comics REVIEW |HOME|TOP|

■アーシュキッド

水縞とおる

ドロアド保安所に勤務する婦人警官アーシュ・キッドの活躍を描いた物語。
ストーリー展開は、事件を解決するというパターンが主です。ボーイッシュな主人公は髪を切ると男性に見えるという特技?を持っています。本人は髪を切りたくないんですけどね。ちょっと粋な会話とアクション、そしてファンタジーつーかSFっぽい要素のある独自の世界観がツボです。近未来を題材にした洋画っぽい雰囲気というべきか。絵がかわいい系なのでまんまなイメージではないのですが。
かなり初期の作品で、最近の絵と比べると画がかなり違うのですが、黒と白のコントラストがはっきりしていて個人的には好みです。ストーリーも変に説明がない分、読みやすいですし。巻頭の装丁は同人誌っぽいというかファ○ロー○っぽいというか(笑)1と銘打っていますが続刊はなし。2も雑誌連載していたのですがコミックスにならないまま放置されている模様。

アニメージュコミックス/1巻/徳間書店
ジャンル:アクション・ファンタジー/好み度:★★★★☆
シリーズ以外の収録作品はTALKにも収録。

作品名あ行 , 著者名ま行 [ 絶版 ]








Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る