comics REVIEW |HOME|

■漫画感想

読んだ漫画の適当な感想を置いています。2010年12月以前初巻発行タイトル対象。

内容説明

2010年12月以前に初巻が発行されたタイトル対象。
2011年1月以降初巻発行タイトルは漫画感想2をご覧ください。
トラックバックやコメントは現在受け付けておりません。コメント等はブログのほうでお願いします。
2007年7月にスクリプトを移行したためサイト更新記録と月別一覧の更新月が違う場合があります。
詳細は漫画感想概要をご覧ください。一部ブログ再録あり。

インデックス

作品名|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行
著者名|あ行か行さ行た行な行は行ま行や行ら・わ行
その他|おすすめお気に入り月別短文・雑記RSSファン頁跡地
外部頁|まんがブログ漫画感想2017~主催同盟跡地番外ラノベ感想

ジャンル


最近の更新エントリー(30件)

1  2  3  4  5

ニブンノワン!王子 / 中村世子

Amazon
ニブンノワン!王子をAmazonで見る

平凡な女子高生は半人半犬な異国の王子様の婚約者になることに・・?ファンタジーの国の王子と平凡な現代少女のシンデレラストーリー。
犬の散歩中だった主人公の女子高生は、異国風の美男子に出会い拾おうとした腕輪をつけるのか高飛車に聞かれる。パニックになって逃げ出すが、彼は王子で件の腕輪をつけた人間と結婚するのだとういうのだが。
異国、というか異世界から嫁を探しにきた王子と主人公が恋仲になる話。ファンタジーの国からやってきた王子は先祖返り?的な要因から犬の姿にもなる半人半犬という設定がついている。ほぼ1話目で相思相愛の仲になるが様々な状況や人間関係における立ち位置などにより順風満帆ではなく、それにより二人の絆は深まる、ってな展開の模様。なのでそれなりにこころ穏やかに読めるタイプだった。というか安定の花とゆめ系恋愛物語といえる。
主人公は、お話のお姫様は美人だから嫁に迎えられた、というひっかかりを持っていたゆえに素直になれず、王子は恋愛に関してはある意味見た目と真逆の純粋というか天然というかな気質、という設定が興味深い。

中村世子
花とゆめコミックス全7巻 / 白泉社
ジャンル:少女・恋愛 / 好み度:★★★☆☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

おしいれのわらしさん / 吉元ますめ

Amazon
おしいれのわらしさんをAmazonで見る

小学校教諭の女性の引っ越し先の部屋の押し入れに居たのは、自らを妖怪と言うぶかぶかのワイシャツを着た少年でした。その日から女性と少年の奇妙な共同生活がはじまるのですが・・・。
生徒に怪談を語る小学校教諭の女性がこどもに怪談を聞かせている体だが、その怪談の内容は女性自身のことでありおまけに件の同居妖怪少年はこどもといっしょにその怪談を聞いているというちょっとエッジがはいったはじまりで物語の基本設定を読み手に語る構成。
まあ要するに少年は座敷わらし的なモノらしい。少年は女性以外には見えていないが物理干渉はできるし飯も食うというちょっとやっかいな設定(笑)少年は存在ならではの特殊能力を持っているが小生意気で悪戯もやっちゃうどこにでもいる悪ガキっぽいキャラで女性は年の離れた弟の面倒を見ていた経緯があるからかまー少年の面倒をなんのかんのとみているって関係性かなあ。
初見ではなんか設定と話の流れがうまく組み合わさっていない印象を受けたが何度か読めばなんとなく繋がってきた。ほのぼのシビア的な雰囲気のみでなく、キャラの心情描写も物語の構成もきっちり作られているように思う。ただやっぱり読んでいてあとちょっと何かが足りない印象が強い。それがなんなのかわからないけど。

吉元ますめ
MFコミックスフラッパーシリーズ全3巻 / メディアファクトリー
ジャンル:青年・コメディドラマ / 好み度:★★★☆☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

描かないマンガ家 / えりちん

Amazon
描かないマンガ家をAmazonで見る

蘊蓄や自尊心ばかりが高く一向に漫画を描こうとしない漫画家志望未満男性のせつなく痛いコメディ。
主人公は漫画家志望の専門学校生。サインの練習に余念がなく他者の作品を評価し漫画家を名乗る。デビューする同期に嫉妬し蘊蓄をたれたりするが、肝心の漫画は一向に描かないという怠惰な日々を送る。いわゆる口ばっかりというタイプですかね。
そんな主人公なので冒頭から痛々しいというか読み進められない作品で。有言不実行の主人公の気質がこの作品の見所なのはわかるけども。とはいえ主人公の周囲はヒロインも含め上昇志向のタイプが多く、彼らの台詞には含蓄があるし主人公との対比でも見せるものはあると思われます。ヒロインはだめんず傾向があるのか主人公にそれなりに好意を持ってそうなかんじだし、そのあたりも見どころの1つなのか?よくわからないが。
好みはあれど、漫画家の卵たちの物語と見れば中々に内容が詰まった読み応えのある作品であります。絵も上手いしね。

えりちん
ジェッツコミックス全7巻 / 白泉社
ジャンル:青年・コメディドラマ / 好み度:★★☆☆☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP

男子禁制 ようこそ!女子の秘密の花園へ / 竹内佐千子

Amazon
男子禁制 ようこそ!女子の秘密の花園へをAmazonで見る

著者の女性編集担当者が、女子だけの特権ともいえる世界を堪能するというコンセプトの取材・体験系エッセイ。
宝塚・109とマルイでお買いもの・メイクとネイル・ウェディングドレス試着・パジャマパーティなど。あー男子が入れないこともないけど確かに女子の領域です。
あとは爆発寸前ナイトとかイケメン俳優握手会とかビアンバーちょっとコアで著者のフィールドなエピソードもありました。最後のスイーツバイキングできれいなオチがついていました。
他著で著者のリアル環境は驚きの連続でしたがこちらはそうでもなく。いい意味で自分に正直、嫌味なく自分の状況を冷静に伝えつつ面白いと感じたことのテンションの高さは読んでいて気持ちがいいですね。
初心者向け?に本文に出た用語などの解説や編集担当者との対談的なものもあり。ちょっと疲れた時に手軽に読めてくすっと笑えるタイプの本でした。

竹内佐千子 / 東京書籍全1巻
ジャンル:エッセイ / 好み度:★★★★☆

続きを読む...

投稿者 higure : アーカイブ | △UP

琴浦さん / えのきづ

Amazon
琴浦さんをAmazonで見る

人の心が読める能力を持つ女子琴浦さんと転校生の男子真鍋くんをはじめとした学園4コマコメディ。
主人公が人の心が読める能力ゆえに周囲と疎遠になっている状態から転校生の男子が登場したことにより変化がもたらされるはじまり。4コマらしい起承転結でオチ付構成のほかにショート漫画をはさみシリアスかつ青春な内容も含まれています。表紙の絵柄からシリアスものが想像できてなくてちょっとびっくりしたっけ。
まあ4コマのほうもほのぼのというよりちょっぴり青春の苦味みたいな雰囲気が内包されてはいるのですが。
いきあたりばったりでなくきちんとストーリーが組み立てられている4コマかな。個人的にはストーリー漫画だと途中で読まなくなりそうな内容だけど4コマだから堪能できて良いなという感想。
登場人物の言動にあるちょっとした悪意や悲哀などのマイナス感情もちょっとしたことで湧き上がる喜びの感情も妙にリアルなんですよね。あと本質的にはみんな良い子だなあというかんじ。

えのきづ
マイクロマガジンコミックス全7巻 / マイクロマガジン社
ジャンル;4コマ / 好み度:★★★★☆


投稿者 higure : アーカイブ | △UP
1  2  3  4  5





Powered by


緑画舎HOMEPAGEへ戻る