comics REVIEW |HOME|TOP|

■箱庭のダイアモンドリリィ

みろくことこ

Amazon
箱庭のダイアモンドリリィをAmazonで見る
/ bk1で見る

叔母の薦めで見合いの場に行ったお坊ちゃま。なんと相手は大人の男性で・・?表題作を含めエンジェリックコールなど3シリーズを収録したリリカルボーイズラブ漫画。BL描写は濃くないのに雰囲気があっていい意味で色香が出てます。
「箱庭のダイアモンドリリィ」
純真無垢な箱入り坊ちゃまが叔母の薦めでお見合いをすることに。待ち合わせの場所に行くと待っていたのはやさしそうな大人の「男性」。とまどいつつも男性に好意を示され付き合うことになったおぼちゃまだけど、という展開。
BLならではのある種ファンタジーな展開というべきか。世間知らずの坊ちゃんという設定で一応の整合性は見られますが。まあ細かいことはおいておいてお坊ちゃんの無垢っぷりに萌え(笑)きゃるんとした受キャラは苦手意識が強いのですが著者の受くんは大丈夫なんですよね。隠れた男の包容力を感じさせるからか。
「Angelic call」
孤独な吸血鬼の青年と彼が住み着く屋敷に迷い込んできた少年のお話。吸血鬼の青年の苦悩とせつなさと少年の天真爛漫さが魅力のタイトル。青年に関して少年はなにかしら事情を知っているようだというのが物語の鍵。吸血鬼の青年の心に存在する過去の少女の設定がちとわかりづらかったのが難。
「いつまでもスキなひと。」「これからもスキなひと。」
幼馴染同士の高校生カップルのお話。新しい高校生活のはじまりに新しくない人物。小中高と同じ学校に通う少年との距離を測りかねている眼鏡男子。少年の家庭の事情からちょっとすれ違う2人だけど最後はラブという感じ。愛らしいなあ。受くんはもちろんだけど攻の思春期っぽい率直さに好感。

みろくことこ
ガッシュマニアコミックス全1巻 / 海王社
ジャンル:ボーイズラブ / 好み度:★★★★☆

作品名は行 , 著者名ま行 [ ボーイズラブ ]








Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る