comic REIVEW |HOME|TOP|

■検索結果


漫画感想2で続刊 に該当する記事

ゆりキャン~ゆりかのキャンパスライフ~ / 瀬口たかひろ / 原作:原田重光
男性にはさっぱりで女性には異様にモテる女性は、親の会社の倒産をきっかけに、開き直って女タラシの才能を遺憾なく発揮させ生活をすることに。

性食鬼 / 稲光伸二
優等生だけど我慢が効きづらい性癖のいずみは、その体質で来襲する宇宙人を殲滅する。エロとSFが融合したバトルアクション。

Monochrome Myst(モノクロームミスト) / 椎名優
売れない幻想小説家の青年と両親を亡くした少女。ともにヒトの心の闇に取り付く黒い霧が見える2人が日常中に潜む闇と出会う。

GRAND SLAM / 河野慶
拳法の試合で一度も勝てなかった少年は亡き祖父の約束とともにあこがれ続けた野球部に入ることを決める。野球初心者の少年と弱小野球部において甲子園を目指す少年を中心とした野球物語。

ミュジコフィリア / さそうあきら
家庭環境から特異な音楽の才能を持ちながら別の道を進もうとした芸大生の青年は現代音楽研究会の面々と出会いから再び音楽への情熱がわきあがる。

ノラガミ / あだちとか
住所不定無職・崇める者が少ない「神」夜トは、賽銭を代価に苦悩を抱える者に寄る魔を切り祓う。

君のために弾くショパン / 長江朋美
技術はないものの聴き手の心を響かせるものを持つ和音と彼女の元に降りたショパンの霊、そしてかつて和音と幼いころピアノで遊んだ「ピアノ王子」の青年。ピアノと恋を紡ぐ物語。

澤飯家のごはんは息子の光がつくっている。 / 山田可南
母が早世し父と息子と幼い娘だけになった家庭。父は家事が一切しないため家族が不摂生になり料理は息子が担当することに。食卓を通して描かれる家族物語。

昭和元禄落語心中 / 雲田はるこ
刑期を終え出てきた青年は、刑務所で見た落語に魅了された落語家の元へ向かう。そして弟子を取らなかったその落語家は青年を弟子入りさせる。昭和の時代の落語を巡る人間模様。

マキア / 佐野タカシ
とある田舎町。転校したばかりの少女・真希亜は色事の噂が絶えず周囲から浮いた存在だった。少年瀬名は、そんな彼女にひょんなことから接近した後、謎の事件が巻き起こり平穏な日常とかけ離れた悪夢を体験し続けることになる。奇妙なサスペンスホラー。

東京サマーオブデッド / 玖倉しいち
人を襲う甦った死者があふれる東京。家庭教師の青年と生徒の女子は生き延びることができるのか。

チェリーブロッサム! / 茶菓山しん太
園芸部を舞台に女子2人による下ネタに翻弄される新入生男子という図式の学園4コマ。

Holy Knight / 宮崎摩耶
ある血筋を持つ少年に近づく吸血鬼の少女。少年を巡り展開される吸血鬼エロティックファンタジー。

白衣のカノジョ / 日坂水柯
同じアパートに住み職場の同僚である男女のひょんなことからはじまる複雑かつゆっくりと進む大人の恋愛模様。

ブロードウェイ・オブ・ザ・デッド 女ンビ-童貞SOS- / すぎむらしんいち
ひきこもりの童貞青年は巷で一気に増えた男の肉を喰らう女ンビに追いかけられることに。映画パロをちりばめたシュールゾンビホラー。

神さまの言うとおり シリーズ / 藤村緋二 / 原作:金城宗幸
退屈で平和な日々。しかしそれは突然に唐突に終わる。とある学校の普通の授業風景で教師の頭が破裂し教壇には達磨が。そして生死を掛けた遊びが始まる。

蒼海の世紀 -王子と乙女と海援隊- / 野上武志×鈴木貴昭
坂本龍馬が暗殺されなかった日本。日本帝国海軍兵学校生徒として近海航海訓練に出る李家鳴海だが乗り込むのは女性のみで構成された海援隊の戦艦「みかさ」だった。

セキララ / 西尾ジュン / 原作:木之内ミホ
一般女性の、性行為の観点から語られる恋愛や男子に関するインタビューをまとめたもの。

軍靴のバルツァー / 中島三千恒
19世紀欧州。戦功をあげ出世街道を歩む青年少佐は、戦争が一旦終わるとともに同盟を結ぶ小国の士官学校の教官として赴任することになる。

椎名君の鳥獣百科 / 十月士也
無愛想だが知識も技術も長けている助教授の椎名、椎名と20年来の馴染みの准教授の青年・花を中心とした大学の動物研究室を舞台にした物語。

| 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 |




Powered by

購読 フィードリーダーを利用して検索結果を購読し、今後投稿されるエントリーでタグ「続刊」が指定されているものにアクセスできます。 [フィードとは]

フィードを取得 フィードを取得