 漫画:西岡恭子
角川チャージコミックス全2巻 / 角川書店
ジャンル:青年・業界・ドラマ / 好み度:★★★★☆

少年☆少女☆レアカード 山名沢湖 

仕事で保育園のお迎えが出来なくなった母親の代わりに面倒を見ることになる中学生の姉である主人公。むずがる妹がきかっけで幼い子向けのカードゲームを知る。そして主人公の学校で王子と呼ばれる少年がそのカードゲームが好きで、主人公が彼からその魅力を語られプレイしていく内にハマっていく展開のよう。カードゲーム主題でラブコメ要素もなんのかのとありという構成。
陽気で暢気系な朗らかなキャラたちがひょんなきっかけで交流していくほっこりする作風は著者ならでは。ハマるものができる、仲間が出来ることによる楽しさが全面に出る感じ。
ひっかかる展開が少なくなんのかのと楽しい気持ちを堪能出来るのはやはり良い。
ゲームの元ネタはやっぱりあの着せ替えゲームなのかな。

山名沢湖
アクションコミックス全2巻 / 双葉社
ジャンル:青年・ラブコメ / 好み度:★★★☆☆


オレが腐女子でアイツが百合オタで をAmazonで見る

隠れオタで百合好きの男子は、同人誌即売会でクラスメイトの腐女子と鉢合わせしてしまう。
ヒロインが苦手な主人公は避けていたが漫研部室に呼ばれ誤解があったと認識した直後、
部室の地縛霊(元オタ女子学生)の呪いで入れ替わってしまう、というはじまり。
コミュ能力が高いオープンオタでBL好き腐女子ヒロインとコミュ障で隠れオタで百合好きな主人公。
なにもかもが正反対のふたりの男女入れ替わりコメディ。
その嗜好は対極ではあるが、作品やキャラなどに対する情熱は同じ。
各々のジャンルの蘊蓄や信条やらの描写はいちいち共感できますわ。
この題材は作品によってはステレオすぎて食傷することが多々あるけれど
こちらはいい案配というか素直に楽しいと感じるノリでした。
絵は可愛く読みやすい。キャラの作りが明快で好感が持てました。
食わず嫌いで拒否していたけど嗜んでみたらハマったって、のもあるあるある(笑)
入れ替わり要素の鉄板エピソードもちゃんとあるけど、やはりオタ嗜好の妙が
面白い作品でありました。
初っ端からリアル百合をぶっ込んでるのとか、あっけらかんとしたヒロインの気質と
苦労性な主人公の言動がものすごくツボでした。

アジイチ
MFコミックス全4巻 / メディアファクトリー
ジャンル:少年・コメディ / 好み度:★★★☆☆

かびんのつま あきやまひでき 


かびんのつま(1) (ビッグコミックススペシャル)

著者と化学物質過敏症?の奥さんとの日常エッセイ。
・・かと思ったらなんか斜めな切り口だったな~という印象。
著者と奥さんの馴れ初めから始まり、奥さんの家庭環境がわりと長めに続いて
あれ?というかんじでした。いやエッセイだし悪くはないんだけども。
奥さん化学物質以外にも様々なものに過敏になっているようなのですが、
その生活の描写が正直なところ不明瞭。というか不思議という感想しかなかった。
科学的・医学的に解明しきっていない症状ゆえの試行錯誤の連続ということなのかな。
エッセイにしても、ただ出来事を羅列するでなく主題というかメリハリは欲しかったな
というかんじ。
著者にしても奥さんにしても、判断や行動が裏目に出たり曖昧すぎない?という
エピソードが多く、気持ちが沈むというか頑張れという気概が起こらないというかなんというか。
奥さんのような症状が存在すると知ることができたという意味では有意義ではあった。

あきやまひでき
ビッグコミックススペシャル全3巻 / 小学館
ジャンル:エッセイ / 好み度:★★★☆☆

第13保健室 あおやぎ孝夫 


第13保健室 をAmazonで見る

小中高一貫・生徒数四千人のマンモス校に赴任した新任養護教諭の女性が主人公。
期待を胸に意気揚々と赴く主人公だが、その学校は10を越える保健室があり各々に教諭がおり、しかも序列があるという。主人公は序列最後の12保健室の教諭となるが、主人公がくる以前に在籍していた女性教諭は狭い12番目の保健室の一部を13保健室と決める。
13もある保健室の教諭は、シェア?しているマイペースな教諭をはじめとし、M女王様とかセレブお嬢様系とかキャラが立ちすぎている教諭ばかり。その保健室も教諭のキャラに応じたトンデモ設備の応酬。いろんな意味でインパクトはある。とはいえ主人公も主人公で、「青春」マニアという斜めなキャラゆえ負けていないかんじがする。
面白くも唖然とする舞台設定だが、話運びはスマートな印象。このタイプの話によくある妙な高さのテンションも嫌味に感じないというか。主人公が女性だからというのもあるのかも?
序列があるゆえドタバタな女性の戦いというのが肝なんですかね。
画面は構図がそれなりに凝っているけれどすっきりした線画ゆえに読みやすいと感じる。

あおやぎ孝夫
ゲッサン少年サンデーコミックススペシャル全4巻 / 小学館
ジャンル:少年・コメディ / 好み度:★★★☆☆

フラグタイム さと 


フラグタイム  (Championタップ!)

いわゆる時間止めの能力ある女子が主人公。
主人公は、日常的に能力を使い、嫌だったり避けたりしたい状況になると時間を止めて逃げていた。
そういう気質なので友人をつくることができないままだった。
そんな中、主人公が時間を止めているにもかかわらず動くことが出来るクラスメイトの女子が現れる。
その女子との出会いは、時間を止めている間に主人公が彼女のスカートを
めくったことを弱みとして握られ、彼女の言うままに時間を止めることになったところから。
そういう始まりだし、時間が止まった状態でのやりとりが多いし、相手の女子の要求の内容から、
百合もの・・というかレズ系もの?っぽい印象を受ける。
主人公は、不可解な要求や言動をとる相手女子に振り回されつつも、自分にない素を持つ相手に
なんとはなしに惹かれているっぽくもある。あと主人公自身の能力の変化という要素もあるようで。
実際、相手女子の言動はつかみにくく真意がわからないところが物語の肝でもあるのだろうし
興味深くはあるものの、個人的には先が読めなさすぎて息が詰まるような雰囲気も感じたり。
ある意味「ふたりだけの世界」の濃密さを感じられる作品と言える。

さと
Championタップ!全2巻 / 秋田書店
ジャンル:青年・百合・学園 / 好み度:★★★☆☆


北欧女子オーサが見つけた日本の不思議

スウェーデン人の著者が日本に憧れて日本に住み始めてからの日常を描いたエッセイ。
日本では当たり前と思うことも著者から見るとカルチャーショックなことがある、
というエピソードが多めかなあ。
国や地域が違えば文化も違うのは当たり前の話なわけですが
言われてみれば不思議だな、と感じることもあり。
日本人が他国での生活を描いたエッセイはわりとあるけど、他国の人から見る
日本の姿というのは、テレビでは度々見るけど漫画ではほぼ初めて読むので
いろんな意味で新鮮でした。
著者のイメージと合う繊細で可愛らしい絵柄も好印象。

オーサ・イェークストロム
コミックエッセイ5巻 / メディアファクトリー
ジャンル:エッセイ / 好み度:★★★★☆

剣光妃 野口こゆり 


剣光妃―日ノ国大帝國軍くれない一騎当千隊― リマスター版 (ヤングジャンプコミックスDIGITAL)

副題は日ノ国大帝國軍くれない一騎当千隊。
架空の年代の架空の日本帝国軍の最強の部隊を巡る軍事ファンタジー的なお話。
幼少時出征した父を追い、田舎を飛び出した少女が主人公。
軍人に、しかも父親の行方の手がかりを知る、ある部隊の隊長に近づくため、
女の身で男装し、軍に志願する展開。
男尊女卑の風潮とか、やたら妹を優遇し姉たる主人公に冷たい母親とか、
自身を取り巻く厳しい状況に、それでも頑なに健気に進む主人公の描写が印象的ではある。
主人公の設定とか、繊細な線画に柔らかな絵柄とか、人物描写とか、
どちらかというと女子向漫画に向いている気がしないでもないが、
物語の硬さを見るとやっぱ青年向けかなあ。画面構成は秀逸と感じる。
意気込みのわりに中途半端に終わってしまった印象が否めなく
正直もったいない作品だった。

野口こゆり
ヤングジャンプコミックス全2巻 / 集英社
ジャンル:青年・ミリタリー・ドラマ / 好み度:★★★☆☆

Sレア装備の似合う彼女 近江のこ 


Sレア装備の似合う彼女 (裏少年サンデーコミックス)

節約に情熱を持つ男子高校生は、隣に住む同世代女子の薦めで
ファンタジーRPG系スマホゲームを始めることに。
そのゲームからキャラクターの女勇者が飛び出してきて・・という始まり。
2次元が3次元にやってくる系で、いちおう顕現したモンスターと女勇者の
戦闘が肝なのだが、目玉は可愛い女子によるH系シチュだったり
展開なんだな、と思う内容。
それほどにとにかくエロ展開が多くてしんどい。いや、それが目玉なんだけども。
ヒロインを強くするには強い装備が必要で、それが課金ガチャでないと得られない、
というところが話のミソ。
節約好きの主人公が浪費(いや必要ではある)を強いられるという
設定が、個人的に辛くて本筋がきちんと読めなかった話;
苦しんでるのに冷静にガチャの説明をするヒロインがきつかった・・。
物語としての手数は多く、エンタメとしては良く出来ていると思う。

近江のこ
裏少年サンデーコミックス全9巻 / 小学館
ジャンル:少年・ラブコメ・ファンタジー / 好み度:★★★☆☆