comics REVIEW |HOME|TOP|

■Ryoko

竹下けんじろう / 原作:取山忠治

Amazon
Ryoko完全版をAmazonで見る / bk1で見る

その少女の名は良き心とかいてリョウコと読む。やむにやまれぬ事情で犯罪を犯そうとする人間のもとに現れ、その人物の心の闇を映しその人物の良心を思い出させる存在。彼女が舞い降りた人間のドラマと心を描いた問題作。
裏切りや事故の隠蔽、復讐といった理由で強盗や殺人を犯そうとする人物のもとにやってきて、犯罪を犯したときの情景や犯罪をおこそうとした人物の過去をその人自身に見せ、諭しその人物の良心に語りかけるというオムニパス展開。
人間をテーマにしていて、かなり奥が深いタイトルです。過去はなかったことにできないわけですから、前進するには、過去をどうふっきれるか許すかにかかってるのかねえ、という話。
しかしけっこう容赦のない内容なので、読むと精神的にきつくかんじる人もいるかも。
司書房から出版されるものの絶版、後に未発表分と原作者取山忠治の漫画も含めた完全版が出版されました。

原作:取山忠治 / 漫画:竹下けんじろう
AXEコミックス全1巻 / メディアックス
ジャンル:青年・ダーク・ドラマ / 好み度:★★☆☆☆

あとがきを見ると単行本化に到るまでいろんな経緯があったようで。難産の末一冊にまとまったんだなあと。

作品名ら・わ行 , 著者名た行 [ 青年漫画 ]








Powered by
漫画感想トップへ戻る
緑画舎HOMEPAGEへ戻る