comics REVIEW |HOME|

■漫画感想

読んだ漫画の適当な感想を置いています。2010年12月以前初巻発行タイトル対象。

内容説明

2010年12月以前に初巻が発行されたタイトル対象。
2011年1月以降初巻発行タイトルは漫画感想2をご覧ください。
トラックバックやコメントは現在受け付けておりません。コメント等はブログのほうでお願いします。
2007年7月にスクリプトを移行したためサイト更新記録と月別一覧の更新月が違う場合があります。
詳細は漫画感想概要をご覧ください。一部ブログ再録あり。

インデックス

作品名|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行
著者名|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行
その他|おすすめお気に入り月別短文・雑記RSSファン頁跡地
外部頁|まんがブログ漫画感想2017~主催同盟跡地番外ラノベ感想

ジャンル


最近の更新エントリー(30件)

1  2  3  4  5

こはるの日々 / 大城ようこう

Amazon
こはるの日々をAmazonで見る

男子高校生が電車で出会った小柄な少女は学校の後輩だった。助けてくれたお礼、と逆方向の男子の駅で待つ彼女は、男子が大好きだと告白する。男子もかわいい彼女にまんざらでもなかったのだが、彼女の愛情の行動は行き過ぎていて・・。
主人公はもてたいと常に思うごく普通の男子だし、自分に好意を持ってくれる女子には好意を持っているのだが、相手の愛情の熱量が半端ない場合は?という話。
ドン引いて気持ちが離れてもおかしくないストーカーっぷりを見せつけられても、かわいくも一途な容姿と雰囲気に押されてしまう・・という男子の警戒しつつも許容しつつある複雑な心情描写が秀逸なり。
縦笛云々をはじめとした数々の彼女の行動、そのストーカー行為に引く男子にも屈託のない瞳で愛情をアプローチする様子はすさまじく突き抜けている。男子だと一発でアウトのところを可憐な少女だと?という設定は面白い。
甘いとしょっぱいのとの混合ラブコメは好みはともかく惹きつけられる。

大城ようこう
アフタヌーンコミックス全4巻 / 講談社
ジャンル:青年・ラブコメ / 好み度:★★★☆☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

デスレス / 六道神士

Amazon
デスレスをAmazonで見る

ひっそりとした場所に祖父母たちとくらす地味目の女子大生は、祖父母たち不在の折地上げ屋が来襲し彼らに刺され殺されてしまう。そこに現れた女性二人。彼女らは人間ではなく人間の時間を食う妖怪で、ヒロインの残っているはずの寿命を喰らいにきた・・のだが、ヒロイン自身も知らない能力で妖の一人を取り込んでしまう。
そんなこんなで妖怪の女性と精神的に同居することになってしまったヒロイン、というはじまり。
ヒロインの特異能力が気になる出だしだが、とりあえずなってしまった状況に馴染むまでのすったもんだ、地上げ屋とか祖父母たちや友人達とのエピソードが綴られた後、少しずつ伏線が回収、謎が明らかになっていく構成。
物語の組み立てはあいかわらず巧く、登場人物の様々な側面が徐々に明らかになってくるのは見応えがある。またヒロインに起こる様々な状況からの精神状態の描写が秀逸。冒頭はぐるぐると考えすぎて停滞するので話が進まない感もあるにはあるが、その葛藤は物語において必須と思われる。ある程度話が進むとストレスにならないほどの流れになっていく。のっけから裸満載だが、設定上不要ではなくレーベル的にも含有量は妥当かと。

六道神士
ヤングジャンプコミックス全12巻 / 少年画報社
ジャンル:青年・ダークファンタジー / 好み度:★★★★☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

忘れたい男 / 九条AOI

Amazon
忘れたい男をAmazonで見る

恋愛カーブ・忘れたい男・片手をのばせば・恋愛ニーズを収録したリーマンBL作品集。
恋愛カーブ・恋愛ニーズは、要領の良い同期が気になる主人公。お互い、相手は上司が好きなのだと思っていたのだが、という話。金属が曲がる体質の設定を活かせてないのも気になるが視点がころころ変わってちと読みにくかった。もうちょい長ければ良かったような。二話目のはわりと面白かった。ガチとノーマルのカップルだったのか。
忘れたい男・片手をのばせばは、前触れもなく出向先から戻った同僚は、一年以上前に一度だけ夜を共にした相手。一度きりだったゆえに普通に接しようとするが、という話。一話目の上司の人の話。クール系だが実は可愛いキャラというのが萌えどころのよう。
総体的にいまではちょっと珍しくなりつつある落ち着いた大人の恋愛系。等身の高い耽美系に常識的な(奇をてらっていない)話運びは好み。ただ読み手によっては印象に残らない作風でもあるような気がしないでもない。インパクトのある場面が少ないんだよね。それゆえにリアリティは出てると思うけど。

九条AOI
花恋コミックス全1巻 / 日本文芸社
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★☆☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

縁は奇なモノ美味なモノ / 角田緑

Amazon
縁は奇なモノ美味なモノをAmazonで見る

老舗料亭でチーフを務める青年は姉妹店からきた板前の青年に口説かれセクハラを受ける羽目になるのだが・・。
主人公は学生時代に母が死に路頭に迷いそうになったところを料亭に拾ってもらい以後恩を感じつつ業務をこなして8年がたった。そんな中、姉妹店から研修に来たチャラめの青年に好かれ口説かれることに、というはじまり。
堅物眼鏡青年とチャラめ要領良しタイプ青年の社会人BL。
1巻まるまるなのでエピソードの手数は多く、板前が来た理由や主人公を毛嫌いする社長の息子、主人公の出生などBL以外の企業内のサスペンス?ドラマ要素が定番ながらも見応えがあった。ふたりのやりとりも面白くキャラが活きているしきれいに物語を収束させているところも良かった。主題以外では主人公を料亭に誘った上司のおじさんのおっとりしたキャラがものすごく萌えた(笑)

角田緑
ドラコミックス全1巻 / コアマガジン
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★☆☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

僕とおませちゃん / 柘植文

Amazon
僕とおませちゃんをAmazonで見る

ことあるごとに下ネタ言葉を言いたがる少年と性的好奇心旺盛な少女が織りなす性教育系ショートコメディ。
こどもの視点で、大人が子供に隠したがる大人の秘密の世界・性教育ネタを描くコメディ。小学生の男の子と女の子が主人公です。男子はひたすらにある意味少年らしいまっすぐさでエロを追求し、女子は性的なことの素朴な疑問を冷静に、これまた子供らしい躊躇なき直球で大人に尋ねる。ふたりの行動や疑問に大人が四苦八苦して回答するという妙が見所。
適当に濁した回答に女子が女子なりに得た結論が、正解ではないにしろけっこう的を射ているし、男子のバカっぷりにはある種の安心感があるし、女子が質問する大人の私生活とか状況にはブラックユーモア的だったりもの悲しさもあるのにもツボった。
女子のキャラがいいなあ。うん、わからないことは聞くべきだよね。答えるほうは困るけど。幼少時、少なからず疑問に思っていたことがちょくちょく出てきてある種の郷愁に浸れたのは内緒にしておくべきか(笑)
教えられずともやったことないことを大人のみんなちゃんとできるってすごいよなと思ってたんだよ。ははは。
1エピソード数ページなのでショートショート的な生々しくも小粋なオチがついている。妙な面白さがある。

柘植文
Fxコミックス2巻 / 太田出版
ジャンル:青年・コメディ / 好み度:★★★☆☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP
1  2  3  4  5





Powered by


緑画舎HOMEPAGEへ戻る