comics REVIEW |HOME|TOP|

■HAL(はいぱあ・あかでみっく・らぼ)

あさりよしとお

表紙画像
HAL(はいぱあ・あかでみっく・らぼ)をAmazonで見る
/ bk1で見る

女子高生リカは学校からの帰り道に妙な研究室があることに気付く。そこは妙な科学者・希印博士の研究の場であり、彼女は何故か博士の助手ということになってしまう。こうしてリカと博士の現代科学の謎を解明する物語が紐解かれる…。
はいぱああかでみっくらぼ、略してHAL。科学という技術の現状や進歩の中でちょっと寒くなるようなネタを描いた短編コメディ集。内容の濃さ・毒の含み具合と、かわいい絵柄の微妙なブレンド。作者の特性が良く出ている作品だと思います。
「まんがサイエンス」のような正統派の科学漫画ではなく、真実のネタの中に嘘(というかギャグ)も含まれていて明確に区別がされていないカオス状態になっています。どれが本当の話でどれが嘘かを見分けるのがこの作品の醍醐味のひとつのようです。なんか闇ナベのような漫画ですね。知っている話は笑えますが知らない話はよくわからないというのが正直な感想(あたりまえですが)。生命・科学技術に関する話から生活に密接な話まで実に幅広い内容です。ロケットネタがしっかりあったのが印象的でした(笑)
個人的に興味深かったのは放射能の話と水道水の話、勉強になったのは薬品の取り扱いのエピソードです。特に「水道水のしくみ」は衝撃的でした…。嘘が含まれてほしい内容ですがきっと絶対全部真実なのでしょう。ああ、怖いよう。唐突なラストの演出はこの作品の雰囲気を象徴しているような気がしました。
2006年に廉価版が再発行されました。ちょっとだけ描きおろしも入ってます。

あさりよしとお
ガムコミックスプラス全1巻/ワニブックス
ジャンル:マッドサイエンス・コメディ / 好み度:★★★★★

作品名は行 , 著者名あ行 [ 青年漫画 ]








Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る